世界五大ウイスキーとは?特徴をざっくり説明…実は日本も?

世界五大ウイスキー

ウイスキーといえば、スコッチやバーボンなど、スコットランド産、アメリカ産のウイスキーが有名ですね。
実はウイスキーには、世界的な産地をまとめた「世界五大ウイスキー」なるものがあります。

本記事では、この世界五大ウイスキーに含まれる産地とそれぞれの特徴についてざっくり説明していきます。
特徴について押さえておくと、購入する際やメニューを選ぶ際に役立つので、ぜひ覚えておきましょう。

スポンサーリンク

日本も含まれる!世界五大ウイスキーの産地とは?

ウイスキーは主に北半球の国々で作られています。
それでは、五大ウイスキーに含まれる産地を見ていきましょう。

  • スコットランド:スコッチウイスキー
  • アイルランド:アイリッシュウイスキー
  • アメリカ:アメリカンウイスキー(バーボン)
  • カナダ:カナディアンウイスキー
  • 日本:ジャパニーズウイスキー

実は日本のウイスキーも、世界五大ウイスキーに含まれるのですね。

それでは各産地の特徴について見ていきましょう。

スコットランドウイスキーの特徴

シングルモルトウイスキーの本場で、日本でよく見かけるマッカランやグレンフィディックなどの産地です。
様々なシングルモルトをブレンドして作られたブレンデッドウイスキーも、かなり盛んに作られています。

ピートと呼ばれる泥炭を焚くことで、スコッチ独特のスモーキーな味わいがあります。

味や香りに関しては、
ブレンデッドウイスキーは、穏やかでほんのり甘い優しい飲み口です。
シングルモルトは、甘いものから辛いものまで、銘柄による個性が強烈に出ます。

シングルモルトとブレンデッドウイスキーの違いはこちらで解説しています。

有名なスコッチウイスキー

ブレンデッドウイスキー:ジョニーウォーカー、バランタイン、シーバスリーガル、デュワーズ
シングルモルト:グレンリヴェット、ラフロイグ、グレンモーレンジィ、タリスカー

アイリッシュウイスキーの特徴

スコットランドの隣国、アイルランドで作られるウイスキーです。
スコットランドと比べると銘柄数が少なく、日本ではあまりメジャーではないかもしれません。

しかし、五大ウイスキーの中では最も歴史が長く、一説によるとウイスキー生誕の地とも言われています。
長年下火状態にありましたが、近年復活を遂げ、今注目の分野でもあります。

味わいはスコッチに似ているのですが、ややスッキリしていて飲みやすい傾向にあります。

有名なアイリッシュウイスキー

ジェムソン、ブッシュミルズ、タラモア・デュー、カネマラ

アメリカンウイスキーの特徴

アメリカ産のウイスキーといえば、何と言ってもバーボンが有名です。
他の産地とは異なり、主原料はトウモロコシで、樽熟成は新しい樽で行わなければならない、という決まりがあります。

そのため味わいは独特で、木を焼いたような香ばしさとバニラのような甘みを同時に感じることができます。
味が強烈に感じる方もいるため、初心者など慣れてない方はハイボールなど割って飲むのがおすすめです。

ちなみにアメリカンウイスキーの代表銘柄であるジャックダニエルは、実はバーボンではありません。
詳しくはこちらをご参考ください。

有名なアメリカンウイスキー

ジャックダニエル、ジムビーム、フォアローゼス、ワイルドターキー

カナディアンウイスキーの特徴

アメリカのお隣りカナダで作られるウイスキーは、アメリカのバーボンなどとは質の異なるウイスキーを作り出します。

味わいは、五大ウイスキーの中で最もライトで、クセが少ないのが特徴です。
そのため、カクテル用としても多く用いられ、有名なウイスキーカクテル「マンハッタン」にも使われています。

有名なカナディアンウイスキー

カナディアンクラブ(通称:CC)、クラウンローヤル

ジャパニーズウイスキーの特徴

ここ日本で作られるウイスキーは、はじめはスコッチを手本に作られたので、質もスコッチに似ています。
日本のウイスキーの世界的評価は高く、WWA(ワールド・ウイスキー・アワード)やISC(インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ)などの権威あるコンテストで、何度も世界一に輝いています。

スコッチ同様、シングルモルトウイスキー、ブレンデットウイスキーともに盛んに作られています。

味わいは、かなり繊細で上品な甘さを感じることができます。
五大ウイスキーの中では最も複雑な味わいがします。

有名なジャパニーズウイスキー

ブレンデッド:角、トリス、響、富士山麓
シングルモルト:山崎、白州、余市、竹鶴、イチローズモルト

※竹鶴とイチローズモルトの一部には、ヴァッデッドモルト(ブレンデッドモルト)に分類されるものもあります。

スポンサーリンク

まとめ

五大ウイスキーの特徴についてお分りいただけたでしょうか?
あくまでざっくりの説明だったので、細かいポイントやわかりづらいポイントはあえて端折っています。

より細かくは今後記事にしていくので、今しばらくお待ちください。

ちなみに、ウイスキー初心者の方には、スコッチかジャパニーズが飲みやすい&手に入りやすくおすすめです。

それでは以上、「世界五大ウイスキーとは?特徴をざっくり説明…実は日本も?」でした。

スポンサーリンク
小針 真悟
著者:小針 真悟

[LiquorPageオーナー / GINfest.TOKYO運営メンバー] 豊富な現場経験や長年のお酒愛によって、ジンを筆頭にあらゆるお酒の知識を持つ。

関連記事

  1. ウイスキーの色について 出来立てのウイスキーは無色透明!なぜ琥珀色に変化するのか?
  2. ウイスキーの12年の意味 実は間違えやすい?ウイスキーの12年などの年数表記の意味
  3. オークションで「サントリー・山崎50年」が約3,250万円で落札 オークションで「サントリー・山崎50年」が約3,250万円で落札…
  4. 白州蒸留所見学レポート Part.2 白州蒸留所に行ってきた【場内BAR・他施設レポート】
  5. アメリカで大流行するクラフトなお酒たち クラフトビールにクラフトウイスキー…アメリカではクラフトなお酒が…
  6. 初心者向けシングルモルトまとめ シングルモルト入門・初心者におすすめの定番モルト銘柄8選
  7. 世界ウイスキー売上ランキング ウイスキー世界売り上げランキングTOP20
  8. 山崎・品切れ問題 「山崎」の品切れ・品薄問題は本当にサントリーが悪いのか?

新着記事

  1. テキーラとキリン・メッツで作るカクテルが美味いというので試してみた
  2. 上質なのに値段が手頃!白ワイン用にオススメのグラス厳選4選
  3. バーヒル・ジン〜なぜハチミツ農家がクラフトジンを手がけることになったのか?
  4. スコッチ・ウイスキーの定義を簡単かつ丁寧にまとめてみた
  5. ジン・トニックをもっと美味しく飲むために知っておきたい4つのこと
PAGE TOP