世界のワイン産地の特徴をざっくり説明【ヨーロッパ編】

ヨーロッパワインを知る

ワインと言えばフランス、イタリアが有名ですが、世界には他にもたくさんの産地があります。
産地によって、ワインの味わいや特徴はかなり変わるもの。

これら産地の基本情報や特徴について知っていただくためにも、ワインの産地を国別に分けてご紹介していきます。

本記事でご紹介する産地は、ヨーロッパの4カ国です。

  • フランス
  • イタリア
  • スペイン
  • ドイツ

これら4カ国の特徴について「ざっくりと」ご紹介していきます。

なお、アメリカ、オーストラリア、チリ、日本の新興国ワインについてはこちらの記事でご紹介しています。

スポンサーリンク

フランスのワイン

言わずと知れたワイン大国で、生産量も世界トップを誇ります。

五大シャトーやロマネ・コンティなど、高級ワインの多くはフランスのボルドーブルゴーニュで生産されています。
産地によって味わいや特徴は様々です。

主な産地

ボルドー、ブルゴーニュ、シャンパーニュ、ローヌ、他

主なブドウ品種

カベルネ・ソーヴィニヨン、ピノ・ノワール、メルロー、シャルドネ、ソーヴィニヨン・ブラン、他

特徴

ボルドー:濃厚でやや渋みがあり、複雑な味わいの赤ワインが多い。
ブルゴーニュ:濃すぎず華やかな赤ワインが多い。白ワインは味がしっかりしているものから、淡麗辛口のものまで様々。
ローヌ:やや果実味が濃いめで、ちょっぴりスパイシーな赤ワインが多い。
シャンパーニュ:シャンパンを作り出す地域、繊細な炭酸と複雑な辛口が特徴。

有名なワイン

  • 五大シャトー(シャトー(以下CH)・マルゴー、CHラフィット・ロートシルト、CHムートン・ロートシルト、CHラトゥール、CHオー・ブリオン)
  • ロマネ・コンティ
  • シャブリ
  • ムルソー
  • ジュヴレ・シャンベルタン
  • コート・デュ・ローヌ、他

イタリアのワイン

フランスと双璧をなすワイン大国で、こちらはワイン生産量世界2位です。

バローロやバルバレスコなどが有名な銘柄ですが、どちらかと言うとフランスよりは比較的安価なデイリーワインなども多く生産しています。
伝統的に、イタリア固有のブドウ品種を使用したワインが多く、味わいも様々です。

近年では、トスカーナ地方でフランス系のカベルネ・ソーヴィニヨンなどを使用したワインが人気と名声を高めていて、これらはスーパートスカーナと呼ばれています。

主な産地

トスカーナ州、ピエモンテ州、ヴェネト州、他

主なブドウ品種

ネッビオーロ、サンジョヴェーゼ、モンテプルチアーノ、ガルガーネガ、他

特徴

トスカーナ州:口当たりが良い赤ワインが多いが、スーパートスカーナはボルドーワインのように濃厚なワイン。
ピエモンテ州:バローロ、バルバレスコなど濃厚で華やかな赤ワインが有名。
ヴェネト州:ソアーヴェなど口当たりの良い程良い辛口の白ワインが有名。

有名なワイン

  • バローロ
  • バルバレスコ
  • キャンティ
  • ソアーヴェ
  • サッシカイア、他

スペインのワイン

生産量では世界3位ですが、ブドウの栽培面積では世界トップを誇ります。
従来的には、普通の赤白ワインより、シェリーと呼ばれる保存性と度数が高められたワイン(酒精強化ワイン)や、カヴァと呼ばれるスパークリングワインが有名です。
しかし近年は、赤ワインでも評価を高めていて、ウニコに加えてピングスなど高価なものも登場しています。

主な産地

リオハ地方、ヘレス地方、ペネデス地方、他

主なブドウ品種

テンプラニーニョ、ガルナッチャ、他

特徴

リオハ地方:熟成させてから出荷される赤ワインが多く、味わいはまろやかでコクがある。
ヘレス地方:シェリーの産地、シェリーはブドウの蒸留酒を添加して作られ、辛口なものから極甘口なものまで。
ペネデス地方:カヴァの産地、カヴァはシャンパンより甘め。他にも高コスパな赤ワインも。

有名なワイン

  • ウニコ
  • ピングス
  • トーレス・サングレ・デ・トロ
  • イゲルエラ
  • フレシネ・スパークリング、他

ドイツのワイン

ドイツワインと言えば、他の地域にはない甘口な白ワインが有名です。
寒冷地であるがゆえに、栽培できるブドウがほぼ白ブドウに限られ、成長が遅く糖分が高くなるため、甘口の白ワインができます。
より甘口であればあるほど高級になります。(最高等級であるトロッケンベーレンアウスレーゼともなると10万円を超える銘柄もでてきます)
アイスワインも有名です。

主な産地

モーゼル地方、ラインガウ地方、他

主なブドウ品種

リースリング、ゲヴェルツトラミネール、他

特徴

モーゼル地方:さわやかで酸味と甘みが程よい白ワインが多い。
ラインガウ地方:ドイツ最高のワイン産地、果実味が豊かな甘口白ワインが多い。

有名なワイン

  • エゴン・ミュラー(生産者)
  • クロスター・エバーバッハ(生産者)
  • ロバート・ヴァイル(生産者)
  • シュバルツェ・カッツ(生産者)
  • シュタインベルガー、他
スポンサーリンク

まとめ

ヨーロッパの各産地では、その国固有のブドウ品種を使用することも多く、タイプや味わいがはっきりと分かれます。
ワインの歴史が長いだけに、生産者が非常に多く、その分、銘柄や生産者などワインの当たりハズレが激しいとも言えます。

ヨーロッパの産地の中でも、特にフランスとイタリアのワインは王道であり、全ワインの基準にもなりえます。
なのでまず、この二国のワインから楽しんでいくのが良いかもしれませんね。

別記事にて、アメリカ、チリを含む新興国ワインの特徴をご紹介しています。
こちらもぜひご覧ください。

それではこの辺で。
以上、「世界のワイン産地の特徴をざっくり説明【ヨーロッパ編】」でした。

スポンサーリンク
小針 真悟
著者:小針 真悟

LiquorPage運営者。様々な業態のバーテンダー経験からジンやウイスキー、日本酒や焼酎など幅広い知識を持つ。

関連記事

  1. 新興国ワインを知る 世界のワイン産地の特徴をざっくり説明【新興国編】
  2. チリワイン・カベルネ チリワイン・コスパ重視のおすすめ5選【チリカベ編】
  3. ワンランク上のワイングラスメーカー 上質な家飲みワインのための…おすすめグラスメーカー厳選4選
  4. チリワイン 〜旨安の理由〜 コノスルやアルパカなど、チリワインがコスパ抜群なのはなぜか?
  5. 「シャトー」の意味 ワインの名前でよくみる「シャトー」とはどんな意味?
  6. ロマネコンティ、高額な理由 ロマネコンティはなぜあんなに値段が高いのか?【2017年版】
  7. キュヴェの意味とは ワイン・シャンパンでよく見る「キュヴェ(Cuvee)」の意味とは…
  8. ワインの値段の基準とは ワインの値段はほぼ〇〇〇の質で決まっている?

おすすめ記事

テキーラ好きはモテる? イメージ急上昇中?「テキーラ好き」はモテるのか!?体験談から語る

「一般的に「テキーラ好きの男はモテる」らしい。」日本テキーラ協会会長である林生馬氏は、自身の著書…

ジャパニーズクラフトジン・総まとめ ジャパニーズクラフトジン総まとめ!10銘柄を一挙ご紹介

世界的なブームに始まり、日本にもブームが到来しているクラフトジン。最近では日本産のクラフトジンも…

インスタ映えするクラフトジン集 インスタ映えするオシャレボトルの「クラフトジン」厳選8選

最近ブームとなっている「クラフトジン」とは、主に少量生産でユニークな製法や原料を使用するなど、こだわ…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP