魔王・村尾・森伊蔵は定価以上の価格でも買うに値するのか?

魔王・村尾・森伊蔵

いっときの芋焼酎ブームを皮切りに、「3M」ともてはやされ未だに入手困難となっている魔王・村尾・森伊蔵の3銘柄。
あまりの人気ぶりに、定価での購入がかなり難しい現状は変わらず、定価の何倍ものプレミア価格でしか入手できない状態となっています。

とはいえ、魔王・村尾・森伊蔵の3銘柄は、そういったプレミア価格でも買うに値するのでしょうか?
「さすがに高すぎる」「不当な価格だ」と思っている人も中にはいるかもしれません。

本記事ではこの問題について、筆者の見解をご紹介していきます。

スポンサーリンク

ネットでは未だに1万円以上で取引されることも

魔王・村尾・森伊蔵の3M銘柄といえば、焼酎を知らない人でもその名は聞いたことがあるほど知名度と人気が高い銘柄。
需要に対して圧倒的に供給量が足りていないため、ほとんどプレミア価格でしか購入できないのが現状で、その価格は、例えばネット通販だと魔王・村尾が一升瓶で1万円前後、森伊蔵に至っては2万円以上で取引されています。

もちろんこれら3銘柄は、特段高級な造りをしているわけではなく、こだわりはあるにしても他の芋焼酎とそれほど明確な違いはありません。
本来の定価も、一升瓶で3,000円前後と他の芋焼酎と変わりはありません。にも関わらず、圧倒的な人気により3倍〜6倍以上もの値がついてしまっているのです。

それでも、人気が高い焼酎だけに売れているのがすごいところです。

たしかに美味しい焼酎なのだが…

結局、魔王・村尾・森伊蔵が定価以上の価格でも売れるのは、「すごい焼酎」「レアな焼酎」というブランドイメージが、定価の何倍もの価格をある意味「当然の価格」にしているからでしょう。
価格分の価値を見出す人がいるからこそ、どんどん売れていくのだと思います。
筆者としても、圧倒的なブランドイメージを踏まえると、プレミア価格分の価値はあると思っています。

それから一番肝心なポイントですが、本質的に良くないものが人気を集めることは不可能なワケで、やはり魔王・村尾・森伊蔵の3銘柄は美味しいです

その点、飲食店や酒販店などが定価以上の価格でもこれら3銘柄を仕入れるのは、やり方としてアリでしょう。(たとえ価格が高くても喜ぶお客さんがいるという点で)
また、一般の人でも、実際に味わったことがあり味に惚れ込んでいる人なら、定価以上のプレミア価格でも買う値するのでしょう。

ただし、まだ味わったことがない人なら、飲食店で一杯だけ飲んでみるほうが良いと筆者は思います。(他のメニューに比べて高めな値段設定になっていることが多いですが、扱っている飲食店は意外と多くあります)
なぜなら(飲むまでの「所有している」という満足感はあるにしても)最終的な満足感は味によって決まるワケで、味覚は人それぞれな上もし好みに合わなければ、ただ単に高い焼酎となってしまうからです。

スポンサーリンク

まとめ…定価以上での購入は買うに値する人・そうでない人がいる

というわけで、筆者としては魔王・村尾・森伊蔵は定価以上の価格でも買うに値する人と、そうでない人がいると思っています。
初めての人には定価以上の価格での購入はリスクが高いと思います。
まずは飲食店で試してみることをオススメします。

ちなみに、これら3M銘柄のように、一部の人気の焼酎が定価の何倍もの価格で売り出される状況については賛否両論ありますが、このような例は焼酎に限った話ではありませんし、需給バランスで価格が左右されるのは経済学的に見れば当たり前だと筆者は思っています。
(一部の業者が儲けているという見方もありますが、サプライチェーン的に現状の店頭価格(プレミア価格)に至るまでにはいくつかの流通経路を挟んでいるように思います)

蔵元の想いとは違う様相になってしまっているという点では、やるせない問題かもしれませんが、やはり仕方のないことだと思います。

モノが良く、人気やブランド力が群を抜いているのは事実ですから。

スポンサーリンク
小針 真悟
著者:小針 真悟

LiquorPage運営者。様々な業態のバーテンダー経験からジンやウイスキー、日本酒や焼酎など幅広い知識を持つ。

関連記事

  1. 白麹の芋焼酎・30銘柄まとめ 白麹の芋焼酎【30銘柄】を基本情報や特徴とともにご紹介
  2. 個人的に好きな芋焼酎・麦焼酎 筆者が個人的に好きな「芋焼酎・麦焼酎」を8つ挙げてみる
  3. 糖蜜・廃糖蜜って何? ラムや甲類焼酎の原料となる「糖蜜」ってどんなもの?
  4. 白麹の芋焼酎・厳選6選 白麹の芋焼酎をリストアップ!オススメ銘柄厳選6選
  5. 麦焼酎「佐藤」 焼酎「佐藤」なら「麦」が高コスパでおすすめ!
  6. 黒麹の芋焼酎・28銘柄まとめ 黒麹の芋焼酎【28銘柄】を基本情報や特徴とともにご紹介
  7. 焼酎水割り・最適な割合とは 焼酎の飲み方講座【水割り編】焼酎の割合や作り方について
  8. 黒霧島?白霧島? 黒霧島に白霧島、なぜ焼酎は名前に色がつくのか?

新着記事

  1. craft sake week 2018レポート
  2. GINfest. TOKYO 2018
  3. リーデルから“純米酒用”の日本酒グラスが発売!
  4. 大人気ベルギービール、ヒューガルデン・ホワイトがリニューアル!特徴と魅力をご紹介
PAGE TOP