バー87店舗で開催!クラフトカクテルの祭典「東京カクテル7デイズ 2023」が10/26~11/5まで開催!

バー87店舗で開催!クラフトカクテルの祭典「東京カクテル7デイズ 2023」が10/26~11/5まで開催!

東京の人気バーを気軽に体験してみたいと思う方は、きっと少なくないはず…

今をときめく人気のバーなどでは、伝統的なクラシックカクテルとはまた違う、独創的なコンセプトのもと作られるモダンなカクテル、いわゆる“クラフトカクテル”が注目を浴びています。

そんな“クラフトカクテル”を、都内の有名なバーで気軽に体験できるとして人気のイベント『東京カクテル 7 デイズ』が、今年も開催!

10/26(木)~11/5(日)までの10日間、都内のバー87店舗を対象に開催され、
10/28-29(土日)にはメイン会場でのポップアップイベントも開催されます。
当記事では、その楽しみ方や見所などをざっくりご紹介します。

「東京カクテル 7 デイズ 2023」とはどんなイベント?

東京カクテル 7 デイズ 2023

バー&カクテルファン向けのサイト「Drink Planet(ドリンクプラネット)」の運営元が主催のもと、2017年に初開催し、今年で7回目の開催となる『東京カクテル 7 デイズ』
今年は、昨年に続き都内の87ものバーが参加し、合計350種類のイベント限定クラフトカクテル(各店舗数種類ずつ)が提供されます。
飲み手は、イベントチケット代わりとなる「カクテルパスポート」を購入すると、参加店舗にて、イベント用に創作されたオリジナルクラフトカクテルが一律1,100円(税サ別)で味わえます。
クラフトカクテルは技術とコストを要するカクテルであるため、お店によっては1杯2000円以上することも珍しくないことに加え、そもそも都内の人気のバーはカクテルの決して安くはないため、あまりバーに馴染みがない方にとっては、少し躊躇してしまうかもしれません。
『東京カクテル 7 デイズ』では、それらが気軽に楽しめる価格になっていることに加え、参加店舗の対象カクテルが全て一律の価格のため安心して楽しめます。
また、対象カクテルの1杯無料券が付いているほか、Village(メイン会場)でのポップアップイベントに無料で参加できます。

「東京カクテル 7 デイズ 2023」で提供されるカクテルの一例

「東京カクテル 7 デイズ 2023」で提供されるカクテルの一例

ポップアップイベントとは?

『東京カクテル 7 デイズ』の世界観を一つの会場で体験できるのが、Village(メイン会場)でのポップアップイベント。
今年は、天王洲アイルの「RIDE」を会場として、10/28(土)-10/29(日)の2日間で開催されます。
「カクテルパスポート」購入者は、誰でも無料で参加でき、会場では、10のブランドが展開するポップアップバーにて、有名なバーテンダーが手がけるクラフトカクテルを無料でテイスティングできます。
また、カクテルにまつわるワークショップへの参加もできます。

昨年のポップアップイベントの様子

昨年のポップアップイベントの様子

ラグジュアリーホテルや世界的なバーも参加

今年は、フォーシーズンズホテル東京大手町内の「VIRTÙ」や東京エディション虎ノ門のシグネチャーバー「Gold Bar」といった、“アジア最高のバー50選”の上位にランクインした世界中からの人気のホテルバーのほか、「ザ・リッツ・カールトン東京 / ザ・バー」や「ブルガリ ギンザ・バー」といった誰もが憧れるラグジュアリーホテルのバーも参加します。
また「QUARTER ROOM」「unknown」「3rd AVE. BAR」など話題の新店や、SG Group が手がける「zero-waste」(廃棄物ゼロ)をコンセプトとしたカフェ&バー 「æ(アッシュ)」なども初参加。

「QUARTER ROOM」

「QUARTER ROOM」

毎回のことながら、バーの世界ではとても有名なお店ばかりが参加しています。(当メディアの「バーテンダーへの8つの質問」に登場のバーも数多く参加しています)
「カクテルパスポート」は、それらのお店の紹介本でもあり、東京のバーガイドブックとして、イベント後も活用できます。

クラフトカクテルはもちろん、東京のトップバーを気軽に体験するチャンスかもしれません。

「東京カクテル 7 デイズ 2022」イベント詳細

■開催日時&場所:
1) 参加店舗 – バーホッピング
2023年10月26日(木)から11月5日(日)まで 各店舗の営業時間に準じる
東京のバー、レストランバー、ホテルバー 87店舗
https://cocktailbar.jp/7dbars

2) Village [メイン会場] – POP UP カクテルイベント
開催場所:RIDE (天王洲アイル)
東京都品川区東品川 2 丁目 2-24 天王洲セントラルタワーキャナルガーデン 1F
日時:2022年10月28日(土)13:00~19:00 / 10月29日(日)12:00~18:00
*10のお酒およびシロップブランドによるPOP UP BARを展開。
*各ブースで旬のカクテルを2日間で合計10杯まで楽しめます。 *1日5杯まで
https://cocktailbar.jp/7days_2023/

■参加カクテルパスポート価格:
前売券(11 月 3 日まで)3,960円(税込)/ 当日券 4,980円(税込)
(公式サイトでの前売券販売郵送分は10月22日まで)

■公式サイト: https://cocktailbar.jp/7days/
Facebook : @cocktailbarconcierge / Instagram : @cocktail7days

著者:小針 真悟

[LiquorPage運営責任者] お酒の現場を7年経験したのちに独立。お酒の魅力を多くの人に知ってもらうべく、2016年11月に「LiquorPage」の運営を開始。 洋酒から和酒まで幅広い知見をベースに、様々な酒類専門メディアの執筆・編集のほか、酒類イベントの企画運営やWEB制作、プロモーション業にも携わる。写真撮影も行うなど、お酒を通じた様々な制作業を一人でこなす。(ただの酒好き)

関連記事

  1. 最高峰の音響設備!極上の音楽と先進的なバーメニューを楽しめる「THE MUSIC BAR」が渋谷に移転オープン! 最高峰の音響設備!極上の音楽と先進的なバーメニューを楽しめる「T…
  2. ジン・トニックをもっと美味しく飲むために知っておきたい4つのこと ジン・トニックをもっと美味しく飲むために知っておきたい4つのこと…
  3. 洋酒好きは行くべき!ウイスキー、ジンなど洋酒が4,000本揃う大阪の酒屋「千雅」 洋酒好きは行くべき!ウイスキー、ジンなど洋酒が4,000本揃う大…
  4. サンフランシスコ生まれの大人気カクテル「“トミーズ”マルガリータ」とは サンフランシスコ生まれの大人気カクテル「“トミーズ”マルガリータ…
  5. マティーニとは? カクテルの王様「マティーニ」とは?材料や作り方、特徴を解説
  6. ハイボールをより美味しく楽しめるようになる本!?「ウイスキー ハイボール大全」が発売 ハイボールをより美味しく楽しめるようになる本!?「ウイスキー ハ…
  7. 個性豊かなマルガリータの魅力を発信 〜 「マルガリータの日」Celebration Party 2020・レポート 個性豊かなマルガリータの魅力を発信 〜 「マルガリータの日」Ce…
  8. スターバックスのトップバーテンダーに聞く、今大人気のコーヒーカクテルの魅力 スターバックスのトップバーテンダーに聞く、今大人気のコーヒーカク…

おすすめ記事

広島市・ベネチア市 友好協力記念!「SAKURAO GIN」と「MARTINI」を使ったカクテルプロモーションを開催! 広島市・ベネチア市 友好協力記念!「SAKURAO GIN」と「MARTINI」を使ったカクテルプロモーションを開催!

水の都として世界的に知られるイタリアのベネチア市、そして中国地方最大の都市・広島市が友好協力関係にあ…

日本一のバーテンダーと行くロンドン・バー巡り - 旅でかきたてられた創造力とは?その集大成カクテルもご紹介 日本一のバーテンダーと行くロンドン・バー巡り – 旅でかきたてられた創造力とは?その集大成カクテルもご紹介

新たな発見や想像しえないインスピレーションを得られるのは、旅の大きな醍醐味の一つ。日本一のバーテ…

日本一のバーテンダーと行く『ボンベイ・サファイア蒸溜所』後編 - こだわりの蒸溜法と最先端のサスティナビリティとは? 日本一のバーテンダーと行く『ボンベイ・サファイア蒸溜所』後編 – こだわりの蒸溜法と最先端のサスティナビリティとは?

『ボンベイ・サファイア プレミアクリュ』のカクテルコンペティションで日本一に輝いた加藤晋悟さん(TH…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP