テキーラの度数は高いわけではない?他の蒸留酒と度数を比較

テキーラの度数、そんなに高くない?

テキーラというと、罰ゲームドリンクのイメージが強いため「ものすごく度数が高いお酒」と思っている方も多いお酒。
なかには90度前後あると思っている方もいるほど。

しかし実は、テキーラのアルコール度数は38〜40度前後
蒸留酒ですから、ある程度度数は高いものの、そこまで高いわけではありません。

本記事では、テキーラの度数についての解説と「キツいお酒」のイメージの背景について解説していきます。
記事後半ではウイスキーやジン、ウォッカなど他の蒸留酒と度数を比較し、テキーラのアルコール度数がお酒の中ではどの程度の位置付けなのか見ていきます。

蒸留酒とは
お酒には主に醸造酒と蒸留酒の2タイプがあり、醸造酒は発酵させただけのお酒でビールやワインなどがこれにあたり、度数は低いのが特徴。
蒸留酒は発酵後、蒸留(ようするに精製)という工程を加えたたお酒で、度数が高くなる。ウイスキーやテキーラ、焼酎などがこれにあたる。
スポンサーリンク

テキーラの「ものすごく度数が高いお酒」というイメージは飲み方によるもの?

テキーラは、度数40度前後とウイスキーなどと変わらないにも関わらず、「キツいお酒」や「ものすごく度数が高いお酒」など何かとマイナスイメージが強いお酒でもあります。
これにはテキーラ独特の飲み方が関係していると思われます。

テキーラのショット

そう、あのショットで一気飲みをする、あの飲み方です。

ショットで40度前後のお酒を一気飲みしたら、キツいのは当然です。
これはテキーラに限らず言えることで、ウイスキーだって同様の飲み方をしたらかなりキツいです。
テキーラ愛好家である筆者でも、ショットで一気飲みはさすがにキツいと感じます。

テキーラの場合、人生で初めて飲むテキーラはおそらくショットで一気飲みという飲み方で味わうでしょう。(人生初のテキーラがショットではなく味わって飲むという方は相当稀かと)
それなら、感覚的にウイスキーなどより「度数が高くキツいお酒」というイメージが焼きついても不思議ではありません。

そもそもテキーラの度数は法律で決められている

メキシコの国旗

テキーラは実は、原産地呼称制度といって、産地や定義などが法律で細かく定められているお酒。
メキシコの定められた州(テキーラ5州)でしか造れないお酒なのです。

その定義は非常に細かく、原料の決まりなどだけではなく、アルコール度数も細かく定められています。

アルコール度数は35%〜55%の間であること

このように、テキーラと呼ばれるお酒は、35〜55度の度数でなければならないのです。
実際のところ、大半のテキーラは38度もしくは40度となっており、度数は低めに抑えるのが主流となっています。

テキーラの原料は?
テキーラの原料はアガベと呼ばれる多肉植物で、見た目はアロエそっくりです。(サボテンではありません)
テキーラを名乗るには、アガベのなかでもアガベ・アスール・テキラーナ(英名ブルーアガベ)という品種を使用しなければなりません。
お酒の原料の中では甘みは強い方です。(味もアロエに似ている)

ウイスキーやジン、ウォッカなど他の蒸留酒と度数を比較

テキーラの度数について分かったところで、ウイスキーやジンなどの他の蒸留酒の度数と比較して見ましょう。
テキーラ以外の蒸留酒は、国によって違いはあれど、基本的にテキーラのような厳密なアルコール度数の制限はありません。

酒の種類アルコール度数
テキーラ38〜40%
ウイスキー40〜60%
ジン40〜50%
ウォッカ40%〜
ラム40〜50%
焼酎25%

ウイスキーは基本40〜50度(ほとんどの国で40度以上が義務付けられている)ですが、カスクストレングスやシングルバレルと呼ばれるシリーズになると50〜60度前後になり、テキーラと比べると度数が高い銘柄がほとんどです。
ジンやウォッカも同様、多くは40〜50度ですが、ウォッカに至ってはなんと90度を超えるものもあります。
ラムも基本は40〜50度ですが、151プルーフというシリーズになると、その度数は75.5度となります。
さすがに焼酎は、25度がほとんどですから、それよりはテキーラの度数が高くなりますが、テキーラが多くの蒸留酒より度数が低いのは明らかです。

このことからも、テキーラの度数が決して高すぎるわけではないことが分かります。

スポンサーリンク

最後に…実はテキーラは美味しいお酒である

罰ゲームドリンクのイメージが強く、キツいお酒と思われることが多いテキーラですが、実はそんなにキツいお酒ではなく、しっかり味わってみると美味しいお酒なのです。
そもそも、法律で厳しく定められていることからも分かるように、生産者たちはより美味しいテキーラを造ろうとしているわけです。

実際世界を見れば、アメリカではハリウッドスターたちの間で大人気となり、「テキーラはセレブのお酒」と言われるほど贅沢な味わいのお酒でもあります。
日本でも少しずつテキーラの人気が高まってきており、特にプレミアムテキーラと呼ばれる本格的に味わうためのテキーラが人気を集めています。

ショットで一気飲みするのも一つの飲み方ですが、度数が決して高すぎるお酒ではないと分かった今、ぜひテキーラをしっかり味わってみてください。
もしかするとハマるかもしれませんね。

それではこの辺で。
以上「テキーラの度数は高すぎるわけでない!他の蒸留酒と度数を比較」でした。

【参考文献】
世界の名酒事典2017年版|講談社

スポンサーリンク
小針 真悟
著者:小針 真悟

[LiquorPageオーナー / GINfest.TOKYO運営メンバー] 豊富な現場経験や長年のお酒愛によって、ジンを筆頭にあらゆるお酒の知識を持つ。

関連記事

  1. テキーラだけの特徴 他のお酒にはない!テキーラだけに存在するある特徴とは?
  2. テキーラのタブロイド紙「テキーラジャーナル」 テキーラのタブロイド紙「テキーラジャーナル」でHOTな情報を手に…
  3. エクストラアネホ・テキーラ、厳選6選 おすすめのテキーラ厳選6選【エクストラアネホ編】
  4. テキーラ・値段の差の理由 高額&安価なテキーラ…値段の差が生まれるテキーラならで…
  5. アガベとは テキーラの原料「アガベ」とはどんなもの?【徹底解説】
  6. テキーラのRTD、ついに登場 ついにテキーラのRTD「サウザクーラー」が登場!よりテキーラが身…
  7. テキーラの色について ゴールド?シルバー?テキーラに透明と茶色があるのはなぜ?
  8. ワインの名門一族が情熱にかられ創り出したテキーラ「ドン・アルバロ、ブエン・アミーゴ」 ワインの名門一族が情熱にかられ創り出したテキーラ「ドン・アルバロ…

新着記事

  1. 酒で人生が変わってしまった男が語る「酒が危険である4つの理由」
  2. 海外では当たり前の文化?テキーラ×アートを「⻘参道アートフェア」で体験してみよう
  3. 「テキーララウンジ@イセタン メンズ」で大好評!トップバーテンダーらによる15カクテルを一挙ご紹介
  4. 世界一のジントニック?北欧のジン「キュロ」についてアンバサダーに聞いてみた
PAGE TOP