地方にも広がるジンの新たな波!「クラフトジンセミナー in 郡山」レポート

地方にも広がるジンの新たな波!「クラフトジンセミナー in 郡山」レポート

今大きな盛り上がりを見せているジンのムーブメントは着実に地方にも波及してきています。

そんな中昨年の11/24に福島・郡山にて、クラフトジンのイベント「Craft gin Seminnar」が開催されました。
地方ではまだまだ同様イベントが少ない中開催されたとあって、今回はイベントに参加。
その際の様子を写真を多用しながら振り返っていきます。

人気クラフトジンが集結!アンバサダーによるセミナーを実施

「偏った酒屋」というキャッチフレーズで豊富な洋酒を展開する福島の酒屋・サトー酒店が主催した今回のイベント。
北欧風の内装が特徴的なモダンダイニングスペースのアーマ・テラス郡山本店を会場に、「キュロ」、「フェルディナンズ」、「ボビーズ」など全国的に人気を集めるクラフトジンのブランドが集結しました。

イベントの前半はセミナー形式となっており、それぞれブランド公認のアンバサダーが講師となりました。
まず初めに行われた北欧フィンランドのジン「キュロ」のセミナーでは、本国からエリックさんとジャパンアンバサダーの野村空人さんが講師となり、フィンランドの名物でもあるサウナから(アイディア)が生まれたというキュロのストーリーを紹介。
「フィンランドではライ麦は国民食と言えるほど愛されているのに、なぜ国産のライ麦スピリッツを造らないのか?」とサウナで飲みながら疑問に思ったことから始まったのだと言います。

野村空人さん

キュロについて語る野村空人さん

続いて行われたドイツが誇るクラフトジン「フェルディナンズ」のセミナーでは、夫婦で横浜にてバーを営みながらアンバサダーを務める北條久美子さんが登壇。
「ベースのスピリッツの原料にスペルト小麦という古代麦を使ってる。また、ワイナリーらと共同で始めたこともあり、蒸溜後にザール地方の白ワインを加えているのはフェルディナンズの大きな特徴」だと言います。
その他、造り手は新しいことへのチャレンジに余念がないそうで、現在日本限定エディションなども展開しているとのこと。

フェルディナンズについて語る北條久美子さん

フェルディナンズについて語る北條久美子さん

最後に行われた「ボビーズ」のセミナーでは、山崎勇貴さんが講師を務め、オランダにて祖父のジン・レシピを偶然見つけた孫が思いに駆られ誕生させたというボビーズについて解説。レモングラスなどオリエンタルなボタニカルも用いているのが特徴で、試作を繰り返すなかで、レモンのフレーバーを強くジンが一番良いとしてそうしたジンに仕上げたのだとか。
また、山崎さんは、今バー業界で大注目のビターズ「ザ・ジャパニーズ・ビターズ」の製造を手がけていることもあり、こちらのセミナーも併せて実施。
海外でのバーテンダー経験のなかで「なぜ日本産のビターズがないのか?」と感じたことが発端となり、国産の素材のみを使用した和のフレーバーのビターズを完成させたのだと言います。
現在ゆず、しそ、ヒノキ、そして旨味の4つのフレーバーで展開されているとのことです。

山崎勇貴さん

山崎勇貴さんはトップバーテンダーとしても知られる

セミナー後は、各ブランドの試飲やカクテル、食事を楽しめる懇親会を開催し、ジンづくしのイベントは閉幕しました。

懇親会の様子

懇親会の様子、イベントを主催したサトー酒店の佐藤さん

地方にも波及するジンのムーブメント

福島はウイスキー人気が根強い地域とされていますが、今回イベントに来場したバーテンダー曰く、バーで扱われるジンは数年前と比べ着実に増えてきており、業界内でのジンへの関心は高まっていると言います。
また、今回のイベントでは半数がバー業界以外の参加者で、飲み手の関心も高まっていることが窺えことに加え、イベントをとおしてジンの多様な魅力や可能性を感じとっていた様子が見て取れました。
今後、こうした地方においてはジンなどクラフトスピリッツはまだまだ盛り上がる可能性は大いにあると、感じさせました。

なおイベントを主催したサトー酒店は、郡山に、様々な洋酒の試飲ができる角打ちバー「NEIGHBOR」を昨年12月にオープンしたそう。
気になる方は一度体験してみては?

写真ギャラリー

小針 真悟
著者:小針 真悟

[LiquorPage運営責任者] お酒の現場を7年経験したのちに独立。お酒の魅力を多くの人に知ってもらうべく、2016年11月に「LiquorPage」の運営を開始。 洋酒から和酒まで幅広い知見をベースに、ジン専門書籍やテキーラメディアなど外部酒類メディアの執筆協力の他、イベントの企画運営にも携わる。(ただの酒好き)

関連記事

  1. クラフトジン・フェルディナンズ 高級白ワイン入りのクラフトジン?「フェルディナンズ」の魅力とは
  2. 「ゴードン」はジンの歴史を知る上で欠かせないブランド!誕生ストーリーと特徴に迫る 「ゴードン」はジンの歴史を知る上で欠かせないブランド!誕生ストー…
  3. ジン・その魅力とは カクテルやロック、多様な飲み方に対応できる「ジン」の魅力
  4. お酒に振りかける香水!?国産ビターズ「PUSH BITTERS」でハイボールやカクテルをアップデート お酒に振りかける香水!?国産ビターズ「PUSH BITTERS」…
  5. 秋田の銘酒“山本”の造り手がクラフトジン「ナイトトラベラー」を発売!その全貌に迫る 秋田の銘酒“山本”の造り手がクラフトジン「ナイトトラベラー」を発…
  6. ジャパニーズクラフトジンの今後を予想 さらに流行る?ジャパニーズクラフトジンの“今後”を予想してみる
  7. クラフトジン・ヘンドリックス ヘンドリックス…クラフトジンのパイオニア的銘柄を徹底解剖
  8. 沖縄クラフトジン「MIZUHO」 沖縄発トロピカルなクラフトジン「MIZUHO」が数量限定発売!そ…

おすすめ記事

西日本のトップバーテンダーが大阪に集結!「OSAKA COCKTAIL PARTY 2021」レポート 西日本のトップバーテンダーが大阪に集結!「OSAKA COCKTAIL PARTY 2021」レポート

美味しいカクテルが好きな方なら、一度に多くのカクテルを飲み比べできたら幸せに感じるかもしれません……

【九州・沖縄版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 37ブランドの特徴を紹介 【九州・沖縄版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 37ブランドの特徴を紹介

今や日本各地で造られるようになったクラフトジンですが、その中でも九州・沖縄地方が一大産地となっている…

「YASO GIN」の造り手に聞く - なぜ健康食品メーカーがジンを手がけることになったのか? 「YASO GIN」の造り手に聞く – なぜ健康食品メーカーがジンを手がけることになったのか?

今や100前後のブランドが流通する国産クラフトジンの市場において、発売から1年足らずで品切れが続出す…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP