とにかく美味しい米焼酎6選〜初心者にもオススメの銘柄をピックアップ

とにかく美味しい米焼酎6選〜初心者にもオススメの銘柄をピックアップ

芋焼酎や麦焼酎など、様々なタイプがあることで知られる本格焼酎。
その中でも米焼酎は、日本人の主食である米のみを原料としていることから、ある意味では最も日本人の舌に合う焼酎と言えるかもしれません。
どことなく落ち着くような味わいで、数ある本格焼酎の中でも飲み手を選ばない傾向にあります。

そんな米焼酎の中でも、筆者が美味しいと感じるオススメ銘柄を6つピックアップしてみました!
それぞれ簡単に基本情報や特徴などご紹介していきます。

米焼酎とは
米と米麹(米に麹菌を繁殖させたもの)を原料とする本格焼酎。原料は日本酒と同じで、簡単に言えば日本酒を“蒸留”させたものが米焼酎。
蒸留を経ることでアルコール度数が高まっており、25度前後で瓶詰めされている。

美味しい米焼酎をピックアップ

一口に米焼酎といっても、吟醸酒のような華やかでフルーティーなものや、濃厚な味わいのものなど、そのタイプは様々。
ここでは、なるべく多様なタイプの米焼酎をピックアップしています。
いずれも味わいに定評があり、知名度も高い銘柄です。

鳥飼

数ある米焼酎の中でも人気、知名度が高い銘柄の一つが鳥飼。
日本酒顔負けの、フルーティーで華やかな吟醸香で知られる銘柄で、口当たりはほんのり甘く、とにかく飲みやすいのが特徴です。
日本酒に用いられる酒米、山田錦や五百万石などを使用し、吟醸酒造りの技術と素材(吟醸酵母)を使用することでそれらは実現しており、蔵元の強いこだわりが感じられます。
焼酎ファンはもちろん、初心者の方にもまずは味わってもらいたい逸品です。

大石

熊本県の球磨(くま)郡で造られる米焼酎は、「球磨焼酎」としてWTOに産地呼称が認められています。
その球磨焼酎の中でも有名な銘柄の一つが大石。
シェリーやブランデーの熟成に使用した樽で熟成されていることで薄いゴールドに色づいており、洋酒のような華やかな甘みとまろやかな味わいが特徴の一本です。

山翡翠(やませみ)

中々や百年の孤独など有名焼酎を多く手がける宮崎の黒木本店が、森の中に新設した尾鈴山蒸留所で造るのが山翡翠。
尾鈴山の超軟水の伏流水が仕込みに使われており、3年間甕(かめ)で熟成されることにより、米の風味が豊かでやさしい味わいに仕上がっています。
ほのかにフルーティーな吟醸香も感じられ、飲みやすいタイプの米焼酎です。

野うさぎの走り

山翡翠と同じく黒木本店が手がける、飲みごたえ抜群の高級米焼酎が野うさぎの走り。
蔵で長期熟成された古酒タイプの米焼酎で、伝統製法によって造られ、米の旨味がしっかり感じられるのが特徴です。
アルコール度数が37度と高いことにより、水やソーダで割っても飲みごたえがあり、また、野生のうさぎが森を走り回るような爽やかさを追求して命名されたその名の通り、のどごしが良いのも魅力です。
焼酎自体をキンキンに冷やして、ストレートで味わうのも乙な飲み方です。

ほぼ米焼酎!日本酒の粕取り焼酎もオススメ

厳密には米焼酎には含まれませんが、日本酒の搾りかすで造られる粕取り焼酎もまた、米のみを原料としており味わいも似ていることからオススメです。

吟香露(ぎんこうろ)

日本酒「独楽蔵」などを手がける杜の蔵による粕取り焼酎は吟香露。
吟香と名がつくように、吟醸酒のような華やかな吟醸香を特徴としており、スッキリ上品な味わいの中にキレもあります。
また、この焼酎は、最近話題の岐阜のクラフトジン「アルケミエ」のベースとして使用されていることから、ジンファンの間でも密かに話題となっている銘柄。
そのジンと一緒に味わってみるもの面白いです。

七田(しちだ) 吟醸酒粕焼酎

全国に名を轟かせる佐賀の日本酒「七田」
その七田の吟醸酒の搾りかすで造られるのがこの焼酎です。
七田ならではの芳醇な味わいを踏襲しながらも、吟醸香が豊かでスッキリ洗練された味わいに仕上がっており、ロックや水割りはもちろん、ストレートでも飲みやすいのは大きな魅力です。

小針 真悟
著者:小針 真悟

[LiquorPage運営責任者] お酒の現場を7年経験したのちに独立。お酒の魅力を多くの人に知ってもらうべく、2016年11月に「LiquorPage」の運営を開始。 洋酒から和酒まで幅広い知見をベースに、ジン専門書籍やテキーラメディアなど外部酒類メディアの執筆協力の他、イベントの企画運営にも携わる。(ただの酒好き)

関連記事

  1. 赤霧島の秘密 意外と知らない!赤霧島はなぜ「赤」なのか?
  2. 世界10位のバー擁するSG Groupによる“カクテル居酒屋”「ゑすじ郎」が2/10渋谷にオープン! 世界10位のバー擁するSG Groupによる“カクテル居酒屋”「…
  3. おすすめ泡盛 初心者でも楽しめる!おすすめ「泡盛」厳選5選
  4. 泡盛の「古酒 / クース」とは?意味と特徴を簡単解説 泡盛の「古酒 / クース」とは?意味と特徴を簡単解説
  5. 世界で一番売れている日本のお酒、何かご存じ?実は“あの焼酎”だった 世界で一番売れている日本のお酒、何かご存じ?実は“あの焼酎”だっ…
  6. 黒麹の芋焼酎・28銘柄まとめ 黒麹の芋焼酎【28銘柄】を基本情報や特徴とともにご紹介
  7. キンミヤ焼酎・その魅力とは ホッピーの定番焼酎「キンミヤ」はなぜ人気?その魅力に迫る
  8. 本格焼酎ならではの特徴・魅力とは?…今こそ焼酎を飲もう! 本格焼酎ならではの特徴・魅力とは?…今こそ焼酎を飲もう!

おすすめ記事

クラフトジンのパイオニア「シップスミス」誕生秘話と、創業者に聞くこだわり〜飲み方のヒント クラフトジンのパイオニア「シップスミス」誕生秘話と、創業者に聞くこだわり〜飲み方のヒント

一つの大きなムーブメントが巻き起こる時、そこには必ず何かきっかけとなる出来事があるもの。今、…

世界で最も高額なウイスキーは?2021版・高額ウイスキーランキングTOP25 世界で最も値段が高いウイスキーは?2021版・高額ウイスキーランキングTOP25

ここ日本でもウイスキーの高額化が叫ばれている昨今、世界にはどれほど高額なウイスキーが存在するのでしょ…

和と洋の良さをあわせ持つ新時代の泡盛「尚」、その誕生ストーリーと特徴に迫る 和と洋の良さが合わさる新時代の泡盛「尚」、その誕生ストーリーと特徴に迫る

日本には伝統的なお酒がいくつかありますが、それらは実は少しずつ進化しています。改めて味わってみる…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP