クラフトジンで有名な「グッドミールズショップ」に行ってきた

クラフトジンで有名なお店・グッドミールズショップ

もうかれこれ3ヶ月以上も前になりますが、クラフトジン好きの間で話題のグッドミールズショップ(渋谷本店)に初めて行ってきました。
実はその後も行っているのですが、本記事では初めて行った際の情報や感じたことを元にレポート的な記事を記していきます。

スポンサーリンク

グッドミールズショップの基本情報

まずグッドミールズショップの基本情報について…

グッドミールズショップとは、クラフトジンを多く扱っていることで有名なお店で、渋谷だけでなく二子玉川などにも店舗があります。
「なるべくカラダに良いものを、できるだけ手作りで」というコンセプトのもと、クラフトジンだけでなくクラフトビールや自家製料理などにもこだわっているとのこと。
形態としてはカフェバー、カフェレストランのようなお店で、ディナーだけでなくランチもやっているカジュアルなお店です。

筆者が訪問した渋谷本店はビルの2階と3階がお店になっていて、2階では基本立ち飲み形式でクラフトビールをメインとして扱っています。
そして3階は、ゆっくり食事できるテーブル席が主になっていて、クラフトジンはこちらフロアにあり、筆者はこの3階を利用しました。

ちなみに、場所は渋谷ですが駅から結構離れているため(並木橋を越えたあたり)、お店の周りは比較的静かです。

グッドミールズショップの外観

なんと200種類以上ものクラフトジン、しかも増加中

いざ店内に入ると、とても感じの良いスタッフさん達がお出迎え。
店内は満席で賑わいを見せている様子。筆者が訪問したのが土曜日だったということも関係しているとは思いますが、後々スタッフさんに伺うと「今日はかなり珍しい」とのこと。(立地の関係もあり、比較的ゆっくり営業されているお店のようです)

筆者がチョイスしたのはカウンターの席。
正式にはカウンター席というのはないらしいのですが、ハイチェアがあったのでお願いして用意してもらいました。
(飲食するには特に問題はありません)

カウンターの後ろの棚に飾られた大量のクラフトジン

バーカウンターを見渡して目を引くのが、驚くほど大量に飾られたクラフトジンです。200種以上もあるようでバーカウンターだけでなく背後の棚にも大量に飾られています。
メニューを見てみると、まず「これがクラフトジン(だけ)のメニューです」と渡されたメニューの分厚さに驚愕。
メニューブックは名刺ファイルの形式で、「これからもラインナップを増やしていきます」というスタンスが見え見えです。

名刺ファイル形式のジン専用のメニューブック

実際にスタッフさんに伺ってみると、スタッフさんも完璧に把握しきれないレベルで増加中とのこと。
クラフトジンが好きなものにとってはもうパラダイスです。

テイスティングセットでクラフトジンをテイスティング

あまりにもクラフトジンが豊富すぎて何を飲むか迷います。
それぐらいの分厚いメニューとクラフトジンの数々です。
この日は目の前に飾られていた季の美からテイスティング。

その後テイスティングセット(好みのジン3杯セットで1,500円という良心価格)なるものがあることをスタッフさんから聞き、有名どころのコーヴァル、モンキーに、当時発売直後だったジークフリートをチョイス。
同時に飲み比べてみると、単体で飲んでいると気づかないそれぞれの個性をより確認することができます。
こういったサービスはとても嬉しい。(テイスティング形式はロックでもOK)

テイスティングセットでコーヴァル、ジークフリート、モンキーをチョイス

その後ジェネラスやシップスミスなど…何度かテイスティングセット形式でオーダーし、最後にスタッフさんから勧められたショリゲルをテイスティング。
こちらは使用するボタニカルがジュニパーベリーのみという非常に珍しいジン。
こういった変わりダネのジンも扱っています。

実は料理もイケてる

お酒を飲みにいくとほとんど食事をしなくなる筆者ですが、この日は珍しくお腹がすいていたので食事もオーダー。
「なるべくカラダに良いものを、できるだけ手作りで」というのがお店のコンセプトらしく、ほとんどの料理が自家製とのことです。

自家製ソーセージもとても美味しかった

筆者がオーダーしたのは本日のソーセージとフライドチキン。
さすがは自家製、どちらもとても美味しい。
特に、バターミルクで漬け込んで作られるフライドチキンは、驚きの柔らかさと肉の旨味で、筆者がこれまで食したフライドチキンの中ではナンバーワンの一品でした。
しかも500円という超良心的な価格。(金額はうろ覚えですが…)

この日は料理は2品だけに留まりましたが、他にもたくさんの自家製の料理やおつまみがあることを知り、次回が楽しみになりましたね。

スポンサーリンク

まとめ

グッドミールズショップはクラフトジン好きにとってはパラダイスのようなお店でした。
単純にジンの種類だけでなく、自家製料理や気軽に飲める値段設定、そしてスタッフさんの対応もとても良かったです。

本記事をご覧になっているみなさんにもぜひオススメしたいですね。
(あと本記事では触れてませんが、クラフトビール好きの方にもオススメですよ)

以上、「クラフトジンで有名な「グッドミールズショップ」に行ってきた」でした。

スポンサーリンク
小針 真悟
著者:小針 真悟

LiquorPage運営者。様々な業態のバーテンダー経験からジンやウイスキー、日本酒や焼酎など幅広い知識を持つ。

関連記事

  1. 日本一に輝いたバーテンダーに聞く「ジンの魅力」 ジンカクテル日本一のバーテンダー・杉浦聡氏に聞く「ジンの魅力」と…
  2. ウイスキー蒸留所発・クラフトジンまとめ ウイスキー蒸留所が手がけるクラフトジンまとめ【全8銘柄】
  3. 玉露と煎茶の違いとは 緑茶の基礎知識〜玉露と煎茶の違いとは?【簡単解説】
  4. クラフトジン・KOVAL オーガニック・クラフトジン「コーヴァル」の魅力を徹底解説
  5. このお酒、アルコール何度? ワインや日本酒、テキーラなど…各お酒のアルコール度数比較
  6. ジンの製造工程 ジンの基礎講座〜ドライジンの製造工程を簡単に解説!
  7. ジン・その魅力とは カクテルやロック、多様な飲み方に対応できる「ジン」の魅力
  8. クラフトジン「槙-コズエ-」 国産クラフトジン「槙-KOZUE-」が新発売!気になる特徴とは

おすすめ記事

GINfest. TOKYO 2018 国内外のジンが大集合!絶好のロケーションでジンを楽しめる「GINfest. TOKYO 2018」の開催が決定!

「今、多方面から注目を集めているお酒、ジン」6/9(土)-6/10(日)の二日間、東京・天王…

なぜ、プレミアムビール「ミラー・ジェニュインドラフト」はパーティー好きの若者向けなのか? 若者向けプレミアムビール?「ミラー・ジェニュインドラフト」が日本上陸!

クラフトビールや海外ビールが人気を集め始めている昨今。特に若者の間では、今までは一般的ではなかっ…

ジンの“定義”をシンプルかつ丁寧に解説 ジンの“定義”をシンプルかつ丁寧に解説!実はジンは3つに分類される…

クラフトジンの世界的ブームに加え、日本産の銘柄も多く登場し活況を迎えているジン業界。しかしジンは…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP