日本のクラフトジンに焼酎や柚子などが使用されてるのはなぜ?そもそもアリ?

日本のクラフトジンに焼酎や柚子などが使用されてるのはなぜ?そもそもアリ?

近年、クラフトジンなどとも呼ばれる、製法や原料などにとりわけこだわった個性派ジン(いわばクラフトビールのジン版)が世界的なブームとなり、日本国内でも盛んに造られるようになりました。
そうした国産クラフトジンは、芋や米などの焼酎や、柚子やお茶の茶葉、生姜、山椒など、なんらかの日本独自の素材を使って造られたものがほとんどです。

でもそもそも、ジンに焼酎や柚子などを使用するとは、どーゆーことなのでしょうか?
ジンは本来どういったお酒で、焼酎や柚子などを使用して造るのはOKなのか、それらを使用するとどうなるのか…
などなど、当記事では簡単にご紹介していきます!

そもそもジンってどんなお酒?

ジュニパーベリー

ジンの軸となるジュニパーベリー。

そもそもジンとは、ジュニパーベリーというハーブを軸に、その他数種のボタニカル(ハーブ、スパイス、果皮など)で香りづけされたお酒。
ベースとなるお酒にこれらのボタニカルを加え、蒸留という技術を使うことで香りづけが行われています。

その定義はある意味ではゆるいのが特徴で、基本的にはジュニパーベリーさえ使用すればOK。使用するボタニカルの種類や数はもちろん、そのベースとなるお酒も、基本的には何を使ってもOKです。

他のお酒にはないボタニカル由来の華やかな香りがジンの特徴で、味は基本的に軽快でドライ。
高アルコールのお酒ですが、カクテルの材料としても人気があり、ジントニックやマティーニ、最近人気のネグローニなどに使用されています。

オールドトム・ネグローニ

日本のジンを使用したネグローニ。

焼酎を使用したジンってどーゆーこと?

先ほど説明したようにジンはジュニパーベリー以外に原料の縛りはなく、基本的に何を使ってもOKです。
そのため多くのジンの場合、ベースとなるお酒には、糖蜜や穀物類などを使った高アルコールのお酒が使用されているのですが、日本のいくつかの(特に焼酎の蔵元が手がける)ジンでは“らしさ”を表現するために、芋や米などの焼酎が使用されているのです。

焼酎のままではアルコール度数が低く、ボタニカルの香りをうまく抽出できないため、蒸留され度数が高められたものがベースに使用されますが、いずれにせよそうしたジンは“焼酎由来のジン”であり、焼酎の風味も感じられる仕上がりとなります。

ボタニカルは何を使用してもOK!個性を出すために日本独自の素材が使われる

ジャパニーズクラフトジンでは茶葉が使用されることも少なくない

日本のジンの場合、ボタニカルとして茶葉が使用されることも少なくない。

ジンは、ボタニカルを何を何種類使ってもOK。
そのため各ジンには、ジュニパーベリー他、レモンやコリアンダーなど趣向を凝らしたボタニカルが、だいたいですが5〜10種前後使用されています。
ベースのお酒にそれを加え香りづけされるわけですから、この時使用されるボタニカルがそのジンの香りを生み出し、各ジンに違いを与えています。

その違いを与えるために多くの日本のジンには、柚子やお茶の茶葉、生姜、山椒などなんらかの日本独自の素材が使用されているわけです。
当然、その仕上がりは、柚子なら柚子など、各素材の香りが活きた和の香りのジンとなります。

日本ならではの素材を使用するから日本人が好むジンとなる

このように、そもそもジンは使用する原料の自由度が高いお酒であり、だからこそ日本独自の素材も使用可能となっているのです。
そしてそうした素材の違いが各ジンの香りや味わいに違いを与えることから、日本のクラフトジンには和の素材がよく使用されているのです。

そうしたジンは海外産のジンと比べ、日本人の舌、日本の食文化にも合う味わいとなっています。
「これまでジンが苦手だった」という方も、日本のジンならそのイメージが覆るかもしれません。

今面白いお酒、国産クラフトジン。味わってみるときっと面白い発見があることでしょう。

こちらの記事もおすすめ!
ジャパニーズクラフトジン総まとめ!10銘柄を一挙ご紹介

Amazonのジン・クラフトジンストアはこちら。
Amazonのジンストア

小針 真悟
著者:小針 真悟

[LiquorPage運営責任者] お酒の現場を7年経験したのちに独立。お酒の魅力を多くの人に知ってもらうべく、2016年11月に「LiquorPage」の運営を開始。 洋酒から和酒まで幅広い知見をベースに、ジン専門書籍やテキーラメディアなど外部酒類メディアの執筆協力の他、イベントの企画運営にも携わる。(ただの酒好き)

関連記事

  1. 新シリーズ発表ににじみ出た「モンキー47」が世界中で人気を集めるワケ 新シリーズ発表ににじみ出た「モンキー47」が世界中で人気を集める…
  2. クラフトジン・KOVAL オーガニック・クラフトジン「コーヴァル」の魅力を徹底解説
  3. ジン・ウォッカ・ラム・テキーラの違い ジン、ウォッカ、ラム、テキーラ…それぞれの違いとは?【簡単解説】…
  4. 実は本格焼酎は世界的にとてもユニークお酒だった 〜 今こそ焼酎を飲もう 実は本格焼酎は世界的にとてもユニークお酒だった 〜 2つの特徴を…
  5. たった1つこだわるだけでジン&トニックが“劇的に美味しく”なる? たった1つこだわるだけでジン&トニックが“劇的に美味し…
  6. ジンの選び方 ジン銘柄の選び方のコツとは【初心者向け】
  7. ジン大全 ジンを徹底的に学べるバイブル「ジン大全」が発売!
  8. 日本の心をもった英国のクラフトジン「こころ」が日本に上陸!その魅力に迫る 日本の森の素材を活かした英国産クラフトジン「こころ」が発売!その…

おすすめ記事

【九州・沖縄版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 37ブランドの特徴を紹介 【九州・沖縄版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 37ブランドの特徴を紹介

今や日本各地で造られるようになったクラフトジンですが、その中でも九州・沖縄地方が一大産地となっている…

「YASO GIN」の造り手に聞く - なぜ健康食品メーカーがジンを手がけることになったのか? 「YASO GIN」の造り手に聞く – なぜ健康食品メーカーがジンを手がけることになったのか?

今や100前後のブランドが流通する国産クラフトジンの市場において、発売から1年足らずで品切れが続出す…

【大阪・京都・近畿版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 15ブランドの特徴を紹介 【大阪・京都・近畿版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 15ブランドの特徴を紹介

世界に羽ばたくクラフトジンへと成長した「季の美」と「ROKU」は、どちらも近畿地方の府県を産地とする…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP