ウイスキーの「バーボン」と「スコッチ」の違いは何か?

バーボンとスコッチ

昨今のウイスキーブームは中々衰える様子を見せませんね。
ウイスキー愛好家の筆者にとっては嬉しい限りです。

さて、そんなウイスキーブームの中、これからウイスキーを覚えたい、知りたいと思っている方は多いのではないでしょうか?

そこで今回ご紹介するのは、よく聞かれる「バーボンとスコッチの違い」についてです。
実は、巷でよく見かけるウイスキーの多くはバーボンかスコッチに分類されます。

知っておくとウイスキーを選ぶ際にも役立つので、ぜひ覚えておきましょう。

スポンサーリンク

バーボンとスコッチとでは産地が違う!

まずウイスキーには世界五大ウイスキーと呼ばれる、代表的な5つのウイスキーがあります。

  • アメリカン・ウイスキー(アメリカ)
  • スコッチ・ウイスキー(スコットランド)
  • カナディアン・ウイスキー(カナダ)
  • アイリッシュ・ウイスキー(アイルランド)
  • ジャパニーズ・ウイスキー(日本)

バーボンはアメリカンウイスキーに含まれるので、バーボンもスコッチも世界五大ウイスキーの一つということになります。(なんと日本のウイスキーも)

バーボンとスコッチは前提として、作っている国が異なるんですね。
バーボンは、アメリカでバーボン独自の規定に沿って作られたアメリカン・ウイスキーを指します。(後述します)
スコッチは、その名のとおり、単純にスコットランドで作られたウイスキーの略称です。

※ちなみにバーボンという名前の由来は、諸説ありますがケンタッキー州のバーボン郡という地域で誕生したから、という説が有力です。

ややこしいけど覚えておきたい「原料」の違い

スコッチのバランタイン

まず前提として、ウイスキーは「モルト」「グレーン」と呼ばれる穀物が原料となって作られます。

モルトとは、ビールでもよく聞く大麦麦芽(大麦を少しだけ発芽させたもの)のことです。
そしてグレーンは、モルト以外の穀物全般(とうもろこし、ライ麦、小麦など)のことです。

スコッチは、このモルトとグレーンの使い方によって主に2つのタイプに分けられます。
モルトとグレーンを混ぜて(ブレンドして)作られたモノをブレンデッド・スコッチ、もしくは単純にブレンデッド・ウイスキーと呼びます。
(ジョニーウォーカーやバランタインはこのブレンデッドにあたります)
それに対して、モルト100%、つまりモルトだけで作られたモノはシングルモルト・スコッチ、もしくはシングルモルト・ウイスキーと呼ばれます。

ただブレンデッドウイスキーにおいて、モルトとグレーンを混ぜるとは言っても「比率の60%以上はモルト」と言うのが現状なので、スコッチの主原料は「モルト」と捉え方で問題ありません。

対するバーボンも、同じくモルト、グレーンを両方とも使用するのですが、バーボンの場合、原料の半分以上は「とうもろこし」つまりグレーンです。
バーボンには、原料の半分以上(51%以上)が「とうもろこし」でなければならないという決まりがあります。
そのため、バーボンの場合、スコッチとは異なり、主原料は「とうもろこし」ということになります。

まとめると、、
スコッチ=主にモルト
バーボン=主にとうもろこし
ということです。

ブレンデッド・ウイスキーとシングルモルトについては、こちらも記事で詳しく解説しています。
ブレンデッド・ウイスキーとシングルモルトの違いを簡単解説!

熟成に使う「樽」がちょっと違う

ウイスキーは、作ったばかりの透明なお酒を木の樽で複数年熟成させてから出荷されます。
実は、まだ出来立てのウイスキーは無色透明で、この樽による熟成によってだんだん樽の成分を吸収して、茶色になるんですね。

バーボンとスコッチとでは、この熟成に使用する樽が少し異なります。

ざっくりいうと、、
バーボン=新品の樽で熟成
スコッチ=中古の樽で熟成
です。

バーボンは、熟成には新品の樽を使用します。
というのも、そういう決まりがあるんですね。
(より詳しくは「内側を強く焦がした新樽の使用」)

対するスコッチは、樽に関して特に決まりはなく、一度何らかのお酒の熟成に使用した中古の樽を使用するのが一般的です。
バーボンの樽は一回きりなので使用後はバーボンにはもう使えなくなり、実はその樽が今度はスコッチの熟成に使われているのですね。
実際、スコッチの多くはバーボン樽を熟成に使用しています。

たかが使用する樽が新品か中古かの話ですが、なぜ紹介したかというと、この樽の違いが味わいに大きな違いをもたらすからです。

バーボンとスコッチとでは味がまるで違う!

ウイスキーは樽による熟成によって、味が決まると言われています。

新品の樽を使用するバーボンは、樽に使用している木の成分の影響を大きく受けるため熟成が早く進みます
子供の方が、吸収がよく早く成長するのと同じですね。

中古の樽を使用するスコッチの場合、すでに一度使用されている分、樽の影響力は弱まり熟成はゆっくりと進みます
こちらは大人が穏やかに成長していくような感じですね。

味わいはバーボンの方が、よりはっきりとした味になります。
バニラのような甘みと、木を焦がしたような香ばしさや辛味を同時に感じるような味わいになります。
熟成が早く進む分、多少の荒っぽさが出る感じですね。

対してスコッチは、より穏やかな味になります。
主張は控えめになり、程よい甘さや辛さを感じる味わいになります。
熟成がゆっくり進む分、味が洗練されていくのですね。

敢えて個人的な意見を述べるなら、お酒初心者の方にはスコッチの方が飲みやすいので、初めはスコッチから入っていくのがおすすめです。
筆者も最初はスコッチから入りました。

スポンサーリンク

まとめ

バーボンとスコッチの違い、お分かりいただけたでしょうか?

ウイスキーの多くがバーボンかスコッチなだけに、これらの違いはこれからウイスキーを覚えたい方にとっては重要です。
ウイスキーを選ぶ際の基準にもなりますからね。

ちなみに、産地の違いは結構知っている方も多いので、原料や樽、味の違いまで知っておくと少し鼻高かもしれませんね。

それではこの辺で。
以上「ウイスキーの「バーボン」と「スコッチ」の違いは何か?」でした。

スポンサーリンク
小針 真悟
著者:小針 真悟

[LiquorPageオーナー / GINfest.TOKYO運営メンバー] 豊富な現場経験や長年のお酒愛によって、ジンを筆頭にあらゆるお酒の知識を持つ。

関連記事

  1. ウイスキーの色について 出来立てのウイスキーは無色透明!なぜ琥珀色に変化するのか?
  2. バーボンの謎・熟成速度の早さと熟成年数の表記について 早く熟成する?バーボンの熟成年数と年数表記の謎を簡単解説
  3. 白州蒸留所見学レポート Part.2 白州蒸留所に行ってきた【場内BAR・他施設レポート】
  4. アイリッシュウイスキーの定義・特徴・銘柄まとめ アイリッシュウイスキーが今アツい!定義や特徴、銘柄をおさらい
  5. スコッチ・ウイスキーの定義を簡単かつ丁寧にまとめてみた スコッチ・ウイスキーの定義を簡単かつ丁寧にまとめてみた
  6. ウイスキーの12年の意味 実は間違えやすい?ウイスキーの12年などの年数表記の意味
  7. 山崎・品切れ問題 「山崎」の品切れ・品薄問題は本当にサントリーが悪いのか?
  8. “10年”が登場?アイラモルト「ポートシャーロット」が色々新しくなったって知ってた? “10年”が登場?アイラモルト「ポートシャーロット」が色々新しく…

新着記事

  1. テキーラとキリン・メッツで作るカクテルが美味いというので試してみた
  2. 上質なのに値段が手頃!白ワイン用にオススメのグラス厳選4選
  3. バーヒル・ジン〜なぜハチミツ農家がクラフトジンを手がけることになったのか?
  4. スコッチ・ウイスキーの定義を簡単かつ丁寧にまとめてみた
  5. ジン・トニックをもっと美味しく飲むために知っておきたい4つのこと
PAGE TOP