最先端のクラフトカクテルを気軽に楽しめる「東京カクテル7デイズ 2018」が5/18〜27に開催!

「東京カクテル7デイズ 2018」

「進化するクラフトカクテル」が体験できるイベント、「東京カクテル7デイズ」が今年も開催されます。
バー&カクテルファン向けのウェブサイト「Drink Planet(ドリンクプラネット)」が主催となり昨年よりスタートしており、最先端の独創性豊かなカクテルをカジュアルに楽しめるイベントとして話題になりました。

2年目の開催となる「東京カクテル7デイズ 2018」は、規模を拡大し、5/18(金)〜5/27(日)まで開催されます。(メイン会場は5/18〜5/20の3日間)
当記事ではこのイベントについてご紹介していきます。

バー好きの方や美味しいカクテルを飲みたい方は必見のイベントです。

スポンサーリンク

「東京カクテル7デイズ」とは?

クラフトなお酒が何かと注目される昨今、カクテルも進化し続けており、バーテンダーが趣向を凝らし、明確なコンセプトのもと造るクラフトカクテルに注目が集まっています。
また、そういったカクテルのイベントは世界各地で開催されるようになり、バーカルチャーやカクテルを気軽に楽しめるイベントとして人気となっています。

そういった背景があり、開催される「東京カクテル7デイズ 2018」は、まさにその「進化するクラフトカクテル」を気軽に楽しめるイベント。
メイン会場のエコファームCafé 632(原宿)では、8ブランドのポップアップバーが登場し、チケットさえ購入すればこれらのブランドを使用したクラフトカクテル8つをタダで堪能できます。
さらに東京のトップバー66店舗が参画しており、各店舗で提供される特製カクテルを含めると、計246種類もの最先端クラフトカクテルを提供されます。
開催期間中は、カクテルパスポート(チケットと交換できるもの)を片手に、都内トップバーを気軽にハシゴでき、時代の潮流に乗ったバーテンダーが創作した様々なカクテルを特別価格の1,000円で体験が可能。

他のイベントやフェスとは一味違う、カジュアルながらも本格的な新しいスタイルのカクテルの祭典です。

イベントのポイント・メリットは?

「東京カクテル7デイズ 2018」では、メイン会場と参画するバーとでは提供されるコンテンツと享受できるメリットが異なります。

メイン会場では…

メイン会場では、購入したチケットをカクテルパスポートと交換すれば、バカルディやグレンモーレンジィ、ヘンドリックスなど8つのブランドによる8つのクラフトカクテルを無料で体験できます。
これらの含め計16以上のカクテルが提供され(一部有料)、さらに各ブランドのミニセミナーも開催されます。

バーでは…

参画している都内66のバーがとにかく豪華。ベンフィディックやミクソロジー・エクスペリエンス、TRUNK(HOTEL)、サンフェイスなど、時代の潮流に乗ったバーテンダーが在籍する有名バーばかりです。
カクテルパスポートをお持ちなら、これらのバーでイベント特製カクテルを特別価格の1,000円で体験できます。
さらにカクテルパスポートには、これらのバーで使用できるカクテル1杯無料チケットがついています。

Ben Fiddich(新宿)

Ben Fiddich(新宿) ©︎株式会社セロリ

Pavillion(中目黒)

Pavillion(中目黒) ©︎株式会社セロリ

石の華(渋谷)

石の華(渋谷) ©︎株式会社セロリ

上記に関連する詳しい情報やチケットの購入方法は公式サイトから。
https://cocktailbar.jp/7days
スポンサーリンク

「東京カクテル7デイズ 2018」概要

■ 東京カクテル7デイズ 公式サイト
https://cocktailbar.jp/7days
■ 開催場所:
1) Village(メイン会場) 『エコファームCafé 632』 東京都渋谷区神宮前6-32-10
2018年5月18日(金)~20日(日) 3日間限定 16:00~21:30まで
*カクテルパスポート交換場所
*ポップアップバーでブランドカクテル無料テイスティング
*セミナー/カクテルマルシェ体験

2) バーホッピング対象都内66店舗
2018年5月18日(金)~27日(日)
渋谷、恵比寿、新宿、六本木、池袋、などを中心としたバー&レストラン ホテルバーなど

■ 参加カクテルパスポート価格:前売り 3,800円(税込)/当日券 4,500円(税込)

スポンサーリンク
小針 真悟
著者:小針 真悟

[LiquorPageオーナー / GINfest.TOKYO運営メンバー] 豊富な現場経験や長年のお酒愛によって、ジンを筆頭にあらゆるお酒の知識を持つ。

関連記事

  1. 二日酔い対策 二日酔い癖がある筆者が二日酔い防止のため行なっている対策
  2. ジントニックとモスコミュールのレシピ ジントニックとモスコミュールの作り方や材料は?
  3. 単式蒸留と連続式蒸留 単式蒸留と連続式蒸留の違いとは?初心者向けに簡単解説!
  4. カクテルで時を超える…ミッドタウン日比谷にポップアップバー「TASTE OF TIME 」が登場! カクテルで時を超える…ミッドタウン日比谷にポップアップバー「TA…
  5. RTDとRTS、その意味とは 知っておくと役立つかも?RTD・RTSという単語の意味とは
  6. https://www.instagram.com/bacardijapan/i パーティー好き必見!バカルディ・ラムの“ハイエナジー居酒屋”が渋…
  7. 「日本酒は太らない」は本当? 日本酒は高カロリーだけど太らない、は本当?他のお酒と比較
  8. チューハイが値上げ? 缶チューハイも値上げ?酒税法改正で今後値段が変わる?

おすすめ記事

カクテルで時を超える…ミッドタウン日比谷にポップアップバー「TASTE OF TIME 」が登場! カクテルで時を超える…ミッドタウン日比谷にポップアップバー「TASTE OF TIME 」が登場!

クラフトビールやクラフトジンなど、何かと“クラフト”が重要なテーマとなりつつある昨今。実はカクテ…

最高の雰囲気でテキーラを楽しめる!「テキーラの日」2108 Celebration Partyが7/21に開催! 最高の雰囲気でテキーラを楽しめる!「テキーラの日」2018 Celebration Partyが7/21に開催!

日本でもようやく「おいしいお酒」として認知され始めてきているテキーラ。それに伴いテキーラにまつわ…

注目のメスカル“ブエンスセソ”のプロデューサーに聞く「メスカルの今 注目のメスカル“ブエンスセソ”のプロデューサーに聞く「メスカルの今」

本国メキシコやアメリカでのブームを皮切りに、日本でも少しずつ認知が高まってきているメスカル。輸入…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP