最先端のクラフトカクテルを気軽に楽しめる「東京カクテル7デイズ 2018」が5/18〜27に開催!

「東京カクテル7デイズ 2018」

「進化するクラフトカクテル」が体験できるイベント、「東京カクテル7デイズ」が今年も開催されます。
バー&カクテルファン向けのウェブサイト「Drink Planet(ドリンクプラネット)」が主催となり昨年よりスタートしており、最先端の独創性豊かなカクテルをカジュアルに楽しめるイベントとして話題になりました。

2年目の開催となる「東京カクテル7デイズ 2018」は、規模を拡大し、5/18(金)〜5/27(日)まで開催されます。(メイン会場は5/18〜5/20の3日間)
当記事ではこのイベントについてご紹介していきます。

バー好きの方や美味しいカクテルを飲みたい方は必見のイベントです。

スポンサーリンク

「東京カクテル7デイズ」とは?

クラフトなお酒が何かと注目される昨今、カクテルも進化し続けており、バーテンダーが趣向を凝らし、明確なコンセプトのもと造るクラフトカクテルに注目が集まっています。
また、そういったカクテルのイベントは世界各地で開催されるようになり、バーカルチャーやカクテルを気軽に楽しめるイベントとして人気となっています。

そういった背景があり、開催される「東京カクテル7デイズ 2018」は、まさにその「進化するクラフトカクテル」を気軽に楽しめるイベント。
メイン会場のエコファームCafé 632(原宿)では、8ブランドのポップアップバーが登場し、チケットさえ購入すればこれらのブランドを使用したクラフトカクテル8つをタダで堪能できます。
さらに東京のトップバー66店舗が参画しており、各店舗で提供される特製カクテルを含めると、計246種類もの最先端クラフトカクテルを提供されます。
開催期間中は、カクテルパスポート(チケットと交換できるもの)を片手に、都内トップバーを気軽にハシゴでき、時代の潮流に乗ったバーテンダーが創作した様々なカクテルを特別価格の1,000円で体験が可能。

他のイベントやフェスとは一味違う、カジュアルながらも本格的な新しいスタイルのカクテルの祭典です。

イベントのポイント・メリットは?

「東京カクテル7デイズ 2018」では、メイン会場と参画するバーとでは提供されるコンテンツと享受できるメリットが異なります。

メイン会場では…

メイン会場では、購入したチケットをカクテルパスポートと交換すれば、バカルディやグレンモーレンジィ、ヘンドリックスなど8つのブランドによる8つのクラフトカクテルを無料で体験できます。
これらの含め計16以上のカクテルが提供され(一部有料)、さらに各ブランドのミニセミナーも開催されます。

バーでは…

参画している都内66のバーがとにかく豪華。ベンフィディックやミクソロジー・エクスペリエンス、TRUNK(HOTEL)、サンフェイスなど、時代の潮流に乗ったバーテンダーが在籍する有名バーばかりです。
カクテルパスポートをお持ちなら、これらのバーでイベント特製カクテルを特別価格の1,000円で体験できます。
さらにカクテルパスポートには、これらのバーで使用できるカクテル1杯無料チケットがついています。

Ben Fiddich(新宿)

Ben Fiddich(新宿) ©︎株式会社セロリ

Pavillion(中目黒)

Pavillion(中目黒) ©︎株式会社セロリ

石の華(渋谷)

石の華(渋谷) ©︎株式会社セロリ

上記に関連する詳しい情報やチケットの購入方法は公式サイトから。
https://cocktailbar.jp/7days
スポンサーリンク

「東京カクテル7デイズ 2018」概要

■ 東京カクテル7デイズ 公式サイト
https://cocktailbar.jp/7days
■ 開催場所:
1) Village(メイン会場) 『エコファームCafé 632』 東京都渋谷区神宮前6-32-10
2018年5月18日(金)~20日(日) 3日間限定 16:00~21:30まで
*カクテルパスポート交換場所
*ポップアップバーでブランドカクテル無料テイスティング
*セミナー/カクテルマルシェ体験

2) バーホッピング対象都内66店舗
2018年5月18日(金)~27日(日)
渋谷、恵比寿、新宿、六本木、池袋、などを中心としたバー&レストラン ホテルバーなど

■ 参加カクテルパスポート価格:前売り 3,800円(税込)/当日券 4,500円(税込)

スポンサーリンク
小針 真悟
著者:小針 真悟

LiquorPage運営者。様々な業態のバーテンダー経験からジンやウイスキー、日本酒や焼酎など幅広い知識を持つ。

関連記事

  1. 羽根つき焼きおにぎり専門店&バー「GAO」 羽根つき焼きおにぎり!?東京の焼きおにぎりバー「GAO」の魅力と…
  2. リカーマウンテン・銀座777 約1000種のウイスキー・スピリッツが試飲可!酒専門店「銀座77…
  3. アルコール度数が高すぎるお酒たち 日本でも購入可!「アルコール度数が高すぎる」お酒8選
  4. クラフトジンで有名なお店・グッドミールズショップ クラフトジンで有名な「グッドミールズショップ」に行ってきた
  5. ルイヴィトン系酒類メーカー「MHD」とは? ルイヴィトン系の酒類メーカー「モエ・ヘネシー・ディアジオ(MHD…
  6. 東京インターナショナル・バーショー2018 洋酒好きなら誰でも楽しめる!「東京インターナショナル・バーショー…
  7. テキーラカクテル バーで飲みたい「テキーラ」を使った代表的なカクテル8選!
  8. トニックウォーターとは? ジュースとして飲める!トニックウォーターとはどんな飲み物?

おすすめ記事

ジンの“定義”をシンプルかつ丁寧に解説 ジンの“定義”をシンプルかつ丁寧に解説!実はジンは3つに分類される…

クラフトジンの世界的ブームに加え、日本産の銘柄も多く登場し活況を迎えているジン業界。しかしジンは…

テキーラの“定義”をシンプルかつ丁寧に解説!実は厳しい決まりが…

陽気なイメージを強く抱かせ、どこか“自由”な雰囲気を漂わせるテキーラ。しかし実はそのイメージとは…

ジンとはどんなお酒? ジンとはどんなお酒?誰でも分かるようにシンプル&丁寧に解説してみた

近年世界的なブームを発端に、日本でもブームの波が押し寄せているジン。今大注目のお酒ではあるのです…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP