ウイスキー、ジン、アブサンなど…あらゆるクラフトスピリッツが載る図鑑

クラフトスピリッツ

昨今は何かとクラフトなお酒に注目が集まっています。
社会全体が大量生産から質や個性にシフトしていることもあり、お酒の業界全体で「クラフト」がブームとなっているのです。

クラフトブームにより、世界中で、ひと昔前までは考えられなかった斬新でユニークなお酒が竹の子のように誕生しており、情報を追っているだけでも面白みがあります。
しかし、まだまだ新しいムーヴメントがゆえに日本では情報が圧倒的に少ないのが現状です。
そんななか、ウイスキーやジン、ウォッカやラム、それにメスカルやアブサンなど、あらゆるクラフトスピリッツが網羅された書籍がついに日本でも発売されました。

本記事では、その書籍である「クラフトスピリッツ|柴田書店」について、簡単にご紹介して行きます。

スポンサーリンク

話題の本「CRAFT SPIRITS」の日本語版がついに登場

今回ご紹介する「クラフトスピリッツ|柴田書店」は、海外の書籍「CRAFT SPIRITS」が日本語に翻訳されたもの。
「CRAFT SPIRITS」は、アメリカ人ジャーナリスト、エリック・グロスマンが執筆した書籍で、海外では話題の本となっていたようです。

クラフトと名がつくことからわかるように、クラフト系のスピリッツがテーマとなっており、基礎知識はもちろん、ウイスキーやジン、ウォッカやラム、それにメスカルやアブサンなどがカテゴリー別に全250銘柄が基本情報とともに記された、いわば図鑑のようなもの。

これまでクラフトスピリッツが詳しく記された本が、日本にはなかっただけにファン待望の本とも言えるでしょう。

どんな内容なのか、少しだけご紹介

筆者個人としても、とても気になる本だったので早速購入してみました。
中身の写真は掲載できませんが、文字情報で簡単にご紹介していきます。

まずは「クラフトとは何か」など、クラフトスピリッツの概要や、ムーヴメントの背景など、基本的な情報が記されています。
他にも製法や蒸留方法、スピリッツそれぞれの原料などが、わかりやすいイラストとともに記されており、各スピリッツに対する前提知識がなくても大丈夫な親切設計となっています。
ちなみにクラフトがテーマの本らしく、インフュージョンの方法なども記されています。

それから、何と言ってもこの本の目玉は250種に及ぶクラフトスピリッツの銘柄紹介でしょう。
ウォッカに始まり、ジン、ウイスキー、ラム、ブランデー、テキーラ(メスカル)、アブサン、その他スピリッツやリキュールなどがそれぞれ30銘柄程度ずつ紹介されています。
また、各スピリッツカテゴリー別にインフュージョンの方法や代表的カクテルのクラフト版なども記されており、バーテンダーなど提供する側にとっても嬉しい内容が記されています。
ただし、紹介銘柄のなかには日本未入荷のものも少なからずあり、これを面白いと捉えるかは飲み手側なのか、提供する側なのかによって分かれるところでしょう。

いずれにせよ、各情報はコンパクトにまとめられており(情報量が少ないと感じる方もいるかもしれません)、かつイラストやビジュアルとともに載っているため、変なストレスを感じずに楽しみながら読むことができます。

スポンサーリンク

まとめ

本記事でご紹介した「クラフトスピリッツ|柴田書店」は、クラフトウイスキーやクラフトジンなど、今のバーシーンの中心ともいうべきクラフト系のスピリッツが詳しく記された(おそらく)日本初の書籍ということもあり、どちらかというとバーなどお店勤めの方向けの内容となっています。
とはいえ一般の方でも読みやすい書き方、体裁となっているため、クラフト系のお酒が好きな方や気になる方は一度読んでみると良いでしょう。

スポンサーリンク
小針 真悟
著者:小針 真悟

[LiquorPageオーナー / GINfest.TOKYO運営メンバー] 豊富な現場経験や長年のお酒愛によって、ジンを筆頭にあらゆるお酒の知識を持つ。

関連記事

  1. シトラス香る豪州産プレミアムトニックウォーター「CAPI」の魅力に迫る シトラス香る豪州発プレミアムトニックウォーター「CAPI」の魅力…
  2. 写真多数掲載!東京インターナショナル・バーショー2018〜レポー…
  3. 家飲みで知る お酒を知りたいならバーに行くより「家飲み」がおすすめ!
  4. How to choice? お酒選びに迷った際にとるべき究極の解決法!
  5. このお酒、アルコール何度? ワインや日本酒、テキーラなど…各お酒のアルコール度数比較
  6. お酒の適量とは? お酒の適量って一体どれぐらい?国が示す各酒類の適量をチェック
  7. ブライダルの語源・ビールが関係? 結婚式を表す「ブライダル」は実はエールビールが語源となっている?…
  8. 二日酔い対策 二日酔い癖がある筆者が二日酔い防止のため行なっている対策

おすすめ記事

ワインの名門一族が情熱にかられ創り出したテキーラ「ドン・アルバロ、ブエン・アミーゴ」 ワインの名門一族が情熱にかられ創り出したテキーラ「ドン・アルバロ、ブエン・アミーゴ」

原料不足が騒がれるほど人気が急上昇しているメキシコの美酒、テキーラ。今や数え切れないほどのテキー…

多くの来場者が美酒を堪能!写真で振り返る「テキーラの日 Celebration Party」 多くの来場者が美酒を堪能!写真で振り返る「テキーラの日 Celebration Party」

ここ日本においても、他国同様にテキーラは“美酒”として認識されるようになってきています。そうした…

来場者4900名の大盛況!「リカマンウイビアメッセ in KYOTO」レポート 来場者約5000名の大盛況!「リカマンウイビアメッセ in KYOTO」レポート

ウイスキーやクラフト系のお酒など、様々なお酒がブームになっていることもあり、年々お酒にまつわるイベン…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP