家飲み派には必須品?バキュバンで日本酒を開栓後も長持ち!

日本酒・日持ちさせるアイテム

日本酒を家でも飲む方は多いとおもいます。
ただし日本酒は、ワインほどではないにしろ「日持ちしない」という問題があり、例えば一升瓶での購入を避け、割高になってしまう四合瓶(720ml)で購入している方も多いことでしょう。

しかし実は、この問題に対して力強いミカタとなってくれる便利アイテムがあるのです。
それが本記事でご紹介する「バキュバン」です。

このバキュバンは、使うことで日本酒の劣化、つまりは酸化を抑え、より日持ちさせることができる簡単便利なアイテム
日本酒を多く扱う飲食店でも使われていて、一般の方でも簡単に使えるアイテムですので、参考になるかと思います。

日本酒は開栓後どんどん味が劣化していく

酒瓶と日本酒を注いだグラス

日本酒は一度開栓すると、空気に触れるためどんどん劣化していき、味が変わっていってしまいます。
ワインが日持ちしないのはよく聞くところですが、日本酒も実はワイン同様に酸化や劣化が早いお酒なのです。
これは、ほとんどの飲み物・食品が「開封後要冷蔵」であることと、要するに同じこと。

特に最近多くの日本酒で見られる「生酒」や「生詰」などは、加熱殺菌をしていない、もしくは省略化している鮮度が命のお酒であり、開栓した次の日にはもう味が変わってしまっています。
生酒の場合、一概には言えませんが、美味しく飲めるのは2〜3日目くらいまで。1週間もすれば、酸化が進み生臭くなっています。
生酒以外の日本酒でも1週間もすれば、味の劣化をはっきりと感じます。

ウイスキーや焼酎など、アルコール度数が高い蒸留酒などならこのようなことなく、開栓後も酸化を気にすることなく飲めます。
しかしお米を発酵させただけで度数が15%前後と高いとは言えない日本酒は、残りの9割弱はお米のジュースですから酸化・劣化が早いのです。

とはいえ、これを完全に防ぐことはできませんが、開栓後、空気になるべく触れさせないことで酸化・劣化を遅らせることは可能です。

日本酒をより日持ちさせるアイテム「バキュバン」

バキュバンとは、お酒の鮮度を保つ真空ポンプのようなもので、元々はワイン用のアイテムとして開発されたもの。
しかしワインと同じような性質を持つ日本酒でも使用することができ、日本酒を扱うお店でもよく使用されています。

かなり簡単に、しかも何度も使用でき、しかも2,000円前後というリーズナブルな値段であるため、一般のワインファンはもちろん、おそらく日本酒ファンの間でも使用している方は少なくないと思われます。(筆者はもう何年も使用しています)

バキュバンの仕組みとは?

真空ポンプと聞くと難しい器具をイメージするかもしれませんが、バキュバンの仕組みはいたってシンプル。
専用のキャップで栓をし、それにポンプを使って日本酒やワインの瓶内の空気を抜くというもの。
酸化の元である空気を追い出し、簡易的にではありますが真空状態を保つことで、酸化・劣化を遅らせることができるのです。

誰にでも簡単に使える

バキュバンの使い方はかなり簡単
専用キャップで栓をし、それに付属のポンプを押し付け、上下させるだけ。
しかも真空状態になると「カチッカチッ」と音が鳴る仕組みなので、程度もわかりやすくなっています。

コストパフォーマンスが良い

バキュバンは2,000円前後というリーズナブルであるだけでなく、購入後は何度も使用できるといったメリットがあります。
しかも専用キャップは2個付いてくるので、複数の日本酒に同時に使用することができます。
キャップだけ追加購入もできるので、バキュバンはコストパフォーマンスが良いと言えるでしょう。

ただし注意点として、炭酸を含む日本酒には使用できません。(ガス圧に耐えられずうまく栓ができません)

バキュバンを使用することでどれぐらい効果がある?

バキュバンを使用した際の効果、つまりどれだけ日本酒を日持ちさせることができるのか?
これは気になるところ。

残念ながら完全に酸化を抑えることはできません。
とはいえ確実に効果はあります。
銘柄や条件によっても異なるので一概には言えませんが、筆者の感覚では「2倍」とはいかないまでもそれに近いぐらい美味しく飲める期間が延びると思っています。
例えば「生酒」なら、美味しく飲める期間が2〜3日から3〜4日前後に延び、生酒以外なら1週間前後は美味しく楽しめるようになります。

それだけ?とも思うかもしれませんが、現実的に考えれば使用するだけで美味しく飲める期間が1〜2日も延びれば上出来だと思います。
それからバキュバン自体はリーズナブルで使い放題ですから、使用するにこしたことはないと言えるでしょう。

生酒は鮮度が命
バキュバンを使用することで生酒の劣化を遅らせることができますが、生酒はそもそも、開けたら早く飲みきるもの。
魚料理で言うところの刺身みたいなものなので、なるべく早く飲みましょう。

まとめ

ここまで日本酒の便利アイテム「バキュバン」について解説してきました。
日本酒を少しでも日持ちさせるのに「バキュバン」が役立つことをお分かりいただけたでしょうか?

バキュバン自体も気軽に使用できるアイテムですが、これを使用することによって日本酒もより気軽に家で楽しめるようになるでしょう。

ちなみに筆者はワイン用も含めると、かれこれもう10年近く愛用しているアイテムです。
ぜひみなさんも試してみてください。

それではこの辺で。

小針 真悟
著者:小針 真悟

[LiquorPage運営責任者] お酒の現場を7年経験したのちに独立。お酒の魅力を多くの人に知ってもらうべく、2016年11月に「LiquorPage」の運営を開始。 洋酒から和酒まで幅広い知見をベースに、ジン専門書籍やテキーラメディアなど外部酒類メディアの執筆協力の他、イベントの企画運営にも携わる。(ただの酒好き)

関連記事

  1. 清酒と日本酒の違いを簡単解説!どちらが正しい呼び方なのか? 清酒と日本酒の違いを簡単解説!どちらが正しい呼び方なのか?
  2. 末廣酒造・酒蔵見学 福島随一の酒蔵「末廣酒造」に行ってきた!写真付きでレポート
  3. 超高級日本酒の世界 知られざる超高級日本酒の世界〜普通の日本酒と何が違うのか?
  4. 熱燗はもったいない? 吟醸酒や高級な日本酒を「熱燗」にするのはもったいない?
  5. 映画「影裏」とのコラボ日本酒が、南部美人とわしの尾から発売!どんな日本酒? 映画「影裏」とのコラボ日本酒が、南部美人とわしの尾から発売!どん…
  6. 新政とは 今大人気の日本酒「新政」の特徴・銘柄を徹底解説!
  7. 日本酒・ラベル用語集 ひやおろし?おりがらみ?日本酒のラベル用語集【全20用語】
  8. リーデルから“純米酒用”の日本酒グラスが発売! トップグラスメーカーのリーデルから“純米酒用”の日本酒グラスが発…

おすすめ記事

【九州・沖縄版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 37ブランドの特徴を紹介 【九州・沖縄版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 37ブランドの特徴を紹介

今や日本各地で造られるようになったクラフトジンですが、その中でも九州・沖縄地方が一大産地となっている…

「YASO GIN」の造り手に聞く - なぜ健康食品メーカーがジンを手がけることになったのか? 「YASO GIN」の造り手に聞く – なぜ健康食品メーカーがジンを手がけることになったのか?

今や100前後のブランドが流通する国産クラフトジンの市場において、発売から1年足らずで品切れが続出す…

【大阪・京都・近畿版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 15ブランドの特徴を紹介 【大阪・京都・近畿版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 15ブランドの特徴を紹介

世界に羽ばたくクラフトジンへと成長した「季の美」と「ROKU」は、どちらも近畿地方の府県を産地とする…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP