甲類焼酎の飲み方講座〜ウォッカの代わりにカクテルを作る?

甲類焼酎・多様な飲み方

鏡月やジンロ、キンミヤなどに代表される甲類焼酎。
甲類焼酎といえば、ウーロンハイやレモンサワーといったサワー系にして飲むことがほとんどです。
無意識にそうやって飲むものと思っている方も多いかもしれません。

しかし実は、甲類焼酎はかなり多様な飲み方に対応できる万能のお酒。
本記事では、いろいろある甲類焼酎の飲み方の中でも、ウォッカの代わりに使用してカクテルを作る飲み方について、カクテルやそのレシピなどをご紹介。

甲類焼酎は宅飲みなどでもよく用いられ、飲みきれなかったぶんが自宅にあまっているという方も多いでしょう。
様々な飲み方を知ることで、これらの有効活用にもつながりますね。

それでは見てきましょう。

スポンサーリンク

甲類焼酎は度数が低いウォッカ?だから飲み方が多様?

甲類焼酎とは、芋や麦などの乙類(本格焼酎)ではない焼酎で、本格焼酎とは違い、原料の風味がほとんどない「無味無臭」の味わいが特徴です。(ほぼアルコールの味)

甲類焼酎は、糖蜜(サトウキビ)や麦やトウモロコシなどの穀物を使用し、連続式蒸留という方法で一度アルコールの純度を極限まで高め、その後割り水によって度数調整し造られています。
原料の味がほとんどしないのは、連続式蒸留によって原料の成分はほぼなくなっているからです。

また甲類焼酎は、その味わいがウォッカと似ているのも特徴。(原料や濾過方法などの定義は異なります)
甲類焼酎の方が若干甘みを感じますが、基本的にはどちらも無味無臭です。

ピュアな水

一番の違いは「アルコール度数
ウォッカが40度以上あるのに対し、甲類焼酎は20〜25度前後となっています。

なぜこのように、ウォッカと併せて甲類焼酎の基本情報を説明したかというと、どちらも無味無臭だからこそ合わせやすく多様な飲み方ができるから。
つまりはウォッカベースのカクテルを、ウォッカの代わりに甲類焼酎で作ることもできるのです。
しかも焼酎の場合、度数が低くなるので飲みやすくなります。

甲類焼酎を度数が低いウォッカと捉えると、飲み方の幅がぐっと広がります。

ウォッカベースカクテルを甲類焼酎で作る飲み方

ウォッカベースのカクテルのほぼ全てを、甲類焼酎ベースに置き換えて作ることができると言っていいでしょう。
ここでは、その中でもオススメの飲み方(カクテル)と作り方をご紹介していきます。

レモンサワーやウーロンハイなど定番の飲み方より、少しオシャレに、そして違った味わいを楽しむことができます。

焼酎版シーブリーズ

シーブリーズの写真
By Wendy from Minneapolis, MN – The Seabreeze that kicked my ass., CC BY 2.0, Link

材料:焼酎45ml、グレープフルーツジュース半分、クランベリージュース半分
本来はシェイクして作りますが、面倒であれば氷を入れて混ぜるだけでもOKです。

シーブリーズは、クランベリージュースとグレープフルーツジュースという抜群の組み合わせによる爽やかでフレッシュな口当たりで、非常に人気のウォッカベースカクテル。
焼酎に変わり、度数が下がることで、飲みやすさも増しているので一度は試していただきたい飲み方です。

シェイクは意外と簡単
シェイクというとバーテンダーの特殊なテクニックと思われるかもしれませんが、実はシェイカーされあれば簡単。
シェイカーに材料と氷を入れて振るだけです。たったこれだけでお酒がしっかり混ざり、カドもなくなり美味しくなります。
例えば、寿司を「上手く」握るのは難しいですが、握ること自体は誰でもできるように、シェイクも実は誰でもできるのです。

焼酎版セックスオンザビーチ

セックスオンザビーチ
Autor: Stuart Webster from Southampton, England – Sex on the Beach, CC BY 2.0, Odkaz

材料:焼酎30ml、メロンリキュール(ピーチリキュールでも可)20ml、ラズベリーリキュール10ml、パイナップルジュース80ml
本来はシェイクして作りますが、面倒であれば氷を入れて混ぜるだけでもOKです。

セックスオンザビーチは有名なトロピカルカクテルで、甘く飲みやすいことから人気のカクテルなのですが、度数が低くないのが難点。
しかし甲類焼酎に置き換えることで、度数が10前後もしくはそれ以下に下がり、より飲みやすくなります。
材料が多いのが難点ですが、試してみる価値はあります。

焼酎版ブラックルシアン

ブラック・ルシアンの写真
By Will Shenton – https://bevvy.co/cocktail/black-russian/bjh, CC BY-SA 3.0, Link

材料:焼酎40ml、カルーア20ml

それだけだと甘すぎるカルーアを、ウォッカで割ることで飲みやすくしているコーヒー風味のカクテル。
ウォッカ版では、アルコール度数が30度前後と高いのが難点ですが、焼酎を使用することで20度前後に下がります。

焼酎版ブラッディメアリー

材料:焼酎45ml、トマトジュース適量、カットレモン

いわゆるトマトハイと同じですが、レモンを絞ったり、またはブラックペッパーを入れることで風味が変わります。
レモンを絞ればさっぱり、ブラックペッパーを入れればスパイシーになります。

焼酎版モスコーミュール

材料:焼酎45ml、ライムジュース15ml、ジンジャーエール適量

多くの場合、モスコーミュールはライムジュースではなく、カットレモンを搾り落とすのですが、こちらのレイピではライムジュースを使用することでよりフレッシュに仕上げています。
ライムそのものを用意する必要がないので楽ですし、美味しいです。

焼酎版スレッジハンマー

材料:焼酎45ml、ライムジュース15ml
本来はシェイクして作りますが、面倒であれば氷を入れて混ぜるだけでもOKです。

こちらはより飲み応えのあるカクテル。
ウォッカ版は名前のイメージ通りアルコール度数が30度以上の強力なカクテルなのですが、焼酎版なら20度前後に下がります。
酸味の効いたさっぱりカクテルです。

スポンサーリンク

まとめ

気になる飲み方はありましたでしょうか?
ウーロンハイなどと比べると作るのは少々面倒になりますが、いろいろな味わいを楽しむことができ、甲類焼酎を今まで以上に楽しめると思います。

本記事では、ウォッカの代わりとして用いる飲み方のご紹介でしたが、甲類焼酎は「無味無臭」という特徴から、基本的に何にでも合わせられるお酒でもあります。
コーヒーに合わせることだって、コーラ、トニック、そしてエナジードリンクとも合わせることができます。
サングリアのようにフルーツを漬け込むことだってできますね。

ぜひご自宅に余っている甲類焼酎があれば、多様な飲み方を試してみください。

それではこの辺で。
以上「甲類焼酎の飲み方講座〜ウォッカの代わりにカクテルを作る?」でした。

スポンサーリンク
小針 真悟
著者:小針 真悟

[LiquorPageオーナー / GINfest.TOKYO運営メンバー] 豊富な現場経験や長年のお酒愛によって、ジンを筆頭にあらゆるお酒の知識を持つ。

関連記事

  1. クラフトジン・油津吟とは あの芋焼酎がベース!ゆず香るクラフトジン「油津吟」を徹底解剖
  2. 森伊蔵、魔王、村尾 3Mと呼ばれる森伊蔵、魔王、村尾は本当においしいのか?
  3. 芋焼酎、麦焼酎、米焼酎 芋焼酎、麦焼酎、米焼酎の違いと特徴をざっくり説明!
  4. 芋焼酎銘柄の選び方 失敗しない芋焼酎の銘柄の選び方【焼酎初心者向け】
  5. 黒麹の芋焼酎・厳選6選 黒麹の芋焼酎をリストアップ!オススメ銘柄厳選6選
  6. 焼酎の飲み方講座【ソーダ割り編】焼酎の割合や作り方について 焼酎の飲み方講座【ソーダ割り編】焼酎の割合や作り方について
  7. 焼酎お湯割り・その魅力とは 若い人にこそピッタリの飲み方?「焼酎お湯割り」の魅力とは
  8. 白麹の芋焼酎・厳選6選 白麹の芋焼酎をリストアップ!オススメ銘柄厳選6選

おすすめ記事

海外では当たり前の文化?テキーラ×アートを「⻘参道アートフェア」で体験してみよう 海外では当たり前の文化?テキーラ×アートを「⻘参道アートフェア」で体験しよう

日本ではネガティブな誤解が少なくないテキーラですが、本場メキシコやアメリカなど海外では、違ったカルチ…

テキーラで優雅にお祝い!写真で振り返る「イセタンメンズ15周年×テキーララウンジ」

イセタンメンズ15周年を記念して、全国で開催中のテキーラフェスタのスピンオフイベント「テキーララウン…

世界一のジントニック?北欧のジン「キュロ」についてアンバサダーに聞いてみた 世界一のジントニック?北欧のジン「キュロ」についてアンバサダーに聞いてみた

ジンの飲み方といえばジン・トニックが定番。実はそのジン・トニックで世界最高の賞を受賞したジンがあ…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP