シャルドネ?カベルネ?ワインの主なブドウ品種をざっくり説明!

カベルネ・ソーヴィニヨン?シャルドネ?

ワインを買ったり、飲んだりする際に、知っておいた方が良いのが、ブドウの品種についてです。
なぜならワインは、ブドウそのものによって味が大きく変わるからです。

ワインはブドウだけで作られるとてもシンプルなお酒(醸造酒)なので、そのブドウの影響をかなり大きく受けるんですね。
ワインの出来はブドウによって決まる、とも言われるぐらいです。

そこで本記事では、ワインで使われるブドウ品種の特徴を、初心者の方でもわかりやすいよう、ざっくりと説明していきます。

赤ワイン用のブドウの種類

赤ワインは黒ブドウを用いて作られています。
赤ワインは基本辛口になるため、味のタイプは濃淡で分けられ、ミディアムボディフルボディなどボディで表されます。
フルボディがより濃いという意味になります。

ワインのボディについてはこちらの記事で詳しく説明しています。
ワインのフルボディとかミディアムボディってどういう意味?

赤ワイン用の黒ブドウ

カベルネ・ソーヴィニヨン

栽培地域:フランス(ボルドー)、アメリカ、チリ、世界各地
タイプ:フルボディ、濃い
味わい:渋みが強く味が濃い、上級品になると果実味が豊かに

赤ワイン用ブドウの定番で、非常に人気の高い品種です。
5大シャトーなどのフランス・ボルドーの有名ワインはこのカベルネ・ソーヴィニヨンを中心に作られています。
最近ではチリのカベルネ(通称チリカベ)が、コスパが良いと人気です。

メルロー

栽培地域:フランス(ボルドー)、イタリア、アメリカ、世界各地
タイプ:ミディアムボディ
味わい:渋みが少なく口当たりが良い、程よい果実味

カベルネ・ソーヴィニヨンとブレンドして使われることの多い品種です。
しかし一部地域ではメルロー単独で使われることもあり、シャトーペトリュス、シャトールパン、マッセートなど非常に高価なワインが有名です。
渋みが少なく飲みやすいので、ワイン初心者の方におすすめです。

ピノ・ノワール

栽培地域:フランス(ブルゴーニュ)、アメリカ、ニュージーランド、他
タイプ:ミディアムボディ
味わい:華やかな香り、甘酸っぱくなめらかな味

栽培が難しい品種で、栽培地域や生産量が限られるため、ちょっぴり高価になりがち。
フランスのブルゴーニュが主産地で、世界一高価なワイン「ロマネ・コンティ」に使われている品種でもあります。
ちなみに、ピノ・ノワールのワインは基本的になで肩のボトルに詰められています。

ピノ・ノワールのなで肩ボトル

サンジョヴェーゼ

栽培地域:イタリア中部
タイプ:ミディアムボディ
味わい:渋みが少なく、さわやかな果実味

イタリアの有名なワイン「キャンティ」でも使用されているイタリア固有の品種です。
メルローにやや似た特徴を持っていて、飲みやすいワインが多いため、こちらもワイン初心者の方におすすめです。

ネッビオーロ

栽培地域:イタリア北部
タイプ:フルボディ
味わい:華やかな香り、渋みがやや強く濃厚な果実味

イタリア北部で栽培される希少品種で、イタリアの有名ワイン「バローロ」や「バルバレスコ」に使用されています。
ピノ・ノワールに特徴が似ているとされ、筆者的に例えるなら、やや濃厚なピノ・ノワール、といった感じです。

シラー

栽培地域:フランス南部、オーストラリア、アメリカ、他
タイプ:フルボディ
味わい:濃厚でスパイシー、甘い果実味

温暖な地域で栽培されるため、早熟で甘く濃い味わいのワインになりやすい品種です。
オーストラリアで特に人気の高い品種で、オーストラリアでは「シラーズ」と呼ばれています。
そこまで高価でなくとも濃厚な味わいのワインが多いので、ある意味コスパが高い品種とも言えます。

白ワイン用のブドウの種類

白ワイン用の白ブドウ

白ワインは白ブドウを用いて作られています。
白ワインは、赤ワインのようにボディではなく、甘辛で味のタイプを表すのが一般的です。

シャルドネ

栽培地域:フランス、アメリカ、世界各地
タイプ:辛口
味わい:フルーティーな香り、概ね辛口

シャルドネは白ワイン用ブドウの定番品種で、日本でもかなり人気が高い品種です。
世界各地で栽培されているため、味もスタイルも多種多様です。
中でも辛口白ワインの定番「シャブリ」は有名ですね。
ちなみに、シャンパンに使われている品種でもあります。

ソーヴィニヨン・ブラン

栽培地域:フランス、ニュージーランド、他
タイプ:辛口
味わい:青っぽいハーブのような香り、フルーティーな酸味

主にフランス・ボルドーで栽培されていて、酸味豊かな辛口ワインを作ります。
個性的と言われる品種で、青っぽいハーブのような香り、レモンのような酸味がとても独特です。
筆者的に、たまに無性に恋しくなる品種です。

リースリング

栽培地域:フランス北部、ドイツ
タイプ:中甘口、中辛口
味わい:花のような甘い香り、爽やかな甘みと酸味

ドイツワインで有名なリースリング。
とても口当たりがよく、程よい甘さと程よい酸味を感じることができます。
ワイン初心者の方や苦手な方でも、飲みやすい味わいです。
ちなみに、リースリングのワインは基本的に細長いボトルに詰められています。

リースリング用の細長いボトル

ワイン初心者におすすめの品種は…

ズバリ、ワイン初心者の方におすすめの品種は、
赤ワインなら、メルロー
白ワインなら、シャルドネ
です。

まずメルローは、渋みが少ないので飲みやすいです。
程よくブドウの果実味を味わえるので、ワイン初心者の方にぴったりです。
中でも、旨安ワインとして人気の「シャトーモンペラ」はおすすめです。

そしてシャルドネは、日本で一番流通している品種でもあるので触れやすいです。
辛口ワインが多いですが、口当たりは良いのが多いです。
中でもおすすめは「シャブリ」ですね。
もしシャブリがお口に合わなければ、甘みも感じ飲みやすいリースリングのワインを試してみてください。

まとめ

自分に合いそうなブドウの品種は見つかりましたでしょうか?
何度も飲んでみないと特徴を掴むのは、難しいかもしれませんね。

ちなみにワインというとレストランなど外食して飲むイメージがありますが、筆者は家飲みもおすすめします。
何も一晩に飲みきる必要はないですし、2日目の方がおいしくなるということも往々にしてありますからね。
もちろん、レストランでおいしい食事とともに飲むのもワインの醍醐味です。

どちらにせよ、品種の特徴を覚えておくことで、より自分好みのワインに出会える確率が高くなりますね。

それではこの辺で。
以上、「シャルドネ?カベルネ?ワインのブドウ品種をざっくり説明!」でした。

小針 真悟
著者:小針 真悟

[LiquorPage運営責任者] お酒の現場を7年経験したのちに独立。お酒の魅力を多くの人に知ってもらうべく、2016年11月に「LiquorPage」の運営を開始。 洋酒から和酒まで幅広い知見をベースに、ジン専門書籍やテキーラメディアなど外部酒類メディアの執筆協力の他、イベントの企画運営にも携わる。(ただの酒好き)

関連記事

  1. ワイン用のブドウと食べるブドウは違うって知ってた?違いを簡単解説 ワイン用のブドウと食べるブドウは違うって知ってた?違いを簡単解説…
  2. ピノ・ノワール、おすすめワイン 5,000円以下で買える、おすすめピノ・ノワールワイン8選
  3. パーカーポイントとは? ワインでよくみる「パーカーポイント」とは何?その意味と役割を解説…
  4. チリワイン・特徴と魅力 チリワイン〜飲む前に知っておきたい特徴と魅力
  5. チリワイン 〜旨安の理由〜 コノスルやアルパカなど、チリワインがコスパ抜群なのはなぜか?
  6. ブルゴーニュワイン 〜 ドメーヌとネゴシアンの違いとは
  7. ワンランク上のワイングラスメーカー 上質な家飲みワインのための…おすすめグラスメーカー厳選4選
  8. フルボディの意味 ワインのフルボディとかミディアムボディってどういう意味?

おすすめ記事

西日本のトップバーテンダーが大阪に集結!「OSAKA COCKTAIL PARTY 2021」レポート 西日本のトップバーテンダーが大阪に集結!「OSAKA COCKTAIL PARTY 2021」レポート

美味しいカクテルが好きな方なら、一度に多くのカクテルを飲み比べできたら幸せに感じるかもしれません……

【九州・沖縄版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 37ブランドの特徴を紹介 【九州・沖縄版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 37ブランドの特徴を紹介

今や日本各地で造られるようになったクラフトジンですが、その中でも九州・沖縄地方が一大産地となっている…

「YASO GIN」の造り手に聞く - なぜ健康食品メーカーがジンを手がけることになったのか? 「YASO GIN」の造り手に聞く – なぜ健康食品メーカーがジンを手がけることになったのか?

今や100前後のブランドが流通する国産クラフトジンの市場において、発売から1年足らずで品切れが続出す…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP