日本でも購入可!「アルコール度数が高すぎる」お酒8選

アルコール度数が高すぎるお酒たち

できれば飲みたくはないものの、アルコール度数が高いお酒って気になるもの。
いったい何度ぐらいのお酒があるんだろうか?などなど…
なかには怖いもの見たさに「飲んでみたい」なんて方もいるかもしれません。

そこで本記事では世界的にもアルコールが高い、というか高すぎるお酒をピックアップ。
「世界のアルコール度数が高いお酒ベスト8」のような記事はたくさんあるのですが、ほとんどが日本では扱っていないお酒ばかりであまりリアリティがないため、本記事では日本で購入できるお酒に絞りご紹介していきます。

本記事でご紹介するお酒はいずれも超高アルコール度数となっており、飲み方・楽しみ方を間違えると本当に危険です。
くれぐれも一気飲みなどはしないよう、節度をもって楽しみましょう。(飲酒は自己責任で)
スポンサーリンク

96度 / スピリタス

世界一アルコール度数が高いお酒として知られるスピリタス。(出典のあるデータが少ないため実際のところは不明)
このウォッカについてはご存じの方も多いと思います。もしくは飲んだことがあるという方も少なくないかもしれません。

96度というほぼ純正アルコールに近い度数で、そのまま飲むとシビレがすごく、高確率で記憶をなくす危険なお酒です。
あまりに度数が高いため、火気厳禁で飲酒の際は喫煙も禁じられています。想像以上に引火性が強いため注意が必要です。

ちなみにスピリタスの産地・ポーランドではそのまま飲まれることはほぼないそうです。
ではどうやって飲んでいるのかというと、水か何かで薄めて飲んだり、果実酒の元として使ったりするそうです。(日本でいうなら梅酒のベースみたいな感じでしょう)

そもそもなぜこんなアルコール度数が高いお酒を作ったのか?と気になる方も多いはず。
ウォッカの主産地であるロシアやポーランドは言わずと知れた極寒の地で、どうやら寒さをしのぐためにウォッカで体を温めるという習慣があったのだとか。(正式な文献ではなくロシア人から聞いた話)
スピリタスのような超がつく高アルコール度数になると、かなり保存が効くうえ、薄めることで汎用性も高くなります。
「世界一のアルコール度数」という悪名のようなイメージばかりが先行しますが、用途によっては重宝するお酒でもあるのですね。

75.5度 / ロンリコ151

ロンリコ151もスピリタスと並んで日本では有名な超高アルコールのお酒で、こちらはラムです。
151とは151プルーフの略で、このプルーフとはアメリカなどで使われるアルコールの単位。
その数値は日本で使われているアルコール度数を単純に2倍にしたもので、例えばこの151プルーフの場合、アルコール75.5度ということになります。(アメリカンプルーフの場合)
プルーフ(Proof)は海外のお酒でよくみる表記ですので、覚えておくと良いかもしれないですね。

ここで取り上げたのはロンリコ151ですが、他のラムにも151シリーズはしばしばみられます。(有名どころだとバカルディなど)
151のラムは「ジャックター」などカクテルにも使用されることから、バーではわりと高確率で置いています。
ちなみにこちらも火気厳禁です。

60度 / どなん・クバ巻(花酒)

どなんは与那国島で作られる泡盛の銘柄で、これは花酒と呼ばれるシリーズ(度数の関係で酒税法上は泡盛からは除外される)で、クバ巻のボトルがなんとも沖縄らしいですね。
アルコール度数は60度と超絶高いわけではないため、普通に味わって飲むことができます。(ウイスキーではこのレンジはよくありますし)

泡盛は日本固有のお酒の中では全体的に度数が高い方で、その飲みごたえや独特の旨味が魅力のお酒です。
60度と度数は高いですが、加水したりなどしっかり味わって飲みたいところ。

70度 / アブサン・グリーンツリー

アブサンといえば、その昔ヨーロッパで社会現象となり、危険と見なされ一時販売が禁じられたお酒。
ヨーロッパの文化史とも関わりがあるお酒で、ゴッホやピカソ、ゴーギャンなどの偉人らが愛したお酒として知られています。

大まかにはリキュールに分類されますが、その風味がかなり独特で、ニガヨモギやその他ハーブ類を漬け込んでできています。
水で割って飲むことが一般的で、若干の甘みも感じる複雑な味わいで、それほど度数が高いとは感じられないかもしれません。
風味は独特ですが好んで飲む人もいます。(筆者がまさに)

このグリーンツリーのアブサンは、日本で入手できるアブサンの中では比較的度数が高く、なおかつ安価で購入できる銘柄です。

アブサンについてはこちらの記事で詳しく解説しています。
キケンなお酒?偉人達を虜にしたアブサンの魅力とは?

89.9度 / ハプスブルグ・アブサン・エクストラストロング

上記のお酒同様こちらもアブサンなのですが、このハプスブルグのエクストラストロングは、数あるアブサンの中でも極めて度数が高い銘柄の一つ。
実はアブサンが銘柄によって度数がかなりバラつきがあり、概ね40〜70度前後といったところ。

この銘柄も筆者は飲んだことがありますが、90度も度数があるとは思えないアブサン特有の風味があります。
がしかし、飲んだその後の記憶が曖昧になっているため、やはり飲み方によっては危険なお酒であるということなのでしょう。(節度をもって楽しみましょう)

88度 / バルカン・176°・ウォッカ

その名のとおり、バルカン半島に位置するブルガリアで作られるウォッカ。
176°というのは前述したプルーフ表記で、したがってアルコール88度ということになります。

スピリタスが70回以上の蒸留で作られるのに対し、こちらは3回蒸留で作られているので原料の味わいが多少は残ります。
しかし度数がかなり高いことには変わりないため、飲み方には要注意です。もちろん火気厳禁です。

88度 / ドーバースピリッツ88・高濃度ウォッカ

ドーバー酒造という日本のメーカーが作る高アルコールウォッカ。
同社のお酒は製菓用としてもよく用いられるため、お酒好き以外の方でもご存じの方は多いかもしれません。

そのまま飲むというより、果実酒などに加えて長持ちさせるようにしたり(酒精強化)、果実酒のベースとしての使用が一般的のようです。

67度 / スタッグJr.

スタッグJr.とは、ジョージTスタッグという高級バーボンウイスキー銘柄の、価格を少し抑えたシリーズ。
とはいえジョージTスタッグはプレミアムバーボンの中でもかなり高額であることから、こちらのスタッグJr.も1万円以上とバーボンにしてはかなりの高額です。

度数が高いバーボンといえばブッカーズが有名(約63度)ですが、こちらはそれをさらに上回る67度。樽熟成後そのまま瓶詰めするため(通常は加水し度数調整)毎年の度数が変わってはきますが、いずれにせよかなりの度数を誇ります。
なお、かなり希少なバーボンでもあるため、度数に注目するのではなく「プレミアムバーボン」としてみていただきたいところ。(ここで取り上げておいてなんですが…)

スポンサーリンク

まとめ

上記8銘柄が、日本でも手に入るアルコール度数が高すぎるお酒です。
世界のアルコール度数が高いお酒ランキングなどと比べると、数字の上では見劣りしますがいずれにせよ超がつく高アルコール度数です。

ちなみに世界版はこちらでご覧になれます。(英語記事です)
10 Alcoholic Drinks So Strong They Can Knock Out The Manliest Of You

繰り返しになりますが、本記事でご紹介したお酒は一歩間違えると危険なお酒となりえます。
おそらくこのような記事をご覧になる方は、きっと好奇心旺盛な方でこのようなお酒を飲んでみたいと思ったかもしれません。
しかし、罰ゲームドリンクのノリで飲んだりは危険を伴いますので、節度をもって楽しみましょう。

それではこの辺で。
以上「日本でも購入可!アルコール度数が「高すぎる」お酒8選」でした。

スポンサーリンク
小針 真悟
著者:小針 真悟

LiquorPage運営者。様々な業態のバーテンダー経験からジンやウイスキー、日本酒や焼酎など幅広い知識を持つ。

関連記事

  1. 羽根つき焼きおにぎり専門店&バー「GAO」 羽根つき焼きおにぎり!?東京の焼きおにぎりバー「GAO」の魅力と…
  2. 2018 リカマンウイビアメッセ in KYOTO ウイスキー、クラフトビールが京都に集結!「リカマンウイビアメッセ…
  3. ジン-ポジウム・ジャパン2017 今ブームのお酒、ジンの大型イベント「ジン-ポジウム」が12/3に…
  4. RTS・自宅で簡単カクテル 自宅でカンタンにあのカクテルが?「RTS」のすすめ
  5. 赤ワイン、カラダに良い? 赤ワインは体の良い?ワインを健康面から考える
  6. お酒の適量とは? お酒の適量って一体どれぐらい?国が示す各酒類の適量をチェック
  7. イエーガーマイスター 実は売上世界一のリキュール?イエーガーマイスターの真実!
  8. 欧州ワイン・関税撤廃が決定 欧州ワインの関税撤廃決定!いつから安くなる?どれぐらい安くなる?…

新着記事

  1. craft sake week 2018レポート
  2. GINfest. TOKYO 2018
  3. リーデルから“純米酒用”の日本酒グラスが発売!
  4. 大人気ベルギービール、ヒューガルデン・ホワイトがリニューアル!特徴と魅力をご紹介
PAGE TOP