お酒選びに迷った際にとるべき究極の解決法!

How to choice?

お酒選びって何かと迷うことが多いですよね?
酒屋さんやスーパーなどでお買い物するときには特に迷います。
ワインにしろ、日本酒にしろ、ウイスキーにしろ種類が多すぎますからね。

これまで自分でお酒を選んで買って、失敗したという方は結構いらっしゃるんじゃないでしょうか?

そこで本記事では、お酒選びでの失敗を避けるべく、究極の解決方法をお教えします。

スポンサーリンク

お酒選びに迷ったらラベル買いがおすすめ

お店でお酒を多く扱っているというのは、もちろん良いことなんですが、お酒初心者としては少し悩ましいところ。
選択肢が増える分だけ迷ってしまいますからね。

そこで、迷った際におすすめなのが、ラベル買い、つまり見た目で選ぶことです。
ラベルデザインが美しい、いかにもおいしそうなど、各々の主観でもOKなので見た目で選ぶことをおすすめします。

ラベル買いはお酒の情報誌等でも推奨されているのですが、筆者個人的にもおすすめです。

個人的にも感じるのですが、やはり
見た目が良い=味も良い
という傾向があります。

筆者は、自分で選んだワインや日本酒などで目立った失敗はありません。
それはおそらくですが、自ずとラベルの見た目を重視して選んでいるからだと思います。
ちなみに…飲食店で「頼んで失敗した!」は何度もあります…笑(ラベルで選びようがないですからね)

見た目にこだわるところは中身にもこだわる

ではなぜラベルで選ぶと失敗しないのでしょうか?
答えは単純で「見た目にこだわるところは中身(味)にもこだわる」という傾向があるからです。

これは料理にも言えるとこで、味にこだわる、つまりおいしいお店は盛り付け(見た目)にもこだわりますよね?
さらに言えば、キレイに清掃されたお店では、サービスの質が良いことも多いです。
お酒もこれと同じです。

何でもそうですが、しっかりコンセプトに基づいてモノやサービスを提供しているところは、それを見た目など細部にも反映させます。
試しに、おいしいと言われるお酒を見てみると、総じてラベルのクオリティが高いです。

例えばこちらのチェレット社の有名イタリアワイン「バローロ」は、一般的なワインに比べて明らかにラベルが美しいですが、味の評価も高いことで有名です。

ラベル買いでも迷ったら、値段で選ぶのがおすすめ

ではラベルで選んで、見た目が良いお酒の中で迷ってしまったらどうするか?
その場合も、単純で値段が高い方を選ぶと失敗は少なくなります。

これを言ってしまうと元も子ないのですが、高い値段のお酒には高いなりの理由があります。

電化製品にしても、値段が高い方が最新の技術を用いていて性能が良いですよね?
お酒も同じで、良い品質の原料を使って、手間暇かけて作られたものはおいしくなります。
良いモノと時間を使っていれば、値段が高くなることはやむを得ないのです。

スポンサーリンク

まとめ

ここまで参考になりましたでしょうか?

お酒初心者の方にとって、お酒選びはどうしても迷ってしまうものです。
それが見た目で選べるとなると、予備知識はそれほど必要なく、気楽に選べますよね。

筆者的には、迷う以前に、最初からラベルで選ぶことをおすすめします。
その方がより楽にお酒を選べます。

ちなみに↑のグレンモーレンジは、ボトル、ラベルともに洗練されていますが、それもそのはずで、なんとあのルイヴィトン・グループ(LVMH)が所有しているウイスキーです。
味も素晴らしく、とても飲みやすいのでおすすめですよ。

以上、「お酒選びに迷った際にとるべき究極の解決法!」でした。

スポンサーリンク
小針 真悟
著者:小針 真悟

[LiquorPageオーナー / GINfest.TOKYO運営メンバー] 豊富な現場経験や長年のお酒愛によって、ジンを筆頭にあらゆるお酒の知識を持つ。

関連記事

  1. RTS・自宅で簡単カクテル 自宅でカンタンにあのカクテルが?「RTS」のすすめ
  2. 減圧蒸留・常圧蒸留 焼酎でよく見る「減圧蒸留」と「常圧蒸留」の違いって何?
  3. リカーマウンテン・銀座777 約1000種のウイスキー・スピリッツが試飲可!酒専門店「銀座77…
  4. 欧州ワイン・関税撤廃が決定 欧州ワインの関税撤廃決定!いつから安くなる?どれぐらい安くなる?…
  5. 東京インターナショナル・バーショー2018 洋酒好きなら誰でも楽しめる!「東京インターナショナル・バーショー…
  6. 世界の名酒事典 お酒初心者がすぐにお酒に詳しくなれる、おすすめの本!
  7. トワイスアップ、どんな飲み方? ウイスキーにおすすめ?「トワイスアップ」とはどんな飲み方?
  8. 赤ワインと頭痛 赤ワインは本当に頭痛を引き起こしやすいのか?

おすすめ記事

ワインの名門一族が情熱にかられ創り出したテキーラ「ドン・アルバロ、ブエン・アミーゴ」 ワインの名門一族が情熱にかられ創り出したテキーラ「ドン・アルバロ、ブエン・アミーゴ」

原料不足が騒がれるほど人気が急上昇しているメキシコの美酒、テキーラ。今や数え切れないほどのテキー…

多くの来場者が美酒を堪能!写真で振り返る「テキーラの日 Celebration Party」 多くの来場者が美酒を堪能!写真で振り返る「テキーラの日 Celebration Party」

ここ日本においても、他国同様にテキーラは“美酒”として認識されるようになってきています。そうした…

来場者4900名の大盛況!「リカマンウイビアメッセ in KYOTO」レポート 来場者約5000名の大盛況!「リカマンウイビアメッセ in KYOTO」レポート

ウイスキーやクラフト系のお酒など、様々なお酒がブームになっていることもあり、年々お酒にまつわるイベン…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP