ウイスキー世界売り上げランキングTOP20

スポンサーリンク

5. ロイヤル・スタッグ

【Royal Stag】
カテゴリー:インディアン・ウイスキー(インド)
所有企業:ペルノ・リカール
売り上げ:約1,730万ケース

ロイヤル・スタッグは、インディアン・ウイスキーの中では比較的価格の高いプレミアムカテゴリーに入る銘柄。
糖類などのアルコールの使用が許されているインドにおいて、初めてこれらを使用しないで造られたウイスキーです。(公式サイトより)
所有するペルノ・リカールはフランスの蒸留酒メーカーで、ディアジオに次ぐ規模を誇ります。

4. インペリアル・ブルー

【Imperial Blue】
カテゴリー:インディアン・ウイスキー(インド)
所有企業:ペルノ・リカール
売り上げ:約1,750万ケース

インペリアル・ブルーもペルノ・リカールが所有するインディアン・ウイスキーで、こちらもインド国内ではプレミアムカテゴリーに入ります。
驚異的な成長を見せていて、2011年は約710万ケースだったにも関わらず、4年で1,000万ケース近く売り上げを伸ばしたことになります。
現在ペルノ・リカールが所有するブランドの中で、最も大きな売り上げを誇る銘柄です。

3. ジョニー・ウォーカー

【Johnnie Walker】
カテゴリー:スコッチ・ウイスキー(スコットランド)
所有企業:ディアジオ
売り上げ:約1,880万ケース

日本でも圧倒的な知名度を誇るジョニー・ウォーカーは、「よく世界一売れているウイスキー」と言われますが、実際には3位という結果でした。
スコッチカテゴリーの中でも文句なしの1位なので「世界一売れているスコッチ」ということになります。
ブラジルや東南アジア(特にタイ)などが主要なマーケットになっている分、これらの国の経済成長の鈍化が売り上げに影響し、近年は伸び悩んでいます。
なお日本での販売は、同銘柄の赤と黒(通称ジョニ赤、ジョニ黒)はキリンが行い、それ以上の高級シリーズ(ブルーラベルなど)は、モエヘネシー・ディアジオ(MHD)が行なっています。

2. マクダウェルズ

【McDowell’s No.1】
カテゴリー:インディアン・ウイスキー(インド)
所有企業:ユナイテッド・スピリッツ(ディアジオ)
売り上げ:約2,490万ケース

ジョニー・ウォーカーを上回り2位にランクインしたのは、またもインドのウイスキー。
マクダウェルズは、ディアジオの子会社でインドの巨大酒類メーカー「ユナイテッド・スピリッツ」の主力ブランドです。
その名は、創業者のアンガス・マクダウェルズにちなんでおり、ウイスキーの他にラム、ブランデーがあります。
なおこちらの銘柄は、インドのウイスキーには珍しく日本でもAmazonなどで購入ができます。
(いずれも個人輸入と思われます)

1. オフィサーズ・チョイス

【Officer’s Choice】
カテゴリー:インディアン・ウイスキー(インド)
所有企業:アライド・ブレンダーズ&ディスティラリーズ(印)
売り上げ:約3,470万ケース

ダントツで1位に輝き「世界で最も売れているウイスキー」の称号を手にしたのはインドのウイスキー「オフィサーズ・チョイス」
約3,470万ケースという驚異的な売り上げを誇るこの銘柄は、ウォッカやラムなども含む全蒸留酒の中でも2位にランクインしています。
通常シリーズの他にプレミアム版のブルーとブラックがあり、公式サイトによれば特にブルーは近年売り上げを伸ばしており、銘柄全体の成長要因となっています。
これらのウイスキーは、スコットランド産のモルトウイスキーとインド産のグレーンウイスキーをブレンドして造られています。(インドのウイスキーほとんどがそうして造られる)
なお現在、日本での販売はありません。

スポンサーリンク

まとめ

2015年の売り上げランキングのトップに輝いたのはインドのウイスキー。
その他でもインド勢の強さが目立ち、12銘柄がランクインするという結果になりました。
メーカーではディアジオとペルノ・リカールの圧倒的な強さを見せています。

なお、日本では人気があるシングルモルトですが、世界的にはまだまだ市場が小さいのが現状で、どの銘柄もランクインしませんでした。
(ちなみに2015年シングルモルトの中で最も売り上げているのはグレンリベットで、次いでグレンフィデックが二番目に売れています)

ちなみに日本が誇るウイスキー「角」は22位で、「ニッカ」は28位でした。
2銘柄とも高い成長率を見せているので、2016年版では順位が上がっているかもしれません。

2016年の年間売上ランキングが早くも楽しみなところ。
それでは以上、「ウイスキー世界売り上げランキングTOP20」でした。

LiquorPageが運営として参画するジンのイベントが開催されます!
国内外のジンが大集合!絶好のロケーションでジンを楽しめる「GINfest. TOKYO 2018」の開催が決定!
ページ:
1 2

3

スポンサーリンク
小針 真悟
著者:小針 真悟

[LiquorPageオーナー / GINfest.TOKYO運営メンバー] 豊富な現場経験や長年のお酒愛によって、ジンを筆頭にあらゆるお酒の知識を持つ。

関連記事

  1. 白州蒸留所見学レポート Part.2 白州蒸留所に行ってきた【場内BAR・他施設レポート】
  2. グレンモーレンジィ・アスター2017 あのアスターが復活!グレンモーレンジィ・アスター2017が限定発…
  3. Whisky Festival 2018 in大阪が6/3(日)に開催!国内最大級のウイスキーの祭典! Whisky Festival 2018 in大阪が6/3(日)…
  4. キャンベルタウンを知る シングルモルト入門〜「キャンベルタウン」を簡単解説!
  5. なぜウイスキーは樽熟成させるのか。 そもそもなぜウイスキーは樽で熟成させるのか?
  6. ハイボールにおすすめのシングルモルトまとめ ハイボールにおすすめのウイスキー銘柄8選【シングルモルト編】
  7. 秩父蒸溜所レポート!イチローズモルトは“魅力的な人たち”が造っていた 秩父蒸溜所レポート!イチローズモルトは“魅力的な人たち”が造って…
  8. ウイスキーの12年の意味 実は間違えやすい?ウイスキーの12年などの年数表記の意味

新着記事

  1. 日本のクラフトジンに焼酎や柚子などが使用されてるのはなぜ?そもそもアリ?
  2. 日本酒の酒蔵見学に行くなら要チェック!国税庁の酒蔵マップがかなり便利
  3. 日本酒をガチで学びたい方必見!書籍「日本酒の基」が本格的すぎる
  4. あのギタリストが魅了され、オーナーになったテキーラ「カサノブレ」
  5. シトラス香る豪州産プレミアムトニックウォーター「CAPI」の魅力に迫る
PAGE TOP