テキーラほどアート性が高く個性的な”ボトル”のお酒はない

テキーラ・個性的で魅力的なボトル

バーでひときわ目立つボトルがあったので、聞いてみるとそれはテキーラだった。
そんな経験をした方も少なくないのではないでしょうか?

実は”ボトルデザインも”テキーラの大きな特徴であり、魅力の一つ。
テキーラはとてもユニークなデザインのボトルが多く、ボトルを眺めているだけでも何か楽しい気持ちになります。

本記事ではテキーラのボトルにまつわる、ちょっとした豆知識をご紹介。
記事後半では珍しいボトルのテキーラ銘柄をいくつかご紹介します。

スポンサーリンク

テキーラのボトルは形が超個性的

世界中の様々なお酒を見渡しても、テキーラほどボトルの形状やデザインにこだわるお酒はありません。

洋酒が豊富な酒屋やバーでテキーラを眺めてみると、とてもユニークなボトルが多いことに気づくと思います。
サボテンやドクロの形をしたボトル、美しい陶器ボトル、ピストル型のボトルがあれば銃弾型のボトルのテキーラも。
テキーラのボトルの形状は銘柄ごとにかなりの違いがあり、テキーラだけ並べてみると、あまりにもバラバラなことに気づきます。
実はこのように、銘柄ごとにボトルの形状がまるで異なるのは酒類の中では珍しく、テキーラならではの特徴なのです。

ユニークな形状をしたテキーラのボトルたち

テキーラは銘柄ごとにボトルの形状が大きく異なる

By PhotomagOwn work, Public Domain, Link

他のお酒はラベルにはこだわるがボトルの形状はほぼ一定

ほとんどのお酒ではラベルにこそこだわりますが、ボトルのデザイン・形状までにこだわることはほぼありません。
例えばワインなら、ブドウの品種によってボトルの形状は決まっています。
ウイスキーでもほとんど形状は決まっており、バーのボトル棚で異彩を放つような珍しいボトルの形状の銘柄に出会うことはほぼありません。
一見おしゃれなものが多く、個性的に見えるジンやウォッカにおいても、デザインこそユニークですがボトルの形状はある程度決まっています。

このように多くのお酒ではボトルの形状には定型があり、むしろ定型がないテキーラはそのデザインに異様なまでのこだわりを見せるのです。
ボトルデザインもテキーラ造りの一環であるという、生産者の意識が強いのでしょう。

空き瓶もインテリアとして有効活用できる

このように、とてもユニークでおしゃれなボトルが多いテキーラはその空き瓶はインテリアとして有効活用する子もできます。
一般的なお酒のボトルは、空になるとどこか寂しい見た目になり、”酒の空き瓶”という範疇にとどまります。
例えばワインの空き瓶を飾っていても、インテリアの役割を果たすかは微妙なところ。
しかしテキーラはその形状にも個性があり、ユニークなデザインのものが多いため、いくら空き瓶とはそこに置くだけでもインテリア性がある銘柄が多くあります

このようにボトルだけでも見ても価値のある、ある意味”工芸品”であり、型にはまらない自由なボトルであることは、アーティストやクリエイター筋の人にテキーラファンが多いことと無関係ではないでしょう。

テキーラの中でもひときわ珍しいボトルデザインの銘柄をご紹介

せっかくなので、テキーラの中でもひときわ異彩を放つ、ユニーク&おしゃれなボトルをいくつかご紹介しましょう。

プラビダ

プラビダはアメリカの国民的バンドZZ TOPのビリーギボンズが携わる高級テキーラで、3回蒸留によるスッキリ飲みやすい味わいが魅力です。
美しい青のボトルにはラグジュアリー感もあります。(お酒で青色のボトルはとても珍しい)

プラビダについてはこちらの記事で詳しく解説しています。
プレミアムテキーラ「プラビダ」の特徴・魅力を徹底解説!

ドンフリオ1942

ドンフリオ1942は超有名プレミアムテキーラ「ドンフリオ」のより高級なシリーズ。
有名映画にも登場しており、背の高いタワー型のボトルには圧倒的な存在感があります。

エスペラント

高級テキーラとして人気のエスペラントも、ユニークなボトルで中には原料であるアガベの彫刻が施されています。
見た目のエレガントさもさることながら、味わいも3回蒸留によるスッキリエレガントな味わいとなっています。

アハトロ

牛がモチーフのテキーラで、ボトルはいかにもラテンなデザインのボトルとなっており、縦に置くとまるで分厚い洋書のようになります。
アハトロ・ディーバというワイン樽で熟成させたユニークな銘柄も造っており、味わっても面白いテキーラです。

サングレ・デ・ビダ

メキシコといえばドクロは縁起物。そのドクロの陶器ボトルで異彩を放つのがサングレ・デ・ビダ。
ボトルのデザインは一点一点手書きされており、繊細でアート性がとても高い”いかにもメキシコ”な銘柄です。

アソムブロッソ

魔法の聖水でも入っているかのようなユニークでラグジュアリーのボトルが特徴的なアソムブロッソ。
テキーラのイメージを一新させるために造られており、とても飲みやすいテキーラでもあります。

スポンサーリンク

まとめ

ここまでテキーラのボトルにまつわる知識をご紹介してきました。

最後にざっくりまとめると…

  • ボトルの形状のユニークさはテキーラの大きな特徴でもある
  • 他のお酒のボトルの形状はほぼ定型
  • アート性が高いボトルも多いため、空き瓶はインテリアとして活用できる

このように各銘柄、ラベルだけでなくボトルの形状すら不揃いでユニークなのはテキーラの持つ魅力であります。
これほどボトルで楽しませてくれるお酒は、他を見渡してもテキーラだけでしょう。

ぜひ今後はテキーラのボトルにも注目してみてください。
それではこの辺で。

スポンサーリンク
小針 真悟
著者:小針 真悟

LiquorPage運営者。様々な業態のバーテンダー経験からジンやウイスキー、日本酒や焼酎など幅広い知識を持つ。

関連記事

  1. プレミアムテキーラ・プラビダ プレミアムテキーラ「プラビダ」の特徴・魅力を徹底解説!
  2. パトロンはなぜ人気のテキーラなのか? プレミアムテキーラ「パトロン」はなぜ日本でも人気があるのか?
  3. テキーラの「12年」を見ないワケ 12年物のテキーラは存在しない?長期熟成のテキーラが少ないワケ
  4. マルガリータ・レシピと作り方 自宅で作れる?テキーラカクテル「マルガリータ」レシピと作り方
  5. テキーラはサボテンのお酒ではない なぜテキーラは「サボテンのお酒」と誤解されるのか?
  6. テキーラの危機 テキーラに危機?米国がメキシコからの輸入品に20%関税方針
  7. テキーラの原料 テキーラは意外な「植物」が原料となって作られている
  8. ドンフリオはなぜ人気? プレミアムテキーラの金字塔「ドンフリオ」人気のワケと魅力とは

おすすめ記事

GINfest. TOKYO 2018 国内外のジンが大集合!絶好のロケーションでジンを楽しめる「GINfest. TOKYO 2018」の開催が決定!

「今、多方面から注目を集めているお酒、ジン」6/9(土)-6/10(日)の二日間、東京・天王…

なぜ、プレミアムビール「ミラー・ジェニュインドラフト」はパーティー好きの若者向けなのか? 若者向けプレミアムビール?「ミラー・ジェニュインドラフト」が日本上陸!

クラフトビールや海外ビールが人気を集め始めている昨今。特に若者の間では、今までは一般的ではなかっ…

ジンの“定義”をシンプルかつ丁寧に解説 ジンの“定義”をシンプルかつ丁寧に解説!実はジンは3つに分類される…

クラフトジンの世界的ブームに加え、日本産の銘柄も多く登場し活況を迎えているジン業界。しかしジンは…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP