よなよなエール公式ビアバル「YONA YONA BEER WORKS 歌舞伎町店」が4/13にオープン!

よなよなエール公式ビアバル「YONA YONA BEER WORKS 歌舞伎町店」が4/13にオープン!

海外でのブームを皮切りに、ここ日本でもクラフトビールがブームとなったことはよく知られています。
そんなクラフトビールブームの中にあって、おそらく最も日本で飲まれているであろうクラフトビールブランドの一つが「よなよなエール

ヤッホーブルーイングが手がけるこのビールブランドのうち、なんと10種以上もの銘柄がタップにて提供される公式店舗「YONA YONA BEER WORKS」の新店舗がオープンします。
7店舗目となる新店舗の場所は、新宿・歌舞伎町。4/13日(金)にオープンします。

立地の良さはさることながら、大人気のヤッホーブルーイングのクラフトビールが10種以上タップにて提供され、しかも店舗限定のビールも味わえるお店はとても貴重。(もちろんフードも充実)
ビアファン・よなよなファン必見です。

※以下、リリース資料より。

スポンサーリンク

2018年4月13日(金)、「YONA YONA BEER WORKS 歌舞伎町店」オープン!

2018年4月13日(金)、株式会社ワンダーテーブル(代表取締役社長 秋元巳智雄)は、東京・新宿駅東口から徒歩5分、西武新宿駅から徒歩1分のエリアに、「YONA YONA BEER WORKS」の7号店となる 『歌舞伎町店』をオープンします。
「YONA YONA BEER WORKS」は、ヤッホーブルーイングの最も多くの種類のクラフトビールを味わうことができる公式ビアバル・ビアレストランです。

©︎株式会社ワンダーテーブル

歌舞伎町店で、内装のシンボルになっているのは、12本のビールタップを囲む“木の年輪”をイメージした雲形のカウンター席。このカウンター席が店内に暖かい雰囲気を醸し出し、スタッフと対面しながら楽しめるビアバルらしいワクワクする空間を創り出しています。
メニューは、ヤッホーブルーイングのクラフトビールはもちろんのこと、フードの看板商品であるジューシーな福島県産伊達鶏のローストチキンと並ぶ人気メニューのオリジナルソーセージに新商品を投入!羊腸に粗挽きの豚肉をたっぷり詰めた無添加ソーセージで、調理法にもこだわってパリっとした食感をお楽しみいただけます。そして、アジアを代表する繁華街“歌舞伎町”とあって、世界から集まるお客様に対応すべく、13か国語に対応できるiPadメニューも用意しています。
東京を代表するエンタテイメント・エリアとして変貌を遂げる同エリアに、進化し続けるYONA YONA BEER WORKSの展開!進化のコラボレーションに、ぜひ、ご期待ください!

【YONA YONA BEER WORKS】

ヤッホーブルーイングのドラフトビールを最も多くの種類を味わうことができる、よなよなエール公式ビアバル・ビアレストランです。2013年10月17日赤坂見附に1号店をオープンし、神田、青山、吉祥寺、新宿、恵比寿、そして、今回の歌舞伎町店と7店舗を展開します。
※参考URL:http://yonayonabeerworks.com/

©︎株式会社ワンダーテーブル


©︎株式会社ワンダーテーブル


©︎株式会社ワンダーテーブル

■ビールコンセプト

©︎株式会社ワンダーテーブル

代表ブランドである「よなよなエール」をはじめ、「インドの青鬼」、「東京ブラック」、「水曜日のネコ」、「ハレの日仙人」など、ヤッホーブルーイングが現在製造しているクラフトビールを10種類以上楽しむ ことができます。また、シーズンごとに、ここだけでしか味わうことができない限定醸造ビールもご用意します。 他のビアバルやビアレストランでは、最大でも同店の半数の種類までしか、同社製品を飲むことはできません。この特別感を味わえるのは、「YONA YONA BEER WORKS」だけです。

■フードコンセプト

お料理は、同店で提供するクラフトビールとの相性と、オリジナリティにこだわります。看板料理は、福島県産の伊達鶏を使用したオリジナルの 「ローストチキン」です。外はパリッと、中はジューシーなテイストに仕上げています。また、羊腸に粗挽きの豚肉をたっぷり詰め、調理法にもこだわった15種類以上のオリジナルソーセージもお勧めです。

■店舗情報

【YONA YONA BEER WORKS 歌舞伎町店】
住所:〒160-0021東京都新宿区歌舞伎町1-21-7
ヒューマックパビリオン新宿アネックス 1F
アクセス:新宿線:徒歩5分、西武新宿駅:徒歩1分
オープン日:2018年4月13日(金)予定
参考URL:http://yonayonabeerworks.com/
規模:24.6坪 64席
想定客単価:ディナー3,800円
営業時間:[月~土] 16:00~23:30(LO22:30)
[日・祝] 16:00~23:00(LO22:00)

スポンサーリンク
小針 真悟
著者:小針 真悟

[LiquorPageオーナー / GINfest.TOKYO運営メンバー] 豊富な現場経験や長年のお酒愛によって、ジンを筆頭にあらゆるお酒の知識を持つ。

関連記事

  1. 大人気ベルギービール、ヒューガルデン・ホワイトがリニューアル!特徴と魅力をご紹介 大人気ベルギービール、ヒューガルデン・ホワイトがリニューアル!特…
  2. 生ビールとは 誤解されやすい「生ビールと普通のビールの違い」について
  3. 三重のブリュワーが地元のビール文化を発展させるべくクラウドファンディングを開始! 三重のブリュワーが地元のビール文化を発展させるべくクラウドファン…
  4. ビール純粋令・原料が大麦とホップで定着したワケ ビール純粋令〜ビールの原料はなぜ大麦とホップで定着したのか?
  5. ビール造り・水が重要 ビールの最も原料は水?水の違いがビールに違いをもたらす
  6. クラフトビールサイト「YOUR TASTE」 料理からクラフトビールを自動オススメするサイト「YOUR TAS…
  7. Craft beer? クラフトビールとは?普通のビールとの違いは何?
  8. 2018 リカマンウイビアメッセ in KYOTO ウイスキー、クラフトビールが京都に集結!「リカマンウイビアメッセ…

おすすめ記事

京都から世界に羽ばたくジン「季の美」はいかに造られているのか?京都蒸溜所取材レポート 世界に羽ばたくジン「季の美」はいかに造られているのか?京都蒸溜所取材レポート

ウイスキーと同じように、今、日本の“クラフトジン”も世界での存在感を増してきています。なかでも「…

メキシコのお祭り「死者の日」を再現!「ドン・フリオ×Day of the Dead」をレポート メキシコのお祭り「死者の日」を再現!「ドン・フリオ×Day of the Dead」をレポート

世界各国にはその国ならではのお祭りがありますが、テキーラの本場メキシコを代表するお祭りが「Day o…

「パトロン」カクテルコンペ優勝者、中村充宏氏に聞く② 〜 バーテンダーとしてのストーリー、コンペで勝ち続ける理由 「パトロン」カクテルコンペティション優勝者、中村充宏氏に聞く② 〜 バーテンダーとしてのストーリー、コンペで勝ち続ける理由

世界的に有名なプレミアムテキーラ、パトロンのカクテルコンペティション(以下、カクテルコンペ)「パトロ…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP