クラフトジンの流行にはウイスキーブームが関係している?

日本でもテレビや新聞でも取り上げられるようになり、ブームとなっているクラフトジン。
日本だけでなく世界的に大ブームとなっているのですが、そのブームの背景にはウイスキーが関係しているかもしれません。

本記事ではクラフトジンがここまで流行するに至った理由と、ウイスキーとの関連性について解説していきます。

クラフトジンとは
ジンはベースのスピリッツに、ハーブや果皮、スパイスなどの「ボタニカル」を数種加え蒸留させてできるスピリッツ。
ジュニパーベリーは必須だが、ボタニカルのレシピは各銘柄様々。度数は40〜50度が一般的。
クラフトジンは、ジンの中でも少量生産で(ボタニカルや製法など)強いこだわりのもと造られる個性的なジン。
【クラフトジンの基本について〜特徴と銘柄まとめ】
スポンサーリンク

ブームのキッカケ?ジンの銘柄数がここ数年で激増!

(左から)コーヴァル、ジークフリート、モンキー47はいずれもここ数年リリースされたジン

(左から)コーヴァル、ジークフリート、モンキー47はいずれも2010年以降リリースされたジン

近頃のクラフトジンブームの理由は、生産者が増えたことによる銘柄数が激増が関係しています。

これまでジンといえば、ビーフィーターやボンベイサファイア、タンカレーなど世界的に有名な銘柄はあるものの、ウイスキーなどと比べると出回っている銘柄数は少ない状況でした。
しかも、これらはカクテルに使用されることが一般的で、銘柄そのものにあまりスポットが当たらないというのが実情。

しかし、クラフトジンと呼ばれる少量生産のこだわりが詰まった個性派揃いのジンが、急激に増えたことで状況が変わったのです。
近年はSNSやネットの普及により、例えばこれまで専門的で嗜好性が高かったウイスキーやクラフトビールなどの情報が多くの方に行き届き、そしてこれらは世界的に大ブームとなっています。

こういった背景もあり、これまでとは一味違った個性的なジンが増えたことで、流行に敏感な人達の目にとまるようになったのでしょう。
そういった人達の目にとまれば、あとはSNSなどで自然と普及していくのは近年のあらゆるブームの鉄板ルートです。

ジンの銘柄数激増にはウイスキーブームが関係している?

ではなぜジンを手がける生産者が増えたのでしょうか?
これには先ほど挙げたウイスキーブームが関係しています。

実は近年急増したクラフトジンには、ウイスキーの生産者が手がける銘柄が少なくないのです。

例えばジンの本場イギリス産のクラフトジン「コッツウォルズ」や、アメリカ・シカゴのジン「コーヴァル」など、これらは新鋭のウイスキー蒸留所でもあります。
ウイスキーの世界的ブームを受けて、新設されたウイスキー蒸留所でクラフトジンが造られているというわけです。

ウイスキーは販売までに数年かかるがジンはすぐ販売できる

ウイスキーは樽で長期熟成させてようやく完成する

ウイスキーは樽で長期熟成させてようやく完成する

ではなぜ、新鋭のウイスキー生産者がジンを手がけるのか?
これにはウイスキー特有の事情が関係しています。
ウイスキーは樽での長期熟成が必要なお酒で、本場スコットランドなど多くの国では3年以上など熟成年数が定められています。
つまり、3年寝かせるまでウイスキーを売れないのです。
新鋭の蒸留所にとってこれは大きな課題となります。

一方ジンは、基本的にウイスキーのような長期熟成は必要なく、すぐに販売することができます。
要するに、ウイスキーを寝かせている間の収入源として、ジンは非常に有効なのです。

だからといって片手間的ではない

だからといってウイスキーの「ついで」というようなネガティブなものではありません。
元々はウイスキーに強いこだわりを持って、生産を手がける人達ですから、ジン造りにも強いこだわりを見せます。

例えば前述した「コーヴァル」は、原料の全てがオーガニックでそれらは契約農家から仕入れるという強いこだわりのジンですし、他のジンも、ユニークな製法やこれまで一般的ではなかったボタニカルを使用してみたりと、これぞクラフト(工芸品)と言えるようなものばかりです。

もちろんこのようにウイスキーの蒸留所が手がけるジンがほとんどというわけではありませんが、ウイスキーブームがクラフトジンのブームにも一役買っていることは間違いありません。

スポンサーリンク

まとめ 〜 ウイスキーブームによって個性派ジンが増えて流行した

このように、世界的なウイスキーブームが引き金となって誕生した新鋭メーカーが個性的なクラフトジンも手がけることで、銘柄数が急増し、流行に拍車をかけていたのです。

最後にざっくりまとめると…

  • SNSやネットの普及により、多くの人が洋酒を身近に感じているという背景が
  • ウイスキーブームで誕生した新鋭の生産者がジンも手がけることで銘柄数が急増
  • 個性的なクラフトジンが急増し流行が加速

もちろんクラフトジンの流行には、バーテンダーによるカクテルの進化によって個性的なジンへの需要が増したことなども関係していますが、ウイスキーブームとの関連性もかなり高いと言えるでしょう。

クラフトジンのファンがウイスキーファンである可能性が高いのも、この辺りの事情を反映しているのかもしれませんね。
それではこの辺で。

スポンサーリンク
小針 真悟
著者:小針 真悟

LiquorPage運営者。様々な業態のバーテンダー経験からジンやウイスキー、日本酒や焼酎など幅広い知識を持つ。

関連記事

  1. サントリー・ROKU GIN サントリーのクラフトジン「ROKU(ロク)」を徹底解説!
  2. ジン・ウォッカ・ラム・テキーラの違い ジン、ウォッカ、ラム、テキーラ…それぞれの違いとは?【簡単解説】…
  3. ニッカ・カフェジン ジャパニーズクラフトジン「ニッカ・カフェジン」を徹底解説!
  4. ジン・代表的なボタニカル ジンによく使用されるボタニカル20種まとめ
  5. 個性的なクラフトジン集 いかにもクラフト!ユニークな特徴を持つクラフトジン8選
  6. クラフトジン×クラフトビールのコラボイベント クラフトジン×クラフトビールのコラボイベントが12/16に神保町…
  7. ジンってどんなお酒? ジンとはどんなお酒?定義や特徴、種類など基本をざっくり解説
  8. クラフトジンで有名なお店・グッドミールズショップ クラフトジンで有名な「グッドミールズショップ」に行ってきた

新着記事

  1. craft sake week 2018レポート
  2. GINfest. TOKYO 2018
  3. リーデルから“純米酒用”の日本酒グラスが発売!
  4. 大人気ベルギービール、ヒューガルデン・ホワイトがリニューアル!特徴と魅力をご紹介
PAGE TOP