ルイヴィトン系の酒類メーカー「モエ・ヘネシー・ディアジオ(MHD)」とは?

ルイヴィトン系酒類メーカー「MHD」とは?

みなさんもよくご存知、あの「ルイヴィトングループ」が実はお酒も売っていることはご存知でしょうか?
しかも、誰もが知る超人気銘柄や高級酒を扱っています。

そこで本記事では、ルイヴィトングループの酒類メーカー「モエ・ヘネシー・ディアジオ(MHD)」についてご紹介していきます。
後半では、扱っている商品ラインナップについても解説。

スポンサーリンク

モエ・ヘネシー・ディアジオとは?

モエ・ヘネシー・ディアジオは、モエ・ヘネシー・ルイヴィトン(LVMH、仏)とディアジオ(英)による日本市場向けの合弁会社で、ワイン、スピリッツを扱う酒類メーカーです。

モエ・ヘネシー・ルイヴィトン(LVMH)は、ご存知ルイヴィトンやディオール、ジバンシイ、セリーヌなど多くの高級ファッションブランドの他に、高級ワイン・シャンパンなどを扱う会社です。
ディアジオ社は、世界シェアNO.1の超巨大蒸留酒メーカーです。(2016年3月時点、ディアジオ社IRより)

高級ワイン・シャンパンが強みのモエ・ヘネシー社と、ウイスキーやスピリッツが強みのディアジオ社、この2社の合弁会社とだけあって扱っている商品ラインナップは豪華絢爛です。

誰もが知るあのラグジュアリーなシャンパンやウイスキーも、実はモエ・ヘネシー・ディアジオの商品です。
詳しくは後述します。

ルイヴィトン系だけあってボトルデザインがラグジュアリーでおしゃれ

さすがはルイヴィトン系とだけあって、ボトルデザインがとてもおしゃれです。
ラグジュアリー感溢れるデザインで、飾っているだけでも存在感があります。

例えばシャンパンの「ヴーヴ・クリコ」はラインナップの一つなのですが、ロゴと色合いが洗練されていて、まるでルイヴィトンなどの高級ブランドのようなボトルデザインです。
ウイスキーの「グレンモーレンジィ」は、ウイスキーらしからぬモダンなデザインで、ボトルの曲線が美しくラベルも洗練されていてゴージャス感があります。

いずれのボトルも、良い意味でお酒らしさを感じない、高級ファッションブランドのようなデザインです。
飲み干して空になったボトルでも、捨てずに飾っていたくなります。

モエ・ヘネシー・ディアジオのラインナップ

モエ・ヘネシー・ディアジオで扱ってる主な商品ラインナップです。

※価格帯はAmazonを参考

ドンペリニョン

【シャンパン】
【価格帯:約14,000円〜】

言わずと知れたラグジュアリーシャンパンです。
ロゼ(通称ピンドン)などが日本では有名ですが、他にもエノテーク(黒)やレゼルブ・ド・ラベイ(ゴールド)があります。

モエ・エ・シャンドン

【シャンパン】
【価格帯:約4,200円〜】

ドンペリと並ぶモエ・ヘネシーの看板商品です。
意外と価格は安く、自分で買うぶんには4,000円台で買えます。

ヴーヴ・クリコ

【シャンパン】
【価格帯:約4,800円〜】

前述のとおり、ラベルの色やデザイン性の高さが目を惹くシャンパンです。
かなり飲みやすい味になっているので、シャンパン初心者の方でも楽しめそうです。

クリュッグ

【シャンパン】
【価格帯:約16,000円〜】

ドンペリのさらに上をゆく高級シャンパンです。
よりグレードの高いシリーズともなると、なんと50万円前後にもなります。(クロ・ダンボネ)

ヘネシー

【ブランデー】
【価格帯:約3,000円〜】

ブランデーはよく知らないけどヘネシーなら知っている、という方も多いのでは?
世界的に知名度が高いラグジュアリーブランデーです。

グレンモーレンジィ

【スコッチ(シングルモルト)】
【価格帯:約3,200円〜】

前述のように、ボトルデザインが非常におしゃれなシングルモルト・ウイスキーです。
数多くのシリーズを出していて、味わいは様々ですが、基本的には飲みやすくウイスキー初心者でも楽しめそうです。

アードベッグ

【スコッチ(シングルモルト)】
【価格帯:約4,300円〜】

緑色の重厚なボトルが目を惹くシングルモルト・ウイスキーです。
味わいが非常にパワフルで、正露丸のような香りがする個性的なウイスキーなのですが、とてもファンが多い銘柄です。

タリスカー

【スコッチ(シングルモルト)】
【価格帯:約3,600円〜】

アードベッグ同様に、個性的ですがファンが多いシングルモルト・ウイスキーです。
スモーキーでちょっぴりスパイシーな味わいで、ハイボールにもぴったりです。

ジョニーウォーカー

【スコッチ(ブレンデッド)】
【価格帯:約4,300円〜】

ジョニ黒やジョニ赤で有名なジョニーウォーカーは世界で一番売れているスコッチ銘柄です。(2016年6月時点、millionairesより)
ですが、モエ・ヘネシー・ディアジオでの取り扱いは、スウィングやブルーラベルなど高級シリーズに限られるようです。

ロンサカパ

【ラム】
【価格帯:約4,500円〜】

カクテルに使用せず、そのまま飲むラムとして非常に人気が高い銘柄です。
23年という熟成年数の原酒を中心にブレンドされた贅沢なラムながら、4,000円台で買えてしまうコスパの良さが魅力です。
ボトルは近年リニューアルし、さらにおしゃれなデザインになりました。

ベルヴェデール

【ウォッカ】
【価格帯:約3,800円〜】

細長い半透明のボトルに、宮殿の絵が描かれた、高級感あふれるボトルデザインが特徴のプレミアム・ウォッカです。
ウォッカながら、そのまま飲んでもおいしい銘柄です。

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか?
さすがはルイヴィトン系とだけあって、商品ラインナップも豪華なものばかりでしたね。

とりわけシャンパンに関しては、ブランド力が素晴らしく、お酒が好きな方でなくとも憧れるものばかりです。
とはいえブランド力だけでなく、もちろん味や品質も素晴らしいです。
それが人気に反映されているのでしょうね。

それではこの辺で。
以上、「あのルイヴィトングループの酒類メーカー「MHD」とは?」でした。

スポンサーリンク
小針 真悟
著者:小針 真悟

[LiquorPageオーナー / GINfest.TOKYO運営メンバー] 豊富な現場経験や長年のお酒愛によって、ジンを筆頭にあらゆるお酒の知識を持つ。

関連記事

  1. コール度数が高い=飲みにくいお酒」は誤解…本当は飲みやすいお酒? 「アルコール度数が高い=飲みにくいお酒」は誤解…本当は飲みやすい…
  2. 家飲みで知る お酒を知りたいならバーに行くより「家飲み」がおすすめ!
  3. 二日酔い対策に水が効くのは本当? 二日酔い対策で「水を飲む」は本当に効果があるのか?
  4. RTDとRTS、その意味とは 知っておくと役立つかも?RTD・RTSという単語の意味とは
  5. クラフトジンで有名なお店・グッドミールズショップ クラフトジンで有名な「グッドミールズショップ」に行ってきた
  6. トニックウォーターとは? ジュースとして飲める!トニックウォーターとはどんな飲み物?
  7. 酒で人生が変わってしまった男が語る「酒が危険である4つの理由」 酒で人生が変わってしまった男が語る「酒が危険な4つの理由」
  8. クラフトスピリッツ ウイスキー、ジン、アブサンなど…あらゆるクラフトスピリッツが載る…

新着記事

  1. ピーチパインを使用したトロピカルな沖縄産ジン「ORI-GiN 1848」が発売!
  2. 「AGAVE LOVE × TEQUILA FESTA in TOKYO」レポート&写真ギャラリー
  3. 写真で振り返る「AGAVE LOVE × TEQUILA FESTA」オープニングパーティー@六本木AGAVE
  4. 初の二日間開催!国内最大級の祭典「Whisky Festival in 東京」が11/24-25に開催!
PAGE TOP