最先端のクラフトカクテルを気軽に楽しめる「東京カクテル7デイズ 2018」が5/18〜27に開催!

「東京カクテル7デイズ 2018」

「進化するクラフトカクテル」が体験できるイベント、「東京カクテル7デイズ」が今年も開催されます。
バー&カクテルファン向けのウェブサイト「Drink Planet(ドリンクプラネット)」が主催となり昨年よりスタートしており、最先端の独創性豊かなカクテルをカジュアルに楽しめるイベントとして話題になりました。

2年目の開催となる「東京カクテル7デイズ 2018」は、規模を拡大し、5/18(金)〜5/27(日)まで開催されます。(メイン会場は5/18〜5/20の3日間)
当記事ではこのイベントについてご紹介していきます。

バー好きの方や美味しいカクテルを飲みたい方は必見のイベントです。

「東京カクテル7デイズ」とは?

クラフトなお酒が何かと注目される昨今、カクテルも進化し続けており、バーテンダーが趣向を凝らし、明確なコンセプトのもと造るクラフトカクテルに注目が集まっています。
また、そういったカクテルのイベントは世界各地で開催されるようになり、バーカルチャーやカクテルを気軽に楽しめるイベントとして人気となっています。

そういった背景があり、開催される「東京カクテル7デイズ 2018」は、まさにその「進化するクラフトカクテル」を気軽に楽しめるイベント。
メイン会場のエコファームCafé 632(原宿)では、8ブランドのポップアップバーが登場し、チケットさえ購入すればこれらのブランドを使用したクラフトカクテル8つをタダで堪能できます。
さらに東京のトップバー66店舗が参画しており、各店舗で提供される特製カクテルを含めると、計246種類もの最先端クラフトカクテルを提供されます。
開催期間中は、カクテルパスポート(チケットと交換できるもの)を片手に、都内トップバーを気軽にハシゴでき、時代の潮流に乗ったバーテンダーが創作した様々なカクテルを特別価格の1,000円で体験が可能。

他のイベントやフェスとは一味違う、カジュアルながらも本格的な新しいスタイルのカクテルの祭典です。

イベントのポイント・メリットは?

「東京カクテル7デイズ 2018」では、メイン会場と参画するバーとでは提供されるコンテンツと享受できるメリットが異なります。

メイン会場では…

メイン会場では、購入したチケットをカクテルパスポートと交換すれば、バカルディやグレンモーレンジィ、ヘンドリックスなど8つのブランドによる8つのクラフトカクテルを無料で体験できます。
これらの含め計16以上のカクテルが提供され(一部有料)、さらに各ブランドのミニセミナーも開催されます。

バーでは…

参画している都内66のバーがとにかく豪華。ベンフィディックやミクソロジー・エクスペリエンス、TRUNK(HOTEL)、サンフェイスなど、時代の潮流に乗ったバーテンダーが在籍する有名バーばかりです。
カクテルパスポートをお持ちなら、これらのバーでイベント特製カクテルを特別価格の1,000円で体験できます。
さらにカクテルパスポートには、これらのバーで使用できるカクテル1杯無料チケットがついています。

Ben Fiddich(新宿)

Ben Fiddich(新宿) ©︎株式会社セロリ

Pavillion(中目黒)

Pavillion(中目黒) ©︎株式会社セロリ

石の華(渋谷)

石の華(渋谷) ©︎株式会社セロリ

上記に関連する詳しい情報やチケットの購入方法は公式サイトから。
https://cocktailbar.jp/7days

「東京カクテル7デイズ 2018」概要

■ 東京カクテル7デイズ 公式サイト
https://cocktailbar.jp/7days
■ 開催場所:
1) Village(メイン会場) 『エコファームCafé 632』 東京都渋谷区神宮前6-32-10
2018年5月18日(金)~20日(日) 3日間限定 16:00~21:30まで
*カクテルパスポート交換場所
*ポップアップバーでブランドカクテル無料テイスティング
*セミナー/カクテルマルシェ体験

2) バーホッピング対象都内66店舗
2018年5月18日(金)~27日(日)
渋谷、恵比寿、新宿、六本木、池袋、などを中心としたバー&レストラン ホテルバーなど

■ 参加カクテルパスポート価格:前売り 3,800円(税込)/当日券 4,500円(税込)

小針 真悟
著者:小針 真悟

[LiquorPage運営責任者] お酒の現場を7年経験したのちに独立。お酒の魅力を多くの人に知ってもらうべく、2016年11月に「LiquorPage」の運営を開始。 洋酒から和酒まで幅広い知見をベースに、ジン専門書籍やテキーラメディアなど外部酒類メディアの執筆協力の他、イベントの企画運営にも携わる。(ただの酒好き)

関連記事

  1. テキーラをカジュアルに楽しもう!美味しいカクテル「バタンガ」をご存じ? テキーラをカジュアルに楽しめる!美味しいカクテル「バタンガ」をご…
  2. 欧州ワインが安くなる? 関税撤廃でフランスやイタリアなど欧州ワインが安くなる?
  3. 2021版・世界のバーで人気の“ラムカクテル”ランキングTOP8 2021版・世界のバーで人気の“ラムカクテル”ランキングTOP8…
  4. トッププロに聞く、初心者にもおすすめできるコーヒーカクテル4選 トッププロに聞く、初心者にもおすすめのコーヒーカクテル厳選4選
  5. 海外の若者に大人気の低アルコール飲料「ハードセルツァー」をご存じ?実は日本でも楽しめる 海外の若者に大人気の低アルコール飲料「ハードセルツァー」をご存じ…
  6. そのまま飲んでも美味しい!ジン&トニックにオススメのトニックウォーター4選 そのまま飲んでも美味しい!ジン&トニックにオススメのト…
  7. ウォッカベースカクテル バーで飲みたい「ウォッカ」を使った代表的なカクテル8選!
  8. 沖縄発・キナを使ったシトラスビターズが発売!たった数的でカクテルが美味に 沖縄発・キナを使った柑橘ビターズが発売!たった数滴でカクテルが美…

おすすめ記事

【九州・沖縄版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 37ブランドの特徴を紹介 【九州・沖縄版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 37ブランドの特徴を紹介

今や日本各地で造られるようになったクラフトジンですが、その中でも九州・沖縄地方が一大産地となっている…

「YASO GIN」の造り手に聞く - なぜ健康食品メーカーがジンを手がけることになったのか? 「YASO GIN」の造り手に聞く – なぜ健康食品メーカーがジンを手がけることになったのか?

今や100前後のブランドが流通する国産クラフトジンの市場において、発売から1年足らずで品切れが続出す…

【大阪・京都・近畿版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 15ブランドの特徴を紹介 【大阪・京都・近畿版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 15ブランドの特徴を紹介

世界に羽ばたくクラフトジンへと成長した「季の美」と「ROKU」は、どちらも近畿地方の府県を産地とする…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP