日本のクラフトジン・全28ブランドまとめ【2019年1月最新版】

日本のクラフトジン・25ブランドまとめ【2018年12月最新版】

世界的なクラフトジンブームにより、近年、日本でもクラフトジンが盛んに造られるようになりました。

当記事では、2019年1月現在、リリースされている(おそらく全てである)国産クラフトジンブランド27つを一挙ご紹介!
主要なボタニカルと産地、特徴などを簡単にまとめていきます!

※ブランド単位でのご紹介です。複数銘柄リリースされているものも一ブランドとして紹介しています。
※正式に販売されていないブランドや、(世界的な定義に則り)ジュニパーベリーを使用していないブランドは除外しています。

スポンサーリンク

1. 季の美

[主なボタニカル]
柚子、玉露、山椒、生姜、ヒノキなど
[産地]
京都

2016年創業の京都蒸溜所で造られる、日本のクラフトジンのパイオニア的ブランドが季の美。
ベースには米100%のスピリッツを使用、ボタニカルはカテゴリーを分け個別に蒸留・ブレンドしています。
こだわりの製法による、和素材が上品に香るジンは、世界で最も権威ある酒類品評会、インターナショナル・ワインアンドスピリッツ・チャレンジ(IWSC)2018にて最高賞を受賞。

2. 季のTEA

[主なボタニカル]
玉露、碾茶(てんちゃ)、季の美のボタニカル
[産地]
京都

季の美をベースに、玉露と碾茶(抹茶の原料)をメインのボタニカルとして使用した、抹茶のような味わいのクラフトジン。
玉露と碾茶は、京都・宇治の老舗茶舗、堀井七茗園のものを使用。

3. ROKU <六>

[主なボタニカル]
柚子、桜の花、玉露、煎茶、山椒など
[産地]
日本

サントリーが手がけるクラフトジン、ROKUは、旬の時期に収穫した和のボタニカルを使用し、それぞれ個別に、なおかつ素材の特性に合わせて4種の蒸留器を使い分けて蒸留。
柚子や桜など、和素材が複雑に香るジンです。

4. カフェジン

[主なボタニカル]
柚子、甘夏、カボス、山椒、りんごなど
[産地]
日本

ニッカ・ウヰスキーが手がけるカフェジンは、世界的にも珍しいカフェ式蒸留機によるカフェ蒸留液をベースに使用し、ボタニカルはグループ別に蒸留。
カフェ蒸留液特有の甘みと、和柑橘と山椒がフレッシュに香るジンです。

5. 和美人

[主なボタニカル]
金柑、柚子、辺塚橙、緑茶など
[産地]
鹿児島

焼酎やウイスキーを手がける本坊酒造が手がける和美人は、鹿児島らしさにこだわり、同県産のボタニカルが9種使用されているのが特徴。
ベースには米焼酎由来のスピリッツが使用されており、まろやかな甘みと爽やかな柑橘香のジンです。
ダマスクローズを使用した新銘柄も12月にリリースされました。

6. 和美人 -武蔵-

[主なボタニカル]
ジュニパーベリーのみ
[産地]
鹿児島

酒販店の武蔵屋が企画し、本坊酒造が製造したジン。
通常ジンは複数種のボタニカルを使用しますが、このジンはジュニパーオンリー。アルコール度数も50度と高めに設定されたジュニパーストレングスです。

7. 油津吟

[主なボタニカル]
柚子、山椒、きゅうり、ヘベス、日向夏など
[産地]
宮崎

芋焼酎の甕雫(かめしずく)などで知られる京屋酒造が、その甕雫などをベースに製造したジンが油津吟。
蔵元の特徴でもある減圧蒸留の技術を取り入れており、焼酎独自の甘みを残しつつも、爽やかな和柑橘の香りが際立つジンに仕上がっています。

8. HINATA

[主なボタニカル]
金柑、へべス、日向夏、カモミール、カルダモンなど
[産地]
宮崎

油津吟を手がける京屋酒造が製造、宮崎出身のバーテンダー、蛯原三奈さんが総合監修したジン。
金柑やへべスなど油津吟のボタニカルを使いながら、カモミールやカルダモンなどのハーブ&スパイスも使用。スパイス香もしっかり現れるジンです。

9. AKAYANE CRAFT GIN

[主なボタニカル]
銘柄により異なる
[産地]
鹿児島

不二才(ぶにせ)や晴耕雨讀(せいこううどく)などを手がける焼酎の名門、佐多宗二商店が製造するクラフトジン。
自家製芋焼酎をベースに使用しており、ジュニパーベリーのみを用いた銘柄と、緑茶を用いた緑茶ジンがあります。いずれも焼酎の温かみのある味わいが活きたジンです。

10. GIN HEART

[主なボタニカル]
銘柄により異なる
[産地]
鹿児島

AKAYANE CRAFT GINを手がける佐多宗二商店が製造する、四季ごとに季節のボタニカルを使用したジン・シリーズ。
これまで春、夏、秋、冬とリリースされており、「春」は桜の花を使用した華やかな仕上がり、「夏」は大葉や胡瓜の清涼感のある仕上がり、「秋」はキノコ類を使用した温かみのある味わいに、「冬」は梅スピリッツの熟成に使用した樽で熟成されています。

11. 槙 -KOZUE-

[主なボタニカル]
高野槙(こうやまき)、温州ミカン、山椒、レモンなど
[産地]
和歌山

梅酒や日本酒造りで有名な和歌山の中野BCが手がけるジンが槙。
ジュニパー以外は和歌山産の素材を使用しており、中でも特徴的なのは針葉樹である高野槙。これ由来の、深い森をイメージさせる爽やかなウッディな香りが感じられます。

12. 樹々

[主なボタニカル]
柚子、カモミール、オレンジなど
[産地]
鹿児島

赤兎馬(芋焼酎)などを手がける鹿児島の大手蔵元、濱田酒造が手がけるジン。
米焼酎をベースに、柚子やオレンジピールなど7種のボタニカルを約1ヶ月半という長い間漬け込み、蒸留し香りを抽出。フルーティーで複雑な香味を放つのが特徴です。
梅酒ベースの銘柄もリリースされています。

13. 桜尾ジン

[主なボタニカル]
主に広島産のボタニカル (銘柄により異なる)
[産地]
広島

大手酒造メーカーである中国醸造が、2017年に創業した桜尾蒸留所で造られるクラフトジン。
定番銘柄である「オリジナル」、桜の花や牡蠣、レモンなど広島産のボタニカルを17種使用した「リミテッド」、ハマゴウやラベンダーなど広島産の花を使用したフローラルなジン「ハマゴウ」の3銘柄がリリースされています。
なかでもリミテッドは、2018年のIWSCで最高金賞であるGOLD OUTSTANDINGを受賞しています。

スポンサーリンク

14. ORI-GiN 1848

[主なボタニカル]
ピーチパイン、シークヮーサーの葉、ヒハツモドキ、レモングラスなど
[産地]
沖縄

1848年創業の泡盛の老舗蔵元、瑞穂酒造が手がける泡盛ベースのジンがORI-GiN 1848。
最大の特徴は、幻の高級パイナップルとして知られるピーチパインを使用していること。他にも沖縄らしいボタニカルがふんだんに使われ、個別に蒸留されています。トロピカル&リッチなフレーバーが魅力のジンです。

【次ページ】他のブランドは次ページでご紹介!

ページ:

1

2
スポンサーリンク

関連記事

  1. ジンのボタニカルの抽出・蒸留方法 ジンの基礎講座〜ボタニカルの抽出・蒸留方法とは?
  2. インスタ映えするクラフトジン集 インスタ映えするオシャレボトルの「クラフトジン」厳選8選
  3. ジャパニーズクラフトジン・特徴と魅力 流行りのお酒「ジャパニーズクラフトジン」特徴から“魅力”をひも解…
  4. ジンの製造工程 ジンの基礎講座〜ドライジンの製造工程を簡単に解説!
  5. 京都産クラフトジン“季の美”の世界観を堪能できる“町家バー”を体験 京都産クラフトジン“季の美”の世界観を堪能できる“町家バー”を体…
  6. ジンの“定義”をシンプルかつ丁寧に解説 ジンの“定義”をシンプルかつ丁寧に解説!実はジンは3つに分類され…
  7. クラフトジンが流行る理由 世界で話題のクラフトジンが日本でも流行る3つの理由
  8. GINfest. TOKYO 2018 国内外のジンが大集合!絶好のロケーションでジンを楽しめる「GIN…

おすすめ記事

日本のクラフトジン・25ブランドまとめ【2018年12月最新版】 日本のクラフトジン・全28ブランドまとめ【2019年1月最新版】

世界的なクラフトジンブームにより、近年、日本でもクラフトジンが盛んに造られるようになりました。…

世界のバーで人気のカクテル・ランキングTOP10 世界のバーで人気のカクテル・ランキングTOP10

日本はもちろん、世界中で様々なカクテルが楽しまれています。「世界のバーでは今どんなカクテルが人気…

クラフトジンとは?特徴〜飲み方までお酒初心者でも分かるように解説してみた クラフトジンとは?特徴〜飲み方までお酒初心者でも分かるように解説してみた

クラフトビールやクラフトコーヒーなど、様々な“クラフト”に注目が集まる中、クラフトジンも注目され始め…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP