甲類焼酎と乙類焼酎(本格焼酎)の違いは何?【簡単解説】

甲類?乙類?

焼酎といえば、おそらくほとんどの方がどこかしらで飲んだことがあるお酒。
銘柄を指定してロックで飲んだかもしれませんし、ウーロンハイやレモンサワーで飲んでいるかもしれません。

私達にとって身近な焼酎ですが、焼酎には甲類と乙類があるのはご存知でしょうか?

よく、
「鏡月は甲類焼酎で〜」
などと言われたりしますね。

実は甲類焼酎と乙類焼酎(本格焼酎)では、同類の焼酎とは思えないくらい味に違いがあります。
そこで本記事では、甲類焼酎と乙類焼酎の違いについて、分かりやすく説明していきます。

甲類焼酎と乙類焼酎をざっくり説明

まず先に、主原料や作り方など各々の特徴について、ざっくりとご説明します。

甲類焼酎 乙類焼酎
主原料 糖蜜など 米、麦、芋など
作り方 連続式蒸留 単式蒸留
味わい クセがなく無味 原料由来の味

甲類焼酎の代表銘柄は、ご存知「鏡月」や、眞露、純、キンミヤなど比較的安価なものです。
乙類焼酎は本格焼酎とも言い、黒霧島や森伊蔵など全ての芋焼酎、いいちこや二階堂など全ての麦焼酎や米焼酎などが含まれます。

原料の違い

甲類焼酎と乙類焼酎では、原料に大きな違いがあります。

甲類焼酎は、前述のとおり、糖蜜が一般的によく使用される主原料です。
糖蜜とは、主にサトウキビなどから砂糖を作る際にできる副産物で、廃糖蜜とも言われます。
この糖蜜を水で薄めて、発酵→蒸留(連続式蒸留)によって作られます。

さつま芋、米、麦

乙類焼酎(本格焼酎)は、米、麦、芋(さつま芋)などを主原料に作られます。

芋焼酎なら、米+さつま芋
麦焼酎なら、麦
米焼酎なら、米

で作られます。
これらを発酵させて、蒸留(単式蒸留)を経て、焼酎が出来上がります。

主原料の違い以外にも、仕込みの際に「麹」を使うか使わないか、といった違いもあります。
乙類焼酎では麹を使用しますが、甲類では基本的に使用しません。
麹を使って仕込むことによって、独特の旨味が生まれるとされています。

作り方の違い

甲類、乙類である以前に、まずどちらも焼酎です。
焼酎はお酒の中のカテゴリーでは蒸留酒にあたります。(ビールやワイン、日本酒など度数が低いものは「醸造酒」)

蒸留酒は、原料を一度発酵させたのちに、アルコール度数を高めるために蒸留という工程を必ず経て作られます。

前述した甲類=連続式蒸留、乙類=単式蒸留、とはこの蒸留方法の違いです。
作り方がちょっと違うだけかもしれませんが、この連続式蒸留と単式蒸留とでは、出来上がるお酒の味わいがまるで異なります。

蒸留(じょうりゅう、Distillation)とは、混合物を一度蒸発させ、後で再び凝縮させることで、沸点の異なる成分を分離・濃縮する操作をいう。

出典:Wikipedia

非常に分かりにくいので簡単に言うと、蒸留とは「お酒の純度(アルコール度数)を高めること」です。

甲類焼酎で用いられる「単式蒸留」とは、単式蒸留器を用いて行われます。連続式蒸留機とは異なり、機械的ではないアナログな仕組みであるため一度ずつしか蒸留を行えません。
この蒸留を1〜2回繰り返して作られます。
連続式蒸留よりアルコールの割合が低く抑えられることで、原料の特徴や味わいは残りやすくなります。
こちらも最後は、水で度数調整されます。

蒸留の仕組みのついてはこちらの記事で詳しく解説しています。

味の違い

原料も作り方も違うのですから、味が違うのも当然です。
この味の違いについては、実際に飲まれて既にお気付きの方もいらっしゃると思います。

甲類焼酎は、連続式蒸留によって原料由来の味は無くなっているので、クセのないスッキリした味になります。
ほぼ無味といった方がいいかもしれません。
なので焼酎そのものを飲むというより、サワーやカクテルなど、何かで割って飲まれることがほとんど。

乙類焼酎は、単式蒸留によって原料由来の味がしっかり残るため、味わい深く飲みごたえのある味になります。
芋焼酎ならほんのり甘い芋の味、麦焼酎なら麦の香ばしい味、米焼酎なら米本来の味が味わえます。
こちらは甲類焼酎とは違い、主にロックや水割りなど、焼酎そのものを味わう飲み方がほとんどです。

まとめ

ここまで、甲類焼酎と乙類焼酎の違いについて、それぞれの製法や特徴などを比較しながら見ていきました。
その違いについてはお分かりいたkだけたことと思います。

前述のように、甲類と乙類では違いがはっきりしているため、目的によって使い分けられることがほとんど。
ウーロンハイやレモンサワーで飲むなら甲類、しっかり焼酎を味わいたいなら乙類、といったところでしょうか。

これらの知識は必ず必要な知識ではありませんが、知っておくと焼酎への理解が深まり、焼酎が楽しくなりますね。

以上、甲類焼酎と乙類焼酎(本格焼酎)の違いは何?【簡単解説】でした。

小針 真悟
著者:小針 真悟

[LiquorPage運営責任者] お酒の現場を7年経験したのちに独立。お酒の魅力を多くの人に知ってもらうべく、2016年11月に「LiquorPage」の運営を開始。 洋酒から和酒まで幅広い知見をベースに、ジン専門書籍やテキーラメディアなど外部酒類メディアの執筆協力の他、イベントの企画運営にも携わる。(ただの酒好き)

関連記事

  1. 芋焼酎ができるまで 〜 独自の製造工程をざっくり紹介 芋焼酎ができるまで 〜 独自の製造工程をざっくり紹介
  2. 黒麹の芋焼酎・28銘柄まとめ 黒麹の芋焼酎【28銘柄】を基本情報や特徴とともにご紹介
  3. 和と洋の良さをあわせ持つ新時代の泡盛「尚」、その誕生ストーリーと特徴に迫る 和と洋の良さが合わさる新時代の泡盛「尚」、その誕生ストーリーと特…
  4. 泡盛の定義 実は誤解が多い?泡盛の定義について簡単にまとめてみた
  5. ウイスキーのような焼酎 ウイスキー好きなら絶対に飲むべき2つの焼酎
  6. 個人的に好きな芋焼酎・麦焼酎 筆者が個人的に好きな「芋焼酎・麦焼酎」を8つ挙げてみる
  7. 世界10位のバー擁するSG Groupによる“カクテル居酒屋”「ゑすじ郎」が2/10渋谷にオープン! 世界10位のバー擁するSG Groupによる“カクテル居酒屋”「…
  8. 本格焼酎ならではの特徴・魅力とは?…今こそ焼酎を飲もう! 本格焼酎ならではの特徴・魅力とは?…今こそ焼酎を飲もう!

おすすめ記事

西日本のトップバーテンダーが大阪に集結!「OSAKA COCKTAIL PARTY 2021」レポート 西日本のトップバーテンダーが大阪に集結!「OSAKA COCKTAIL PARTY 2021」レポート

美味しいカクテルが好きな方なら、一度に多くのカクテルを飲み比べできたら幸せに感じるかもしれません……

【九州・沖縄版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 37ブランドの特徴を紹介 【九州・沖縄版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 37ブランドの特徴を紹介

今や日本各地で造られるようになったクラフトジンですが、その中でも九州・沖縄地方が一大産地となっている…

「YASO GIN」の造り手に聞く - なぜ健康食品メーカーがジンを手がけることになったのか? 「YASO GIN」の造り手に聞く – なぜ健康食品メーカーがジンを手がけることになったのか?

今や100前後のブランドが流通する国産クラフトジンの市場において、発売から1年足らずで品切れが続出す…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP