シングルモルト入門〜「ハイランドモルト」を簡単解説!

ハイランドモルトを知る

シングルモルト・スコッチを知る上で、「産地」は初歩的ながらもとても重要な知識です。
たかが産地かもしれませんが、この産地によってある程度傾向が分かれるのでシングルモルトを知る上では欠かせない知識です。
これを知っていればウイスキー選びにも役に立ちます。

そこでリカーページでは、スコットランドのシングルモルトの主要産地6つを、それぞれ産地ごとに記事にしてご紹介していきます。

  1. スペイサイド
  2. ハイランド
  3. ローランド
  4. キャンベルタウン
  5. アイラ
  6. アイランド

本記事ではハイランドについて、入門編としてウイスキー初心者の方でもわかりやすいよう簡単に解説していきます。
記事後半では、代表的なハイランドモルト銘柄を簡単にご紹介します。

スポンサーリンク

ハイランドモルトとは?

スコットランドの主要産地を示した地図
By Drawn by User:Briangotts as Image:Scotch regions.png and converted to SVG by w:User:Interiot,CC BY-SA 3.0, Link

スコットランドのハイランド(highland)地方で作られるシングルモルト・ウイスキーをハイランドモルトと言います。
スコットランドの北側に位置するとても大きな地方で、スコットランドの全蒸留所の1/3程度がこのハイランド地方にあります。
有名な産地「スペイサイド」も実はこのハイランド地方の中にあるのですが、ウイスキーの産地として見た場合、近年はそれぞれ独立してみることが一般的となっています。

このハイランド地方はあまりに面積が大きいため、さらに4つに細分化してみることも多く、その場合…

  • 北ハイランド
  • 南ハイランド
  • 東ハイランド
  • 西ハイランド

といったように分けます。

なかでも北ハイランドには有名な蒸留所が揃っており、グレンモーレンジィやダルモア、クライヌリッシュなどがこの地域にあります。
作られるウイスキーの傾向としてはウイスキーらしいまろやかな甘みをもったものが多いとされます。
しかし、あまりに広い地域であるためハイランドモルトとしての明確な傾向はなく、それぞれの地区や銘柄によって味わいの傾向は変わってきます。

ハイランドとはどんな地域?

バグパイプとキルト

スコットランドでは、元々文化的にも民族的にも異なる北部と南部で分けられていました。
この北部にあたるのがハイランド地方です。(南部はローランド地方)

スコットランドの伝統文化とされるキルトやバグパイプ(楽器)などは元々このハイランド地方のもので、イングランド寄りのローランド地方とは風土が異なります。
ウイスキーにしても、ハイランドとローランドでは異なる性格のものを作っています。

ちなみにこの地方の首都とも言える中心都市はインヴァネスで、他にもダンディーやアバディーンなどの都市があります。(サッカー好きの方なら聞いたことがあるのでは?)
エディンバラやグラスゴーといった大都市はローランド地方にあるため、経済的にはローランドの方が優っていると言えそうです。

ハイランドモルトの味わい・特徴

ハイランドモルトは、それぞれの地域ごとに異なる特徴を持っています。
ここでは東西南北の地域に分けて解説していきます。
あくまで一般的な傾向なので、細かくは各蒸留所、銘柄ごとに異なります。

北ハイランド

よりしっかりな風味、なめらかでリッチ、少しドライなものも。

南ハイランド

あっさりライトめな風味、ソフトな甘み。

東ハイランド

フルーティーでフレッシュ、なかには重めのものも。

西ハイランド

ちょっぴり潮っぽく爽やか、ライト〜ミディアムな風味。

代表的なハイランドモルト

ハイランド地方にある有名な蒸留所とそこで作られるモルト銘柄について簡単にご紹介します。

グレンモーレンジィ

北ハイランド

おそらく日本で最も有名なハイランドモルトがグレンモーレンジィ。ルイヴィトンの大元企業LVMHが所有する銘柄です。
元々はビール工場だったのですが、1843年にウイスキー蒸留所としてスタートを切りました。
樽熟成で有名な蒸留所で、ワインやシェリーなど様々なお酒に使用した樽を仕上げの熟成などに使用しており、それぞれシリーズを分けて販売しています。
基本的には華やかでフローラルな風味がベースですが、使用する樽によって味わいは異なります。
高級甘口白ワインの樽を使用した「ネクタードール」はとても口当たりが良く、ウイスキー初心者にもおすすめです。

オールド・プルトニー

北ハイランド

オールド・プルトニー(蒸留所名はプルトニー)はハイランドの北端にある蒸留所で、ニシン漁が有名な港町の中にあります。
海に近いためかちょっぴり潮っぽさがあり、それが甘くオイリー(ナッツっぽくなめらかな)な風味と合わさり、個性的な味わいになっています。
ボトルの形状もユニークで、熱狂的なファンが多い銘柄でもあります。

トマーティン

北ハイランド

トマーティンは標高が高い場所に位置する珍しい蒸留所で、近くにはネッシーで有名なネス湖があります。
1986年に宝酒造が買収した蒸留所で、日本の企業が初めて所有したスコッチの銘柄・蒸留所です。
2016年にはウイスキーマガジン社の「ディスティラリー・オブ・ザ・イヤー」にも選ばれている蒸留所で、やわらかで繊細な味わいがベースです。

ダルモア

北ハイランド

鹿が描かれたボトルが有名なダルモアも北ハイランドを代表する銘柄・蒸留所です。
柑橘系の濃密な甘みがあり、コク深い味わいで人気の銘柄で、ブレンデッド・スコッチ「ホワイト&マッカイ」のキーモルト(メイン原酒)としても使用されています。

クライヌリッシュ

北ハイランド

ジョニーウォーカーのゴールドラベルのキーモルトとして有名なクライヌリッシュ。
ピリッとスパイシーな風味を持つことで知られ、風味はしっかり飲みごたえがあるため、こちらもファンが多いです。

エドラダワー

南ハイランド

エドラダワーはスコットランド最小規模の蒸留所で、生産量も少ないことで知られています。
ナッツのような香ばしい甘みがありつつ、ややライトな酒質で口当たりが良い銘柄です。

ロイヤル・ロッホナガー

東ハイランド

ロイヤル・ロッホナガーは、英国王室御用達を意味する「ロイヤル」の名がつく3つしかない蒸留所のうちの一つです。
熟成にはシェリー樽を使用しており、それ由来の柑橘系の甘みと若干のスパイシーな味わいが特徴です。

他の有名銘柄・蒸留所

  • シングルトン・グレンオード(北ハイランド)
  • グレンドロナック(北ハイランド)
  • ダルウィニー(北ハイランド)
  • バルブレア(北ハイランド)
  • グレンゴイン(南ハイランド)
  • タリバーディン(南ハイランド)
  • アバフェルディ(東ハイランド)
  • オーバン(西ハイランド)
スポンサーリンク

まとめ

ハイランドモルトについての理解は深まりましたでしょうか?

最後にざっくりとまとめると…

ハイランドモルトはスコットランドの北側ハイランド地方のシングルモルトで、
ウイスキーらしい甘みと飲みやすさはあるものの、地域や銘柄によってそれぞれ個性が出る。

もちろん銘柄にもよりますが、ハイランドモルトは比較的ウイスキー初心者にも親しみやすいです。
まずはぜひ一度試してみてください。

それではこの辺で。
以上「シングルモルト入門〜「ハイランドモルト」を簡単解説!」でした。

【参考文献】
ウイスキーコニサー資格認定試験教本・スコッチ文化研究所
モルトウイスキー・コンパニオン改訂版・小学館 著・マイケルジャクソン
世界の名酒事典2017年版・講談社

スポンサーリンク
小針 真悟
著者:小針 真悟

LiquorPage運営者。様々な業態のバーテンダー経験からジンやウイスキー、日本酒や焼酎など幅広い知識を持つ。

関連記事

  1. スコッチ・スペイサイドやアイラなど6つの産地 スコッチウイスキー入門・6つの産地別特徴まとめ
  2. 世界ウイスキー売上ランキング ウイスキー世界売り上げランキングTOP20
  3. カバラン ソリスト ヴィーニョバリック Y’sカスク Y’sカスクオリジナルのカバラン!ソリスト ヴィーニ…
  4. バーボンの謎・熟成速度の早さと熟成年数の表記について 早く熟成する?バーボンの熟成年数と年数表記の謎を簡単解説
  5. カバラン・ウイスキーとは カバラン 〜 世界的な評価を得た台湾のウイスキーの魅力とは
  6. ブレンデッドとシングルモルト ブレンデッド・ウイスキーとシングルモルトの違いを簡単解説!
  7. ウイスキーの色について 出来立てのウイスキーは無色透明!なぜ琥珀色に変化するのか?
  8. 単式蒸留と連続式蒸留 単式蒸留と連続式蒸留の違いとは?初心者向けに簡単解説!

新着記事

  1. 日本酒「梵」
  2. ドンフリオはなぜ人気?
  3. キュヴェの意味とは
  4. テキーラ好きはモテる?
  5. 黄麹の芋焼酎・厳選4選
PAGE TOP