アネホなのに透明?ドンアグスティン・クリスタルアネホが日本初上陸!

アネホなのに透明?ドンアグスティン・クリスタルアネホが日本初上陸!

ここ数年のイメージ向上に伴い、何かと注目が集まっているテキーラ。

テキーラにはブランコやレポサド、アネホといった熟成のタイプがありますが、なかでもアネホのテキーラが日本では人気が高いとされています。
アネホといえば、樽で1年以上熟成させたことによるウイスキーのような琥珀色が特徴ですが、実は近年、アネホの規格を満たしていながらも色が透明なものが登場し始め話題となっています。

今回ご紹介する「ドンアグスティン・クリスタルアネホ」は、まさにその透明なアネホの銘柄。
当記事では、この銘柄の特徴や透明なアネホについての情報など詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク

ドンアグスティン・クリスタルアネホは“クリアアネホ”というHOTなカテゴリーのテキーラ!

ドンアグスティン・クリスタルアネホ

アネホ規格でありながらも色は透明。©︎株式会社田地商店

ブランコやレポサドはもちろん、通常のアネホなどはすでに日本で親しまれているドンアグスティン。
コストパーフォマンスが良いことで知られる同ブランドですが、今回ご紹介するクリスタルアネホは、3/27日に日本で解禁になったばかりの注目の銘柄です。

実はこのような透明なアネホは、クリアアネホとも呼ばれ、現地では今HOTなカテゴリーのひとつです。
見た目はブランコと同じ無色透明であることにより、色を崩さないためカクテルに使用しやすく、さらにアネホ特有のバニラやチョコのような甘いフレーバーも感じられる、いわばハイブリッドな新カテゴリー
日本ではほとんど流通していないため(ごく一部の並行輸入品のみ)知られてはいませんが、クリアアネホの新銘柄は続々とリリースされており、アメリカや本国メキシコではすでに人気を博しているとされています。

ドンアグスティン・クリスタルアネホは、クリアアネホとしては日本初の正規輸入銘柄であり、国内のおける同カテゴリー普及の火付け役となるかもしれません。

アネホなのに透明になる理由とは?

通常アネホは、樽での1年以上の熟成により、樽の木の成分が中のお酒に移ることでウイスキーのように色づきます。
しかしクリアアネホのテキーラでは、樽熟成後に特殊なろ過を行うことによって、色味だけを取り除くことを可能としています。
これによって、アネホ特有のフレーバーを残しながらも色のないテキーラを造りだせているのです。

そもそも「ドンアグスティン」ってどんなテキーラ?

ドンアグスティンは、ロスアルトス地方アランダス地区に拠点を構える“カーサ・カマレナ蒸留所”にて造られるアガベ100%テキーラです。

カーサ・カマレナ蒸留所は、テキーラ界の名門“カマレナ家”の蒸留所の一つであり、同家のアグスティン・カマレナが1938年に創業した蒸留所。
カマレナ家は、メキシコで3番目に大きいアガベ農園をロスアルトスに保有しており、ここで高品質のアガベが栽培されています。
これにより原料の栽培から、蒸留、熟成、瓶詰めまでの全行程を一貫して行うことが可能となり、中間コストを省くことで質が高いにも関わらず価格が安い“高コスパ”テキーラを造りだせているのです。

そのカーサ・カマレナ蒸留所が手がけるドンアグスティンは、創業者の名を冠したブランドであり、同蒸留所が手がけるミドルレンジのテキーラにあたります。
通常のシリーズよりもアガベの処理や製造に時間をかけ、丁寧に造られていることで、アガベの優しい旨みをしっかり感じられるのが特徴です。

クリスタルアネホならではの特徴

ドンアグスティンについて分かったところで、今回発売されるクリスタルアネホならではの特徴についても見てみましょう。

  • アルコール度数が低め
  • エクストラアネホとアネホをブレンドした贅沢な造り
  • スムースな飲み口

アルコール度数が低め

ドンアグスティン・クリスタルアネホのアルコール度数はテキーラの規定の下限範囲ギリギリである35度に設定されています。
これにより、アルコールの刺激が抑えられ一般的なテキーラよりも飲みやすくなっています。

エクストラアネホとアネホをブレンドした贅沢な造り

クリスタルアネホは、通常のアネホだけでなく、さらに最上級のグレードであるエクストラ・アネホもブレンドされています。
かなり贅沢な贅沢な造りをしていながらも、価格はなんと3,700円という驚きの設定。
アネホカテゴリーの平均価格が約7,500円(Amazonを参考)であることを鑑みると、いかに良心的か分かります。

スムースな飲み口

色が透明でありながらも樽由来のフレーバーも感じられるのは、クリスタルアネホならではの特徴です。
チョコやココナッツのような甘い香りを感じさせながらも通常のアネホより大人しくなっており、口当たりはとてもスムースでドンアグスティン特有のアガベの旨味もしっかり感じられます。

スポンサーリンク

まとめ

最後に記事の内容をざっとまとめておきましょう。

  • クリアアネホはブランコの見た目とアネホのフレーバーを持つ注目の新カテゴリー
  • 特殊なろ過によってアネホながらも透明になっている
  • ドンアグスティンは名門カマレナ家のテキーラで高コスパで有名
  • クリスタルアネホは贅沢な造りをしており、度数が低めで飲みやすい

日本でも今後が楽しみな新カテゴリーであるクリアアネホ。
これをきっかけに、テキーラの色々な楽しみ方が日本でも広まって欲しいと筆者は思います。

スポンサーリンク
小針 真悟
著者:小針 真悟

LiquorPage運営者。様々な業態のバーテンダー経験からジンやウイスキー、日本酒や焼酎など幅広い知識を持つ。

関連記事

  1. エクストラアネホ・テキーラ、厳選6選 おすすめのテキーラ厳選6選【エクストラアネホ編】
  2. テキーラの危機 テキーラに危機?米国がメキシコからの輸入品に20%関税方針
  3. テキーラの度数、そんなに高くない? テキーラの度数は高いわけではない?他の蒸留酒と度数を比較
  4. おすすめのレポサドテキーラ おすすめのテキーラ厳選6選【レポサド編】
  5. テキーラの伝統グラス・カバジートとは? テキーラの伝統的な飲み方には「カバジート」を使用する
  6. テキーラの産地・メキシコはどんな国? テキーラの産地・メキシコってどんな国?特徴・魅力をざっくりご紹介…
  7. ポルフィディオはテキーラではない? サボテンボトルの「ポルフィディオ」実はテキーラじゃないって知って…
  8. ジン・ウォッカ・ラム・テキーラの違い ジン、ウォッカ、ラム、テキーラ…それぞれの違いとは?【簡単解説】…

新着記事

  1. https://www.instagram.com/bacardijapan/i
  2. コール度数が高い=飲みにくいお酒」は誤解…本当は飲みやすいお酒?
  3. 東京インターナショナル・バーショー2018
  4. アネホなのに透明?ドンアグスティン・クリスタルアネホが日本初上陸!
  5. ジンの“定義”をシンプルかつ丁寧に解説
PAGE TOP