若者向けプレミアムビール?「ミラー・ジェニュインドラフト」が日本上陸!

なぜ、プレミアムビール「ミラー・ジェニュインドラフト」はパーティー好きの若者向けなのか?

クラフトビールや海外ビールが人気を集め始めている昨今。
特に若者の間では、今までは一般的ではなかった、少しエッジが立っているようなビールに注目が集まっています。

そんな中、大注目のプレミアムビールが日本に上陸します。
そのビールの名は「ミラー・ジェニュインドラフト」

アメリカの世界的ビールブランド「ミラー」のプレミアムシリーズにあたり、よく働き、よく遊ぶアクティブな若者向けのビールとされています。
当記事では「ミラー・ジェニュインドラフト」がどのようなビールなのか、取材の内容をもとにご紹介しつつ、なぜ若者向けなのかご紹介していきます。

「ミラー・ジェニュインドラフト」は、アメリカの巨大ビールメーカー、モルソン・クアーズ社の日本支社にあたる、モルソン・クアーズ・ジャパン社より5月7日にリリースされます。

そもそもミラーとはどんなビール?

今回日本で発売される銘柄、ミラー・ジェニュインドラフトについてご紹介する前に、まずその大元のブランドであるミラーについてざっくりご紹介しておきましょう。

ミラーは、ビールの巨大市場であるアメリカの中でも特に有名なビールブランドで、フラッグシップ銘柄である「ミラー・ライト」は同国ではなんと4番目に売れている、国民的ブランドです。
フレデリック・ミラーが1855年に、ウィスコンシン州最大の都市であり、ビールの産地として有名なミルウォーキーの地で創業した老舗ビールブランドです。

では、そのミラーのプレミアムシリーズ、ミラー・ジェニュインドラフトはどのような銘柄なのでしょうか?

ミラー・ジェニュインドラフトの特徴

ミラー・ジェニュインドラフトのボトル

黒と金の配色が印象的。ボトルが透明なとこで色が映える。

ミラー・ジェニュインドラフトは、黒と金のロゴが印象的な瓶ビール。
世界70ヶ国で親しまれているプレミアムビールで、ワールドビアカップなど世界的なコンペでの複数の受賞歴があり、世界的に評価されている銘柄です。

また、コールドフィルター製法という特殊な製法を採用することで、瓶ビールでありながらも“生ビール”であることを実現。
洗練された爽やかでフルーティーな味わいが特徴で、今や日本でも広く知られるようになった人気DJユニット「The Chainsmokers」とコラボしており、若者からも注目を集めています。

若者向けプレミアムビールである理由とは?

ミラー・ジェニュインドラフトはナイトシーンで映える

ナイトライフを満喫するアクティブな若者と相性が良いとされる。

ミラー・ジェニュインドラフトは、若者向けのプレミアムビールとされています。
よく働き、よく遊ぶ、ナイトライフも活発な20〜30代の若者と相性が良いようです。

ではその理由はなぜなのでしょうか?
3つに分けて見ていきましょう。

  • クールな見た目、瓶ビールでカジュアル&スタイリッシュ
  • スムースで飲みやすいテイスト
  • アンバサダーは「m-flo」ナイトシーンとの相性は抜群

クールな見た目、瓶ビールでカジュアル&スタイリッシュ

ミラー・ジェニュインドラフトのボトル

ミラー・ジェニュインドラフトは見た目がクール。ボトルのまま飲んでもスタイリッシュ。

ミラー・ジェニュインドラフトは、ロゴやラベルなど黒と金のカラーでデザインされています。
さらにボトルの色もビールには珍しく透明ボトルを採用することでビールの金色が際立ち、見た目がとてもクールで高級感があります。

しかも瓶ビールなのでカジュアルにスタリッシュに楽しむことができ(ツイストキャップを採用しているので栓抜き無しで開栓可能)、クラブやバー・パブなどでも映えます。

スムースで飲みやすいテイスト

ミラー・ジェニュインドラフトのボトル

かなりスムースな口当たりでたしかに苦味はほぼ感じず、飲みやすい。

前述のように、このビールは爽やかでフルーティーな味わいが特徴。
苦味がかなり抑えられており、すっきりスムースな口当たりとなっているため、ビールの苦味が苦手な方でもオススメできます。

ビールに飲みやすさを求める若者にはピッタリのテイストなのです。

アンバサダーはm-flo!ナイトシーンとの相性は抜群

ミラー・ジェニュインドラフトのアンバサダーであるm-floの3人

アンバサダーは再結成したばかりのm-floの3人。

日本でのミラー・ジェニュインドラフトのアンバサダーは、これまで日本のクラブカルチャーやナイトシーンを牽引してきた「m-flo」の3人。
今もナイトシーンで絶大な影響力を持つ彼らとともに、このビールを盛り上げていくようです。

また、今後はナイトライフの発信地であるクラブやバーなどを中心に、イベントなどを積極的に行うとのことで、若者が好むスポットで見かけることも多くなりそうです。
見た目や味などを踏まえても、ナイトシーンや若者との相性は抜群と言えるでしょう。

乾杯するm-floの3人

乾杯するm-floの3人。VERBALさんと☆Taku Takahashiさんにとって、ミラーはアメリカ時代を思い起こさせる特別なビールなのだと言う。

世界的にはプレミアムビールがトレンド!ミラー・ジェニュインドラフトは今後期待のビール

このような理由から、今回日本で発売されるミラー・ジェニュインドラフトは、若者と相性が良いプレミアムビールなのです。

ビールは、年配の方が好むイメージがあるとされ、全体の消費量は落ち込んでいるのですが、実はその中でもプレミアムビールは右肩上がりとなっています。
それを支えているのが、自分好みの味やスタイルを追求するアクティブな若者たちで、これは世界的なトレンドとなっています。

それらを踏まえても、ミラー・ジェニュインドラフトは今後期待のプレミアムビールだと言えるでしょう。

小針 真悟
著者:小針 真悟

[LiquorPage運営責任者] お酒の現場を7年経験したのちに独立。お酒の魅力を多くの人に知ってもらうべく、2016年11月に「LiquorPage」の運営を開始。 洋酒から和酒まで幅広い知見をベースに、ジン専門書籍やテキーラメディアなど外部酒類メディアの執筆協力の他、イベントの企画運営にも携わる。(ただの酒好き)

関連記事

  1. コロナビールの“極秘”チルアウトイベント「CORONA CATCH THE SUNSET」が8/29〜31に開催! コロナビールの“極秘”チルアウトイベント「CORONA CATC…
  2. ビールと日本酒、太りやすいのはどっち? ビールと日本酒、太りやすいのはどっち?カロリーなど比較
  3. クラフトジン×クラフトビールのコラボイベント クラフトジン×クラフトビールのコラボイベントが12/16に神保町…
  4. ビール純粋令・原料が大麦とホップで定着したワケ ビール純粋令〜ビールの原料はなぜ大麦とホップで定着したのか?
  5. what is PINK IPA? 筆者が超おすすめするクラフトビール「パンクIPA」とは?
  6. 常陸野ネストビールとは 世界で人気のクラフトビール「常陸野ネストビール」を知る
  7. 日本産クラフトビール集 日本のクラフトビール(地ビール)・おすすめ8銘柄
  8. 関西最大級のビール&スピリッツイベント「リカマンウイビアメッセ in KYOTO 2019」が8/25に開催! 関西最大級のビール&スピリッツイベント「リカマンウイビアメッセ …

おすすめ記事

2021版・世界のバーで人気の“ジンカクテル”ランキングTop13 - 1位はやはり“あの”カクテル! 2021版・世界のバーで人気の“ジンカクテル”ランキングTop13 – 1位はやはり“あの”カクテル!

マティーニやネグローニなど、数えきれないほどジンのカクテルがある中で、世界のバーではどのカクテルが人…

仏産ブドウのジン「ジーヴァイン フロレゾン」の魅力と、プロが教える美味しい飲み方 仏産ブドウのジン「ジーヴァイン フロレゾン」の魅力と、プロが教える美味しい飲み方

世界中に数えきれないほどのジンが存在する中で、人気を集めるジンにはやはり明確な理由があるもの。…

造り手に聞く – 「酒食堂 虎ノ門蒸留所」と「COMMON ジン」の誕生秘話 造り手に聞く – 東京産のジン「COMMON」と「虎ノ門蒸留所」誕生秘話

日本を含め、世界中でジンの造り手が増えている中で、大都市の中心部に拠点を構える“都市型蒸溜所”は、近…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP