泡盛と焼酎の違いは何か?を分かりやすく説明!

泡盛とは?

沖縄のお酒として有名な泡盛ですが、焼酎と比べるとまだまだマイナーな感が否めません。
みなさんはどれくらい泡盛のことをご存知でしょうか?

泡盛は焼酎じゃないの?
そもそも何が違うの?

そう思っている方も多いでしょう。

そこで本記事では、泡盛がどういったお酒で、焼酎とは何が違うのか、分かりやすくシンプルにご説明していきます。

泡盛も焼酎に分類される

主に沖縄で作られる泡盛ですが、実は厳密には焼酎の乙類焼酎に分類されます。
(乙類焼酎についてはこちらの記事をご参考ください→【甲類焼酎と乙類焼酎、その違いは何?】)

つまり、泡盛は焼酎の一種ということになります。
芋焼酎や麦焼酎のように、名前に「焼酎」がついていないため、あまりイメージはないかもしれませんが、実は焼酎なのですね。

「焼酎」ということで、発酵や蒸留といった大まかな作り方は一緒です。
しかしながら、泡盛には泡盛独自の規定があり、その規定どおり作られたものが「泡盛」になります。
その独自の決まりが、焼酎とはちょっと違った風味を生んでいるのですね。

主な違いは、

  • 原料の違い
  • 古酒がある

の2点です。

原料の違い

前述のように泡盛は、他の焼酎とはちょっぴり違った原料を使用しています。
以下で、詳しくご説明していきましょう。

タイ米を使用する

タイのインディカ米

泡盛は、タイ米(インディカ米)を使用して作られています。
芋焼酎や米焼酎など、他の焼酎でも米を使用していますが、これらで使用しているのは主に日本のお米(ジャポニカ米)です。

泡盛も当初は日本のお米や栗を使っていましたが、明治時代頃からタイ米を使用するようになりました。
理由は、沖縄的にはタイ米の方がコストが低く、お酒造りに向いていたからとされています。

タイ米は日本のお米を比較して、コクが深くなる傾向があるとされています。
この使用するお米の違いが、泡盛に独特のコクをもたらしているのですね。

黒麹を使用する

泡盛は、原則、黒麹菌を使用して作らなければなりません。
他の焼酎では、黒麹菌はもちろん、黄麹菌や白麹菌も使用されています。

黒麹は、麹菌の中でもクエン酸(酸なので酸っぱい)を多く含むとされ、お酒の腐敗を防ぐ効果があります。
泡盛が作られる沖縄は、高温多湿なので雑菌が繁殖しやすいのですが、黒麹を使用することでこれを抑えているのです。

ちなみに黒麹を使用すると、クエン酸の影響もあってか、味わいにちょっぴり酸味を感じる、辛口になることが多いされています。
そのため、一般的に泡盛は「辛口」な味わいになります。

泡盛には古酒がある

泡盛の古酒(クース)

古酒(クース)」も泡盛独特のもので、他の焼酎にはないものです。

古酒とは、その名のとおり長期間熟成させた古いお酒のことでです。
古酒を名乗るには、3年以上熟成させなければならないという規定があります。

熟成は、「甕(かめ)」と呼ばれる大きなツボのようなものか、タンクにて行われます。
この熟成を経ることによって、アルコールの角がなくなり、味がまろやかになります。

ちなみに古酒は、アルコール度数が高く、40℃前後のものが多いです。

泡盛初心者でも飲みやすい銘柄

泡盛はその独特の辛口な味わいや、焼酎に比べて度数が高めなことから、苦手な方も多くいらっしゃいます。(筆者も初めは苦手でした…)
しかし中には、飲みやすい味わいの泡盛もあり、泡盛初心者の方にはこれらがおすすめです。

中でもおすすめなのが「残波」です。
かなり有名な銘柄なので、ご存知の方も多いでしょう。

残波は、良い意味で泡盛らしくない飲み口で、ちょっぴりフルーティーで爽やかな味わいです。
非常に飲みやすいため、泡盛初心者の方や今まで苦手だったという方にもおすすめです。

まとめ

泡盛と焼酎の違いについてお分かりいただけたでしょうか?

泡盛は「焼酎」としてではなく、「泡盛」として独自に文化を持っていたお酒なので、分類上焼酎だったとしても、独特の決まりがあり、それが味わいに違いを生んでいるのですね。
機会があればぜひ、焼酎と泡盛を飲み比べてみてください。

それではこの辺で。
以上、「泡盛と焼酎との違いは何か?を分かりやすく説明!」でした。

小針 真悟
著者:小針 真悟

[LiquorPage運営責任者] お酒の現場を7年経験したのちに独立。お酒の魅力を多くの人に知ってもらうべく、2016年11月に「LiquorPage」の運営を開始。 洋酒から和酒まで幅広い知見をベースに、ジン専門書籍やテキーラメディアなど外部酒類メディアの執筆協力の他、イベントの企画運営にも携わる。(ただの酒好き)

関連記事

  1. 本格焼酎・ソーダ割りのすすめ 夏にもぴったり!「本格焼酎のソーダ割り」のすすめ
  2. 白麹の芋焼酎・30銘柄まとめ 白麹の芋焼酎【30銘柄】を基本情報や特徴とともにご紹介
  3. 本格焼酎ならではの特徴・魅力とは?…今こそ焼酎を飲もう! 本格焼酎ならではの特徴・魅力とは?…今こそ焼酎を飲もう!
  4. 世界トップバーテンダー監修のバーで楽しめる焼酎!「The SG Shochu」が新発売 世界トップバーテンダー監修のバーで楽しめる焼酎!「The SG …
  5. 実は本格焼酎は世界的にとてもユニークお酒だった 〜 今こそ焼酎を飲もう 実は本格焼酎は世界的にとてもユニークお酒だった 〜 2つの特徴を…
  6. 黒糖焼酎とは 初心者向け!黒糖焼酎とはどんなお酒?がざっくりわかる記事
  7. 焼酎の飲み方講座【お湯割り編】美味しくなる割合とベストな作り方 焼酎の飲み方講座【お湯割り編】美味しくなる割合とベストな作り方
  8. 最も大きな焼酎メーカーは?メーカー別売上ランキングTOP10 最も大きな焼酎メーカーは?焼酎業界メーカー別売上ランキングTOP…

おすすめ記事

クラフトジンのパイオニア「シップスミス」誕生秘話と、創業者に聞くこだわり〜飲み方のヒント クラフトジンのパイオニア「シップスミス」誕生秘話と、創業者に聞くこだわり〜飲み方のヒント

一つの大きなムーブメントが巻き起こる時、そこには必ず何かきっかけとなる出来事があるもの。今、…

世界で最も高額なウイスキーは?2021版・高額ウイスキーランキングTOP25 世界で最も値段が高いウイスキーは?2021版・高額ウイスキーランキングTOP25

ここ日本でもウイスキーの高額化が叫ばれている昨今、世界にはどれほど高額なウイスキーが存在するのでしょ…

和と洋の良さをあわせ持つ新時代の泡盛「尚」、その誕生ストーリーと特徴に迫る 和と洋の良さが合わさる新時代の泡盛「尚」、その誕生ストーリーと特徴に迫る

日本には伝統的なお酒がいくつかありますが、それらは実は少しずつ進化しています。改めて味わってみる…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP