大人気ベルギービール、ヒューガルデン・ホワイトがリニューアル!特徴と魅力をご紹介

大人気ベルギービール、ヒューガルデン・ホワイトがリニューアル!特徴と魅力をご紹介

近年のクラフトビールブームにより、ベルギービールの人気も高まっています。
ベルギービールといえば、ユニークなスタイルを含む多種多様なスタイルのビールがあることで知られています。

その中でも日本で人気が高いのが、ベルジャンホワイトとも呼ばれる、ホワイトエール。
そして、そのベルジャンホワイトの王道であり、日本で絶大な人気を誇るのが「ヒューガルデン・ホワイト」です。

スーパーなどでも販売されていることからパッケージで認知されていることも多い銘柄ですが、実は最近リニューアルされ、パッケージはより爽やかなデザインになり、さらに価格も変更となりました。
そこで当記事では、ヒューガルデン・ホワイトの特徴・魅力をおさらいしながら、リニューアルのポイントをご紹介していきます。

ヒューガルデン・ホワイトとは?

ヒューガルデン・ホワイトは「ベルジャンホワイト(ホワイトエール)にあたるビールです。
まずこれがどのようなスタイルなのか見てみましょう。

ホワイトエールとは
原料に大麦麦芽だけでなく、小麦を使用しており、小麦のたんぱく質によって白濁することから“ホワイト”の名がついている。
また、香り付けに香辛料が使用されることが多く、爽やかかつ華やかな香りで苦味が少なく飲みやすいのが特徴。
ヒューガルデン・ホワイト330ml瓶

ヒューガルデン・ホワイトはホワイトエールの王様とも言われることがある。

世界的に有名なホワイトエールであるヒューガルデン・ホワイトは、ベルギーのヒューガルデン村発祥であることからその名がついています。
原料に小麦も使用するのはもちろん、香辛料としてオレンジピールとコリアンダーシードを用いています。
コリアンダーシードには馴染みがない方も多いかもしれませんが、要するにパクチーの種です。
これが不思議とパクチーとは異なる柑橘の香りを放つことで知られ、調理用スパイスとしても使用されています。

柑橘の代表格であるオレンジの皮とこれを使用することから、ヒューガルデン・ホワイトは柑橘の爽やかな香りが豊かで、かすかなスパイス香がアクセントとなっています。
小麦由来の甘みも感じられることから、飲みやすく、ビールの苦味が苦手な方にもオススメできる、ある意味では貴重なビールです。

また、ビールの世界的コンペであるワールドビアカップでは通算6度の金賞を受賞している逸品でもあります。

新しいなったのはパッケージだけじゃない!実は価格も…

それではヒューガルデン・ホワイトのリニューアルポイントについても少し詳しく見てみましょう。

  • パッケージがより爽やかに!
  • 値段がより安くなった!
  • WEBサイトが見やすくなった!

パッケージがより爽やかに!

瓶だけじゃなく缶のデザインもリニューアル。

瓶だけじゃなく缶のデザインもリニューアル。

今までは水色とクリーム色のバイカラーが印象的なパッケージデザインでしたが、新しいパッケージではこのビールに欠かせない重要な原料であるオレンジとコリアンダーも描かれており、全体的に爽やかなデザインになりました。

値段がより安くなった!

輸入ビールだから、というのはもちろん、手間のかかる製法を経るヒューガルデン・ホワイトは価格は少し高めの設定になっています。
しかし今回価格が変更され、330ml瓶で299円、同量の缶で278円と、50円近く値下げされました。

これはファンとしては嬉しい変更でしょう。

WEBサイトが見やすくなった!

実は今回のリニューアルに合わせて公式サイトも新しくなっています。
情報がわかりやすく整理されており、ビールに詳しくない方でもヒューガルデンの魅力を感じてもらいやすくなっています。

公式サイト:http://hoegaarden.jp/

新しくなったヒューガルデン・ホワイトを飲んでみよう!

装い新たに、より親しみやすい価格にもなったヒューガルデン・ホワイト。
独特の爽快感があるこのビールは、これからの季節にはピッタリです。

なお自宅で楽しみ際は、以下の方法で飲むとより美味しく感じられるでしょう。

ヒューガルデンの美味しい飲み方

①ヒューガルデンをしっかり冷やします。
②グラスを45度に傾け、グラスの上部に触らないようにしながら、ビールの2/3をゆっくりと注いでください。
③グラスを真っ直ぐに戻し、ボトルの底の沈殿物を浮かせるように何度かぐるぐると回してください。
④グラスを垂直に戻しながら、リッチな泡がグラスの縁から指二本分になるようボトルに残った全てを注いでください。
小針 真悟
著者:小針 真悟

[LiquorPage運営責任者] お酒の現場を7年経験したのちに独立。お酒の魅力を多くの人に知ってもらうべく、2016年11月に「LiquorPage」の運営を開始。 洋酒から和酒まで幅広い知見をベースに、ジン専門書籍やテキーラメディアなど外部酒類メディアの執筆協力の他、イベントの企画運営にも携わる。(ただの酒好き)

関連記事

  1. IBUとは? クラフトビールでよく目にする「IBU」の意味とは?
  2. ラガーとエール ビールのラガーとエールの違いとは?をわかりやすく説明!
  3. what is PINK IPA? 筆者が超おすすめするクラフトビール「パンクIPA」とは?
  4. 2018 リカマンウイビアメッセ in KYOTO ウイスキー、クラフトビールが京都に集結!「リカマンウイビアメッセ…
  5. ホップとは? ビールでよく聞く「ホップ」とは一体どんなもの?
  6. Craft beer? クラフトビールとは?普通のビールとの違いは何?
  7. 来場者4900名の大盛況!「リカマンウイビアメッセ in KYOTO」レポート 来場者約5000名の大盛況!「リカマンウイビアメッセ in KY…
  8. コロナビールの“極秘”チルアウトイベント「CORONA CATCH THE SUNSET」が8/29〜31に開催! コロナビールの“極秘”チルアウトイベント「CORONA CATC…

おすすめ記事

2021版・世界のバーで人気の“ジンカクテル”ランキングTop13 - 1位はやはり“あの”カクテル! 2021版・世界のバーで人気の“ジンカクテル”ランキングTop13 – 1位はやはり“あの”カクテル!

マティーニやネグローニなど、数えきれないほどジンのカクテルがある中で、世界のバーではどのカクテルが人…

仏産ブドウのジン「ジーヴァイン フロレゾン」の魅力と、プロが教える美味しい飲み方 仏産ブドウのジン「ジーヴァイン フロレゾン」の魅力と、プロが教える美味しい飲み方

世界中に数えきれないほどのジンが存在する中で、人気を集めるジンにはやはり明確な理由があるもの。…

造り手に聞く – 「酒食堂 虎ノ門蒸留所」と「COMMON ジン」の誕生秘話 造り手に聞く – 東京産のジン「COMMON」と「虎ノ門蒸留所」誕生秘話

日本を含め、世界中でジンの造り手が増えている中で、大都市の中心部に拠点を構える“都市型蒸溜所”は、近…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP