祝日本上陸!オーストラリアNO.1クラフトジン「フォーピラーズ」の特徴と魅力をご紹介

祝日本上陸!オーストラリアNO.1クラフトジン「フォーピラーズ」の特徴と魅力をご紹介

日本を含め、世界中でクラフトジンが造られていますが、オーストラリアも例外ではありません。数多くのユニークなジンが造られており、今やジンの代表的な産地の一つに成長しつつあります。そのオーストラリアにおいて、人気NO.1の座に位置するクラフトジンが「フォーピラーズ」です。
そのフォーピラーズが、昨年末より日本で正式に販売を開始!それを記念して、1/9に同ブランドの創業者の1人であるスチュアート・グレゴールさんによるセミナーが行われました。
当記事では、その内容をもとに、フォーピラーズの特徴と魅力をご紹介!

「フォーピラーズ」=「4つの柱」

創業者の1人、スチュアート・グレゴールさん

創業者の1人、スチュアート・グレゴールさん。

フォーピラーズが誕生したのは2013年。ある3人の男たちによって設立されました。
オーストラリアには世界的なバーがたくさんありますが、キャメロン、マット、スチュアートの3人は、そうしたトップバーを見て、「オーストラリアには有名なワインや食材がたくさんあるのに、なぜスピリッツは有名ではないのか?」と、疑問に感じていました。地元のトップバーに地元のスピリッツがなかったのです。彼らはそれぞれ酒類業界で経験を積んでいたこともあり、「知恵を持ち寄って、トップバーに置かれるような最高のスピリッツを造ろうじゃないか」と思い立ち、オーストラリアが誇る世界的なワイン産地でもあるヤラ・バレーでジンの製造を開始しました。

そうして誕生したフォーピラーズ(Four Pillars)には、「4つの柱」という意味が込められています。水、ボタニカル、蒸留器、そしてパッションの4つを柱になぞらえており、それぞれがこのジンの重要な要素であると言います。(スチュアートさん曰く「パッション」が一番重要だという)

フォーピラーズの全4アイテム

フォーピラーズの全4アイテム©︎ウィスク・イー

フォーピラーズの特徴

4つの重要な柱からなるフォーピラーズには、このジンならではの特徴があります。

オーストラリア産のボタニカルを中心に使用

フォーピラーズでは、いくつかの銘柄が展開されていますが、そのどれもがオーストラリア産のボタニカルを軸としているようです。
特にユニークなのはオーガニックのフレッシュオレンジ。オレンジはジンのボタニカルとして珍しくありませんが、使用されるのは基本的には皮のみ。それがフォーピラーズでは、実も丸ごと、それもドライではなくフレッシュなものが使用されています。

異なる2つの方法で香味を抽出

Four_Pillars©︎Anson Smart

創業者の3人とその母親の名が付けられた蒸留器©︎Anson Smart

フォーピラーズでは、小麦由来のスピリッツをベースに、ボタニカルは浸漬法とヴェイパーインフュージョン法(ボタニカルを直接浸さず、蒸留の蒸気のみで香味を抽出)の、2つの方法で香味が抽出されています。(繊細で甘く華やかな香りを放つオレンジはヴェイパー法で、その他のボタニカルは浸漬法)
また、蒸留の際に使用される蒸留器にもこだわりが詰まっており、それぞれに創業者らの母親の名が付けられたドイツのカール社製の3つの蒸留器を、銘柄によって使い分けていると言います。

一番多くの賞を受賞したオーストラリアのクラフトスピリッツ

このような強いこだわりによって造られるフォーピラーズは、そのバランスに優れたから味わいから市場で高評価を獲得。これまでに数多くの世界的な賞を受賞し、オーストラリアのクラフト・セクションのお酒の中では、一番多くの賞を受賞していると言います。
また、販売量においても、オーストラリアNO.1のクラフトジンへと成長しています。

フォーピラーズ・4アイテム

フォーピラーズは現在日本で、4アイテムがリリースされています。

レアドライジン

【ボタニカル】
ジュニパー、コリアンダー、カルダモン、ラベンダー、シナモン、スターアニス、レモンマートル、ペッパーベリー・リーフ、アンジェリカ、オレンジ

ネイビーストレングス

アルコール度数を58.8%に高め、パンチを効かせたネイビーストレングス。

【ボタニカル】
レアドライジンの全ボタニカル&フレッシュフィンガーライム、フレッシュジンジャー

スパイスド ネグローニジン

オーストラリア出身の世界最高のバーテンダーの一人、ジェイソン・ウィリアムスと共同開発した「最高のネグローニ」のためのジン。

【ボタニカル】
レアドライジンの全ボタニカル&グレインズ・オブ・パラダイス、クベバ、ブラッドオレンジ

ブラッディ シラーズジン

レアドライジンをベースに、オーストラリアワインの有名ぶどう品種シラーズ(ヤラ・バレー産)を漬け込んだ、色、フレーバーともに赤ワインのようなジン。

【ボタニカル】レアドライジンの全ボタニカル、黒ぶどう(シラーズ)

著者:小針 真悟

[LiquorPage運営責任者] お酒の現場を7年経験したのちに独立。お酒の魅力を多くの人に知ってもらうべく、2016年11月に「LiquorPage」の運営を開始。 洋酒から和酒まで幅広い知見をベースに、ジン専門書籍やテキーラメディアなど外部酒類メディアの執筆協力の他、イベントの企画運営にも携わる。(ただの酒好き)

関連記事

  1. 約30種ものスコットランド産ジンが日本橋のジン専門店をジャック?期間限定バーが登場! 約30種ものスコットランド・ジンが日本橋のジン専門店をジャック?…
  2. 日本一に輝いたバーテンダーに聞く「ジンの魅力」 ジンカクテル日本一のバーテンダー・杉浦聡氏に聞く「ジンの魅力」と…
  3. ジン・ウォッカ・ラム・テキーラの違い ジン、ウォッカ、ラム、テキーラ…それぞれの違いとは?【簡単解説】…
  4. 2020年、LiquorPageで最も読まれた記事は?TOP5を発表! 2020年、LiquorPageで最も読まれた記事は?閲覧数ラン…
  5. ジンBARと国産ジンの造り手がコラボ!健康に着目したクラフトジン「”99” SiCX feat.YASO」が発売 ジンBARと国産ジンの造り手がコラボ!健康に着目したクラフトジン…
  6. バーヒル・ジン〜なぜハチミツ農家がクラフトジンを手がけることになったのか? バーヒル・ジン〜なぜハチミツ農家がクラフトジンを手がけることにな…
  7. 世界的バーテンダーに聞く、日本独自のプレミアムトニック「kizashi」の魅力とは? 世界的バーテンダーに聞く、日本独自のプレミアムトニック「kiza…
  8. ボトルデザインで選ぶクラフトジン厳選7選 ついつい見惚れてしまう!ボトルデザインで選ぶクラフトジン厳選7選…

おすすめ記事

トップバーテンダーが手がける“クラフト・ジントニック”のための蒸溜所プロジェクトが始動!

シンプルなカクテルながら、その爽やかな香りと洗練された口当たりに、バーで味わうジン&トニックに癒され…

造り手19社が集結し創り上げたジン「OSUZU GIN DistiRally NEXT 2022」を発売! 造り手19社が集結し創り上げたジン「OSUZU GIN DistiRally NEXT 2022」を発売!

この度、洋酒専門の酒販店・株式会社千雅とLiquorPage(当メディア)は、国産ジンが造り手が一つ…

西日本のトップバーテンダーが大阪に集結!「OSAKA COCKTAIL PARTY 2021」レポート 西日本のトップバーテンダーが大阪に集結!「OSAKA COCKTAIL PARTY 2021」レポート

美味しいカクテルが好きな方なら、一度に多くのカクテルを飲み比べできたら幸せに感じるかもしれません……

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP