ジントニックとモスコミュールの作り方や材料は?

ジントニックとモスコミュールのレシピ

ジントニックとモスコミュールといえば、言わずと知れた超人気カクテルです。
みなさんも一度はお飲みになったことがあるのではないでしょうか?

居酒屋やカラオケの飲み放題にも含まれるなど、かなり馴染み深いカクテルですが、意外と何で作られているかご存知ない方が多いんですよね。

そこで本記事では、ジントニックとモスコミュールの作り方についてと、ちょっとした豆知識をご紹介していきます。

スポンサーリンク

ジントニックの材料はジン+トニックウォーター

結論から言うとジントニックは、その名のとおり、ジン+トニックウォーターで作られています。
さらにライムも絞り落とします。お店によっては絞らずにグラスに添えることもありますね。

Gin Tonic 2.jpg
By Foto: Achim Schleuning / , CC BY-SA 3.0 de, Link

レシピ

ジン:30ml
トニックウォーター:適量
ライム:絞り落とし

割合でいうと、
[ ジン 2:8 トニックウォーター ]
です。

ジンの量は好みで変えてOKです。
ただしアルコール度数が40度と高いお酒なので、入れすぎは注意です。

そもそもジンとはどんなお酒?

ジンはウイスキーや焼酎などと同様に蒸留酒(スピリッツ)に分類されます。
主な産地はイギリスで、他にもオランダやドイツなどでも作られています。

ベースとなるスピリッツにジュニパーベリーやコリアンダー、レモンピールなどのいわゆるボタニカルを複数種加えて作られます。
ジンの独特のハーブっぽい風味はこれらボタニカル由来のものです。

ちなみにジンは元々は薬酒、つまりとして作られました。
利尿作用があったことから熱病の特効薬とされていたそうです。(バーテンダーズマニュアルより)

ジンについて詳しくはこちらをご参考ください。

あまり飲む習慣のないトニックウォーター

トニックウォーターは、果物の皮などを混ぜて作られた炭酸飲料です。
糖分もしっかり入っているため、ジュースとして普通に飲めます。
爽やかな甘みと、程よいほろ苦さで美味しい飲み物ですよ。

飲食店で働いていると、お店にトニックウォーターがあるので頻繁に飲んだりできるのですが、
そうでない方は、トニックウォーターをジュースとして飲む機会はあまりないと思います。

スーパーや酒屋、Amazonなどで買うことができるのでぜひ飲んでみてください。

モスコミュールの材料はウォッカ+ジンジャーエール

モスコミュールもジントニック同様に非常にシンプルな材料です。
ウォッカ+ジンジャーエールに、ライムもしくはレモンを絞って作られます。

Moscow Mule at Rye, San Francisco.jpg
By Will Shenton – https://bevvy.co/cocktail/moscow-mule/gsp, CC BY-SA 3.0, Link

レシピ

ウォッカ:30ml
ジンジャーエール:適量
ライムorレモン:絞り落とし

割合でいうと、
[ ウォッカ 2:8 ジンジャーエール ]
です。

ウォッカの量は好みで変えてOKです。
ただし、ウォッカもアルコール度数が40度と高いお酒なので、入れすぎは注意です。

そもそもウォッカとはどんなお酒?

ウォッカもジンと同様、蒸留酒に分類されます。
主な産地はロシア、ポーランド、アメリカなどの寒い地域です。
原料は大麦、ライ麦、トウモロコシなどの穀物です。

ウォッカの特徴は何といっても「無味無臭」です。
原料は味はほとんど感じず、(正直に言うと)ほとんどアルコールの味です。

全くと言っていいほどクセがないため、カクテル用として重宝されています。

世界一アルコール度数が高いスピリタスがあるなど、度数が高いウォッカも多くあります。

モスコミュールではなく正しくはモスコー・ミュール

飲食店のメニューでは、便宜上モスコミュールと表記されることも多いですが、正しくはモスコー・ミュールです。
英語にするとその理由は明らかで、英語では「Moscow Mule」と表記します。

意味は「モスクワのラバ」で、「ラバに蹴り飛ばされたように効いてくるお酒」が語源だそうです。
アルコールの強いウォッカがベースになっていることから、度数は意外と高めの10度前後

ビールのようにグビグビ飲んでいると、確かに後から効いてきますね。

スポンサーリンク

まとめ

ちなみに、ジントニックとモスコミュールは、それぞれの割りものを変えることで別のカクテルになります。
ジンをジンジャーエールで割れば、ジンバック
ウォッカをトニックウォーターで割れば、ウォッカトニック
このように変化します。
ぜひこちらも試してみてください。

ちょっと余談ですが…
ジントニックもモスコミュールも非常にシンプルに作られたカクテルです。
しかし、シンプルだからこその奥深さがあります。
作り手によって味が微妙に異なり、ジントニックを頼めばバーテンダーの腕がわかるとも言われています。

それではこの辺で。
以上、「ジントニックとモスコミュールのそもそもの作り方や材料は?」でした。

スポンサーリンク
小針 真悟
著者:小針 真悟

[LiquorPage代表] 豊富な現場経験と長年のお酒愛によって、ジンを筆頭にあらゆるお酒の知識を持つ。ジン専門書籍やテキーラメディアなど外部酒類メディアの執筆協力の他、イベントの企画運営にも携わる。

関連記事

  1. 世界トップバーテンダー監修のバーで楽しめる焼酎!「The SG Shochu」が新発売 世界トップバーテンダー監修のバーで楽しめる焼酎!「The SG …
  2. マティーニとは? カクテルの王様「マティーニ」とは?材料や作り方、特徴を解説
  3. “今飲んでおきたい”世界が注目するジン・カクテル 5選 “今味わっておきたい”世界が注目するジン・カクテル 5選
  4. 動画でラムを知ろう!ラムの歴史や製法、カクテルを網羅できるYouTube動画 動画でラムを知ろう!ラムの歴史や製法、カクテルを網羅できるYou…
  5. ラムベースカクテル バーで飲みたい「ラム」を使った代表的なカクテル8選!
  6. Why shake? バーテンダーはなぜカクテルを作る際にシェイクするのか?
  7. 自宅やバーで楽しむ「レミーマルタン」/ On 2 Off Bar 座談会 No.5 (YouTube) 自宅やバーで楽しむ「レミーマルタン」/ On 2 Off Bar…
  8. クラフトカクテルの祭典「東京カクテル 7 デイズ 2020」の開催が決定!10/1-31まで新たな形で開催 クラフトカクテルの祭典「東京カクテル 7 デイズ 2020」…

おすすめ記事

東京・蔵前にジンの蒸溜所がオープン!エシカル・スピリッツ社が「東京リバーサイド蒸溜所」を開設 東京・蔵前にジンの蒸溜所がオープン!エシカル・スピリッツ社が「東京リバーサイド蒸溜所」を開設

今、世界的に盛り上がっているお酒、ジン。その製造拠点である蒸溜所も続々と新設されていますが、近頃…

秋田の銘酒“山本”の造り手がクラフトジン「ナイトトラベラー」を発売!その全貌に迫る 秋田の銘酒“山本”の造り手がクラフトジン「ナイトトラベラー」を発売!その全貌に迫る

美の国秋田といえば、全国的な人気集める日本酒を多く輩出する酒処。そんな秋田の中でも、特に人気があ…

日本初のジンのブランドハウス「季の美ハウス」訪問レポート 日本初のジンのブランドハウス「季の美ハウス」訪問レポート

国産クラフトジンのパイオニアであり、今や世界でも高い評価を獲得している京都発のジン「季の美」。そ…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP