ワインの名前でよくみる「シャトー」とはどんな意味?

「シャトー」の意味

「シャトー・マルゴー」
「シャトー・ムートン・ロートシルト」
のようにワインの銘柄名は「シャトー」から始まるものが多いですよね?

飲食店のワインメニューにも、シャトー〇〇など、よく載っています。

この、シャトーとはどういった意味なのでしょうか?

この疑問について、本記事では、ワイン初心者の方でも分かりやすいように解説していきます。

スポンサーリンク

銘柄名にシャトーがつくのは主にボルドー産のワイン

まず初めに…
銘柄名の先頭に「シャトー」がつくワインは、ほとんどがフランスのボルドー地方で作られたワインです。
ボルドー以外の地域で作られたワインにつくこともありますが、どのみちフランスのワインです。
それ以外の国のワインに「シャトー」がつくことは、ほぼありません。

なので、銘柄名が「シャトー」から始めるワインだったら、フランスのワインで、さらに高確率でボルドー産のワイン、と思ってください。

シャトーとはどんな意味?

では「シャトー」にはどんな意味があるのか?

簡単にいうと、生産者を表しています。

例えば「シャトー・マルゴー」なら、マルゴーという生産者(醸造所、ワイナリー)が作っているワインということですね。
生産者名がそのまま銘柄名になっているわけです。

そもそもシャトー(Chateau)とは、フランス語で「お城、館」を意味する言葉です。
長い歴史をもつボルドーの生産者は、まるでお城のような立派な建物でワインを作っていたことから、その名を用いるようになったとされています。
ボルドーの醸造所は、大富豪や貴族などの大きな資本家が所有することが多かったのですね。
そのため立派な建物を醸造所とすることができたのです。

このシャトーを、日本で例えるなら「酒蔵」のイメージですね。

そのため、よく「このシャトーが作るワインは〜」などと言ったりもします。
意味は「この酒蔵が作るワインは〜」です。

ちなみに、シャトーはよくCHと略して表記されます。
スペルがChateauなので、先頭2文字とってCHと略しているのですね。
ワインはただでさえ、銘柄名が長くなりがちですからね。

シャトーが作る全てのワインに「シャトー」がつく訳ではない

シャトー(生産者)が作るワイン全てに「シャトー」の名がつく訳ではありません。
作られたワインのうち、最も品質の高いワインに「シャトー」の名をつけ主力として売り出します。
このワインは、ファーストラベルとも呼ばれます。

このファーストラベルには至らない品質のワインは、セカンドラベルと呼ばれます。
品質が至らないとはいっても、粗悪品なわけではなく、そのシャトーらしさがしっかり反映されたワインです。
そして中には、さらにレベルを分けて、サードラベルなるワインを作っているシャトーもあります。

このセカンドラベル以降には、シャトーの名がつかないことが多いです。

例えば、
シャトー・ラトゥールのセカンドラベルなら
「レ・フォール・ド・ラトゥール」です。

シャトー・ムートン・ロートシルトのセカンドラベルなら
「ル・プティ・ムートン・ド・ムートン・ロートシルト」
となります。

つまり、銘柄名が「シャトー」から始まるワインだったら、そのシャトーの主力商品と見ていいわけです。

ちなみに、日本の焼酎でもセカンドラベル的なものは存在し、それらはレギュラー酒と呼ばれて主力商品と区別されています。

スポンサーリンク

まとめ

ここまでお分かりいただけたでしょうか?
シャトーの意味は意外とシンプルでしたね。

ざっくりまとめると…
シャトーは生産者や醸造所を表し、
シャトーマルゴーなら、マルゴーという生産者のワイン
ということです。

それからシャトーがつくのは、ほとんどボルドーワインだということも忘れずに。

それではこの辺で。
以上、「ワインの名前でよくみる「シャトー」とはどんな意味があるのか?」でした。

スポンサーリンク
小針 真悟
著者:小針 真悟

LiquorPage運営者。様々な業態のバーテンダー経験からジンやウイスキー、日本酒や焼酎など幅広い知識を持つ。

関連記事

  1. フルボディの意味 ワインのフルボディとかミディアムボディってどういう意味?
  2. チリワイン・カベルネ チリワイン・コスパ重視のおすすめ5選【チリカベ編】
  3. 欧州ワインが安くなる? 関税撤廃でフランスやイタリアなど欧州ワインが安くなる?
  4. ブルゴーニュワイン 〜 ドメーヌとネゴシアンの違いとは
  5. シャンパンを飲む前に シャンパンを飲む前にこれだけは知っておきたい基本のこと
  6. ボジョレーヌーボーとは ボジョレーヌーボーの意味とは?普通のワインと何が違う?
  7. シャンパン以外のスパークリングワイン シャンパンだけじゃない!カヴァなど高品質スパークリングワインまと…
  8. ロマネコンティ、高額な理由 ロマネコンティはなぜあんなに値段が高いのか?【2017年版】

おすすめ記事

京都産クラフトジン“季の美”の世界観を堪能できる“町家バー”を体験 京都産クラフトジン“季の美”の世界観を堪能できる“町家バー”を体験してきた!

京都らしさにこだわった話題のクラフトジン、季の美。その世界観が表現された“町家バー”が、5/12…

来場者3500人の大盛況!写真で振り返る「GINfest.TOKYO 2018」 来場者3500人の大盛況!写真で振り返る「GINfest.TOKYO 2018」

世界的なブームに後押しされ、日本でも盛り上がりつつあるお酒、ジン。そのジンの大規模イベントであり…

写真多数掲載!東京インターナショナル・バーショー2018〜レポート

ここ数年、今まで決してメジャーではなかったお酒にも注目が集まるようになり、大小さまざまなイベントが開…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP