筆者が超おすすめするクラフトビール「パンクIPA」とは?

what is PINK IPA?

日本では今、クラフトビールが流行っていますよね。
そんなクラフトビールブームの中、筆者がどうしてもみなさんに飲んでもらいたいビールがあります。

パンクIPAというビールはご存知でしょうか?

実は当サイトでは、すでに何度かご紹介しているクラフトビールなのですが、本記事ではよりしっかりとパンクIPAの魅力をご紹介していきます。
日本でも流行り始めている銘柄なので、知っておいて(味わっておいて)損はないと思いますよ。

パンクIPAとは?

パンクIPAは、スコットランドのクラフトビールメーカー「ブリュードッグ」が製造するビールの主力ラインナップです。
2007年創業と歴史の浅いビールメーカーなのですが、ド派手で過激なマーケティングと味の良さで、人気が高まっています。

ブリュードッグは、大手ビールメーカーが作るビールとは異なり、コストを度外視してビールを作り出しています。
その証拠にパンクIPAでは、原料の麦芽量を2.5倍、ホップに関してはなんと40倍もの量を使用しているそうです。

パンクIPAの味の良さは高く評価されていて、辛口の評価で有名なビール評価サイト「RateBeer」では97点を獲得しています。(2016年12月22日現在、参考元)

Brewdog Brewery interior - kegs.jpg
By Reuben Gray – https://www.flickr.com/photos/reubengray/17969134371/, CC BY 2.0, Link

ちなみにパンクIPAの名前の由来は…

かつてパンクがポップを吹き飛ばしたように、英国のビール文化を粉砕したいとの希望を込めて、この商品を「パンクIPA」と名付けたのである。
出典:クーリエ・ジャパン|巨大メーカーも業界団体も怖くない! 世界一過激な地ビールメーカー「ブリュードッグ」が若者から絶大な人気を誇る理由

そのビール造りに対する情熱は「ブリュードッグの使命」なるものに滲み出ています。

グラスの中身が、俺たちの全て。
決してブレない。楽な道を選ばない。
ありきたりのビールなんてまっぴらだ!!
誰も飲んだことのない、心を揺さぶるビールを造るためだったら何だってやる。
出典:ブリュードッグバー公式サイト

そもそもIPAとは?

パンクIPAのパンクの由来については前述しましたが「じゃあIPAは意味は何なの?」と疑問に思っている方もいらっしゃると思うので、ご説明しておきますね。

IPAとは数あるビールタイプの一つで「インディア・ペールエール(india pale ale)」の略です。
ビールタイプとは、ピルスナーやペールエール、スタウトなどのこと、製造方法の違いによる、見た目や味わいの違いを指します。

IPAはペールエールの兄弟的存在で、ペールエールよりも麦芽やホップなど原料を多く使用しています。
そのため味わいは、より芳醇で苦味が強くなる傾向があります。

ビールタイプについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

筆者がパンクIPAをおすすめする3つの理由

ここまではパンクIPAについての概要的な記述でしたが、ここからは「筆者がなぜパンクIPAを超おすすめするのか?」について記していきます。

独特な味と香りが絶品

筆者がパンクIPAをおすすめする理由は、何と言ってもその独特の味わいです。
よくグレープフルーツの香りと例えられますが、まさにその通りで、強烈で爽快なグレープフルーツの香りと風味を実感できます。

IPAとだけあって苦味も強いのですが、一般的なビールとは苦味のタイプが異なります
日本の大手ビールのようなキレのある苦味ではなく、コクのある芳醇な苦味なのですね。

実は筆者は、大手ビールの苦味が苦手なのですが、パンクIPAの場合は、グレープフルーツの風味とセットで味わうので、むしろその苦味が気持ちよく感じることができます。
パンクIPAは、ビールが割と苦手な筆者でも「これはおいしい!」と思うことができたわけです。

おすすめしてハズしたことがない

筆者が最初にパンクIPAを味わったのは、2012年のウイスキーライブという試飲イベントにて。
ブリュードッグに関してはもっと以前から知っていて、ウイスキーの樽で熟成させた「パラドックス」など、面白そうだなと感じてはいたのですが、ビールへの苦手意識から飲むことはありませんでした。

しかしイベントで実際に味わってみると、いい意味で予想外の味で、普通のビールとは違った旨さのあるビールでした。

それ以降、事あるごとにパンクIPAをおすすめしていたのですが、おすすめしてハズしたことがありません
だいたいの方は「グレープフルーツの香りがスゴイ」など「すごくおいしい」などと衝撃を受けています。

パンクIPAのすごいところは、ビール好きの方におすすめしてもハズさないこと。
あくまで筆者の経験則ですが、だいたいの洋物ビールや変わり種ビールは、日本のビールが好きな方からは評価がイマイチだったりするのですが、パンクIPAに関しては概ね「おいしい」と言ってもらえています。

購入が難しくない

そして最後にもう一点。
実はパンクIPAは、日本でも購入が割と容易にできます。

酒販店ではもちろん、普通のスーパーやドンキホーテなどでも売っていることがあります。
スーパーに関しては、確率はそこまで高くないかもしれませんが、大手の酒販店ならほとんどで売っています。
ちなみに筆者は、よく信濃屋という酒販店で購入していました。

それから、Amazonなどの通販でも購入することができます。
通販なら確実に購入できますし、パンクIPA以外のブリュードッグのビールを買うことができるのでおすすめです。

まとめ

以上が、筆者がパンクIPAを超おすすめする理由です。
ここまでご覧いただいた方は、パンクIPAが飲みたくなっているのではないでしょうか?笑

普通のビールと比べるとちょっぴりお値段が張りますが、それ以上の価値があると筆者は思っています。
ぜひみなさんもパンクIPAを味わってみてください。

それではこの辺で。
以上、「筆者が超おすすめするクラフトビール「パンクIPA」とは?」でした。

著者:小針 真悟

[LiquorPage運営責任者] お酒の現場を7年経験したのちに独立。お酒の魅力を多くの人に知ってもらうべく、2016年11月に「LiquorPage」の運営を開始。 洋酒から和酒まで幅広い知見をベースに、様々な酒類専門メディアの執筆・編集のほか、酒類イベントの企画運営やWEB制作、プロモーション業にも携わる。写真撮影も行うなど、お酒を通じた様々な制作業を一人でこなす。(ただの酒好き)

関連記事

  1. 苦手な人にこそオススメのビール ビールが苦手な方にこそ飲んでもらいたい銘柄「ヴェデット」
  2. クラフトビール、冷やしすぎ? クラフトビール、冷やし過ぎていませんか?
  3. アメリカで大流行するクラフトなお酒たち クラフトビールにクラフトウイスキー…アメリカではクラフトなお酒が…
  4. なぜ、プレミアムビール「ミラー・ジェニュインドラフト」はパーティー好きの若者向けなのか? 若者向けプレミアムビール?「ミラー・ジェニュインドラフト」が日本…
  5. おすすめIPAビール クラフトビール・おすすめのIPA8選
  6. 常陸野ネストビールとは 世界で人気のクラフトビール「常陸野ネストビール」を知る
  7. ベルギービール・ビールスタイル解説 ベルギービール入門・代表的ビールスタイルまとめ【全11種】
  8. ホップとは? ビールでよく聞く「ホップ」とは一体どんなもの?

おすすめ記事

広島市・ベネチア市 友好協力記念!「SAKURAO GIN」と「MARTINI」を使ったカクテルプロモーションを開催! 広島市・ベネチア市 友好協力記念!「SAKURAO GIN」と「MARTINI」を使ったカクテルプロモーションを開催!

水の都として世界的に知られるイタリアのベネチア市、そして中国地方最大の都市・広島市が友好協力関係にあ…

日本一のバーテンダーと行くロンドン・バー巡り - 旅でかきたてられた創造力とは?その集大成カクテルもご紹介 日本一のバーテンダーと行くロンドン・バー巡り – 旅でかきたてられた創造力とは?その集大成カクテルもご紹介

新たな発見や想像しえないインスピレーションを得られるのは、旅の大きな醍醐味の一つ。日本一のバーテ…

日本一のバーテンダーと行く『ボンベイ・サファイア蒸溜所』後編 - こだわりの蒸溜法と最先端のサスティナビリティとは? 日本一のバーテンダーと行く『ボンベイ・サファイア蒸溜所』後編 – こだわりの蒸溜法と最先端のサスティナビリティとは?

『ボンベイ・サファイア プレミアクリュ』のカクテルコンペティションで日本一に輝いた加藤晋悟さん(TH…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP