知っておくと役立つかも?RTD・RTSという単語の意味とは

RTDとRTS、その意味とは

お酒関連の情報を見ていて、「RTD」「RTS」なる単語を目にしたことがある方は少なくないと思います。

酒類業界では頻繁に使われる専門用語で、一般向けの情報で使用される場合は()で意味を説明することが多いですが、何の説明もなしに使用される場合もあります。
そこで本記事では、この「RTD」と「RTS」という2つの単語の意味について簡単に解説していきます。

お酒を楽しむうえで必要不可欠な知識でありませんが、知っておくとどこかで役立つ知識です。
ちょっとした豆知識として知っておくと良いでしょう。

RTDは要するに缶チューハイ?RTSは?

まず先に結論から言うと、「RTDはそのまま飲めるお酒」「RTSは注いですぐ飲めるお酒」です。
それぞれ詳しく見ていきましょう。

RTDの意味とは?

まずRTDは、Ready to drinkの略語です。「すぐ飲めるもの」という意味で、栓を開けてそのまま飲めるお酒がこれにあたります。
代表的なところで言えば、缶チューハイもRTDです。他にも缶のハイボールやスミノフ・アイス、バカルディ・モヒート、ジーマなどの缶or瓶のカクテルもRTDにあたり、その多くがアルコール度数が5度前後と低いものとなっています。

RTSの意味とは?

対するRTSは、Ready to serveの略語です。「注ぐだけ」という意味で、氷を入れたグラスに注いで飲めるお酒がこれにあたります。ソーダや水で割って飲むケースもあります。
RTDに比べアルコール度数が10〜20前後ものが多く、700ml程度(ワインやウイスキーなどと同じ)と容量もRTDより多めのものが多くなっています。
代表的なところ言えば、ふんわり鏡月やバカルディ・カクテルズモヒート(RTDのモヒートとは異なり、700mlの瓶)やクエルボ・マルガリータ、最近ではサントリーのアイスジンもRTSにあたります。

傾向としては、RTDはあらかじめ炭酸などで割ったもの(つまり炭酸入り)で、RTSは炭酸などで割る以前のものといったところでしょうか。
どちらもより気軽にカクテルを楽しめるものとして、消費者の人気を集めています。

RTD・RTSをよく目にするようになったワケ

RTDやRTSは、特にここ3〜4年注目されるようになりました。
おそらくですが4年前ごろから始まったモヒートブームが関係しているのでしょう。

日本でもブームとなったモヒートですが、元々作るのにわりと手間がかかる方のカクテルです。
これをより気軽に楽しめるようにとバカルディ社がRTDのモヒートを手がけていたことで、多くの方がモヒートを認知し、さらに人気を集めました。
この頃から頻繁にRTDやRTSというワードを見るようになった気がします。

ちなみに日本ではRTDの方が人気ですが、アメリカではRTSが人気で、テネシーハニーやモヒート、そしてマルガリータなどが人気を集めているようです。

いずれにしても、このようにRTDやRTSなど「カクテルをより気軽に」という機運の高まりを受け、メーカー各社がこぞって新商品をリリースするようになったのでしょう。
消費者からすれば嬉しい話ですね。

日本は実はRTD天国?

最近でこそRTD・RTSという括りで注目されるようになりましたが、実は日本は元々「RTD天国」と言えるほどRTDが根付いている国です。

その理由はすでにお気づきかもしれませんが、「缶チューハイ」です。
世界的に見てこれだけ多くの種類の、缶に入ったカクテル・サワーがあるのはかなり珍しいようです。
スーパーに行けばビール棚の約半分は缶チューハイ(RTD)が占めていますから、たしかに元々かなりのレベルで根付いていたと言えます。

対して欧米などではウイスキーやリキュールなどをそのまま飲んだり、自分でカクテルを作ったりするのが一般的と言われてます。(だからこそRTSが人気なのでしょう)
そういった背景もあり、缶チューハイ(RTD)が一般的に広く認知され、そしてかなり売れている日本は「RTD天国」だと感じるのでしょう。

まとめ

本記事ではRTDとRTSの意味とそれにまつわるちょっとしたTipsをお送りしてきました。

最後にまとめると…

  • RTDは、栓を開けてそのまま飲めるお酒で、缶チューハイなどがこれに当たる。度数は5度前後。
  • RTSは、氷を入れたグラスに注いで飲めるお酒で、瓶に入ったカクテルなどがこれに当たる。度数は10〜20度前後。

実はみなさん知らず知らずにこれら(特にRTD)に触れていましたね。
これらはあくまで専門用語ですので必要な知識ではありませんが、知っておくと今後関連情報がすんなり入ってくることでしょう。
様々なRTD・RTSを試してみたくもなるかもしれませんね。
おすすめ情報についてはまた別記事でまとめようと思います。

それではこの辺で。
以上「知っておくと役立つかも?RTD・RTSという単語の意味とは」でした。

小針 真悟
著者:小針 真悟

[LiquorPage運営責任者] お酒の現場を7年経験したのちに独立。お酒の魅力を多くの人に知ってもらうべく、2016年11月に「LiquorPage」の運営を開始。 洋酒から和酒まで幅広い知見をベースに、ジン専門書籍やテキーラメディアなど外部酒類メディアの執筆協力の他、イベントの企画運営にも携わる。(ただの酒好き)

関連記事

  1. コール度数が高い=飲みにくいお酒」は誤解…本当は飲みやすいお酒? 「アルコール度数が高い=飲みにくいお酒」は誤解…本当は飲みやすい…
  2. 赤ワイン、カラダに良い? 赤ワインは体の良い?ワインを健康面から考える
  3. 発酵とは? 発酵とは何か?その仕組みをお酒初心者向けに簡単解説!
  4. 羽根つき焼きおにぎり専門店&バー「GAO」 羽根つき焼きおにぎり!?東京の焼きおにぎりバー「GAO」の魅力と…
  5. クラフトジンで有名なお店・グッドミールズショップ クラフトジンで有名な「グッドミールズショップ」に行ってきた
  6. アルコール度数が高すぎるお酒たち 日本でも購入可!「アルコール度数が高すぎる」お酒8選
  7. ルイヴィトン系酒類メーカー「MHD」とは? ルイヴィトン系の酒類メーカー「モエ・ヘネシー・ディアジオ(MHD…
  8. How to choice? お酒選びに迷った際にとるべき究極の解決法!

おすすめ記事

【九州・沖縄版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 37ブランドの特徴を紹介 【九州・沖縄版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 37ブランドの特徴を紹介

今や日本各地で造られるようになったクラフトジンですが、その中でも九州・沖縄地方が一大産地となっている…

「YASO GIN」の造り手に聞く - なぜ健康食品メーカーがジンを手がけることになったのか? 「YASO GIN」の造り手に聞く – なぜ健康食品メーカーがジンを手がけることになったのか?

今や100前後のブランドが流通する国産クラフトジンの市場において、発売から1年足らずで品切れが続出す…

【大阪・京都・近畿版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 15ブランドの特徴を紹介 【大阪・京都・近畿版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 15ブランドの特徴を紹介

世界に羽ばたくクラフトジンへと成長した「季の美」と「ROKU」は、どちらも近畿地方の府県を産地とする…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP