ザ・ボタニストが200ml瓶を発売!クラフトジンが家でも身近に

ザ・ボタニスト、200mlボトルを発売

ウイスキーブームやジンブームなど近年の洋酒ブームの実態を見ると、洋酒との関わり方が変わりつつあることが分かります。
以前まではウイスキーやジンのようなとりわけ嗜好性が高い洋酒といえば、バーで嗜むのが定番。
しかし近年のブームでは、これらを自宅でも嗜む人が増えており、Amazonなど総合通販でも大々的な特集を組んでいることなどもその一端でしょう。

さて、タイトルにもあるように有名クラフトジン「ザ・ボタニスト」から定番ボトルよりもずっと小さい200mlボトルが発売されます。(12/3発売)
これは上記したブームの流れを汲むものであり、小さく、より手頃な価格で入手できるようになることで、より気軽に家でも楽しむことができるようになるでしょう。

クラフトジンとは
ジンはベースのスピリッツに、ハーブや果皮、スパイスなどの「ボタニカル」を数種加え蒸留させてできるスピリッツ。
ジュニパーベリーは必須だが、ボタニカルのレシピは各銘柄様々。度数は40〜50度が一般的。
クラフトジンは、ジンの中でも少量生産で(ボタニカルや製法など)強いこだわりのもと造られる個性的なジン。
【クラフトジンの基本について〜特徴と銘柄まとめ】

アイラ・ドライジン「ザ・ボタニスト」とは

そもそもザ・ボタニストはどのようなジンなのか?
基本的な情報についてもご紹介しましょう。

ザ・ボタニストは、ウイスキーの有名な産地・スコットランドのアイラ島で造られるジンで、手がけるのはこれまた有名なウイスキー蒸留所「ブルイックラディ蒸留所
WILD(野生)・FORAGED(採取)・DISTILLED(蒸留)をテーマに掲げ、造られる個性豊かなプレミアムジンです。
“アイラ島のジンであること”にこだわっており、22種ものアイラ島産のボタニカルを使用し、ジンに使用される一般的なボタニカル9種と合わせて計31種ものボタニカルを使用しています。
また、アイラ島の22種ボタニカルにおいては、アイラ島に自生している”野生”のボタニカルで、それらを手で”採取”し、アイラ等で”蒸留”しており、まさにテーマどおりのジンとなっています。
そのこだわりはラベルにも現れており、”あえて”「ISLAY DRY GIN(アイラ・ドライジン)」と記されています。
もちろん現在、アイラ島で唯一のジンです。

ザ・ボタニストではヒースもボタニカルとして使用している

アイラ島のジンとだけあってヒースもボタニカルとして使用している

ボタニカルはローモンドスチルで蒸留

ザ・ボタニストの特徴はボタニカルだけではありません。
その蒸留方法にも大きな特徴があります。

ボタニカルの蒸留に使用するポットスチル(単式蒸留器)は、ローモンドスチルと呼ばれるかなり旧式の蒸留器で現在これを使用しているのはボタニストだけ。
またボタニカルの抽出には、一般的な浸漬法(直接ボタニカルを浸して香味を抽出)ではなくバスケット法(蒸留の蒸気でボタニカルを抽出)を採用しており、ベーススピリッツに直接浸さずに蒸気だけでボタニカルを抽出しています。
こうすることでやや落ち着いた香味とはなるものの、31種ものボタニカルを使用しながらも、それらの香味が喧嘩することなく複雑に絡み合っています。

浸漬法とバスケット法について詳しくはこちら。
ジンの基礎講座〜ボタニカルの抽出・蒸留方法とは?

200mlの登場でより自宅でも気軽に楽しめるように

このように、その出自やユニークな特徴から人気を集めるザ・ボタニストですが、プレミアムジン・クラフトジンという性質上、自宅で楽しむにはやや敷居が高いのが難点でした。

クラフトジンの価格帯は500〜700mlで3,000〜5,000円が相場となっており、ジンとしてはやや高い傾向があります。
いくら今自宅でも洋酒を楽しむ人が増えているとはいえ、700mlもの容量はいらないという方も多いでしょう。

クラフトジンだけでなくシングルモルトなどにも共通していますが、高価であればあるほど一杯あたり満足度が高くなるため、多くの容量を必要としません。
さらに、銘柄数が激増し群雄割拠状態となりつつあるクラフトジンにおいては、いろいろな銘柄を飲み比べしたい方も多いはず
となると、このような少量ボトルは非常にありがたいわけです。

200mlが発売されることで、自宅でもより気軽にザ・ボタニストを楽しめるようになることでしょう。(希望小売価格は1,400円、12/3発売)

まとめ

現在ブームとなっているクラフトジンですが、定番銘柄の一つであるザ・ボタニストから200mlがリリースされることは、クラフトジンの今後を思うと良い傾向でしょう。
“コーヴァル”や”岡山”のように、すでに200mlをリリースしている銘柄もありますが、ジンファンでもある筆者からするとこのような動きがさらに広がって欲しいところ。

それではこの辺で。

商品詳細
商品名

ザ・ボタニスト
/THE BOTANIST
容量/アルコール
度数
200ml/46度
希望小売価格(本体)

1,400円

ザ・ボタニスト公式サイト

小針 真悟
著者:小針 真悟

[LiquorPage運営責任者] お酒の現場を7年経験したのちに独立。お酒の魅力を多くの人に知ってもらうべく、2016年11月に「LiquorPage」の運営を開始。 洋酒から和酒まで幅広い知見をベースに、ジン専門書籍やテキーラメディアなど外部酒類メディアの執筆協力の他、イベントの企画運営にも携わる。(ただの酒好き)

関連記事

  1. 伊勢丹の人気企画「世界を旅するワイン展」が2/19-24に開催!クラフトジンとテキーラも登場 伊勢丹の人気企画「世界を旅するワイン展」が2/20-25に開催!…
  2. 話題の造り手による新ジャパニーズ・ティー・ジン「REVIVE from NINJA」が発売! 話題の造り手による新ジャパニーズ・ティー・ジン「REVIVE f…
  3. 来場者3500人の大盛況!写真で振り返る「GINfest.TOKYO 2018」 来場者3500人の大盛況!写真で振り返る「GINfest.TOK…
  4. お酒に振りかける香水!?国産ビターズ「PUSH BITTERS」でハイボールやカクテルをアップデート お酒に振りかける香水!?国産ビターズ「PUSH BITTERS」…
  5. 日本を代表するクラフトジン・季の美の世界観を堪能できる「季の美 House」が京都にオープン 日本を代表するクラフトジン・季の美の世界観を堪能できる「季の美 …
  6. マティーニとは? カクテルの王様「マティーニ」とは?材料や作り方、特徴を解説
  7. ジン・トニックをもっと美味しく飲むために知っておきたい4つのこと ジン・トニックをもっと美味しく飲むために知っておきたい4つのこと…
  8. ジンを識るための大イベント、「ジン-ポジウム・ジャパン 2018」が11/25に開催! ジンを識るための大イベント、「ジン-ポジウム・ジャパン 2018…

おすすめ記事

西日本のトップバーテンダーが大阪に集結!「OSAKA COCKTAIL PARTY 2021」レポート 西日本のトップバーテンダーが大阪に集結!「OSAKA COCKTAIL PARTY 2021」レポート

美味しいカクテルが好きな方なら、一度に多くのカクテルを飲み比べできたら幸せに感じるかもしれません……

【九州・沖縄版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 37ブランドの特徴を紹介 【九州・沖縄版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 37ブランドの特徴を紹介

今や日本各地で造られるようになったクラフトジンですが、その中でも九州・沖縄地方が一大産地となっている…

「YASO GIN」の造り手に聞く - なぜ健康食品メーカーがジンを手がけることになったのか? 「YASO GIN」の造り手に聞く – なぜ健康食品メーカーがジンを手がけることになったのか?

今や100前後のブランドが流通する国産クラフトジンの市場において、発売から1年足らずで品切れが続出す…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP