シャンパンだけじゃない!カヴァなど高品質スパークリングワインまとめ

シャンパン以外のスパークリングワイン

「炭酸入りのワイン=シャンパン」とイメージする方も少なくないと思います。
しかし実はシャンパンは、炭酸入りのワインを表すスパークリングワインの一種に過ぎません。
シャンパンの良さといえば、総じて高品質であり、泡の質や味の質が良いことですが、シャンパン以外の他のスパークリングワインにも高品質のものは存在します。

そこで本記事では、カヴァやフランチャコルタなど、シャンパンではない代表的な高品質スパークリングワイン3種をご紹介。
これらはシャンパンのデメリットでもある価格の高さを補えるものでもあり、コストパフォーマンスにも優れているためおすすめです。

そもそもシャンパンとは?

シャンパンはフランスの原産地呼称管理法(AOC法)という法律で細かく規定された条件を満たしたものだけが名乗ることができ、正式にはシャンパーニュと言います。
定義は非常に厳密で、わかりやすいものだけ挙げると…

  • シャンパーニュ地方で作られたもの
  • ピノ・ノワール、ピノ・グリエ、シャルドネなど規定のブドウ品種を使用する
  • 瓶内二次発酵を行う(この製法で炭酸を生成する)
  • 最低15ヶ月は瓶内熟成を行う
  • 年数表記のヴィンテージ品の場合は最低3年の熟成を行う

このようにシャンパンは非常に細かく定義され、かつ手間がかかる製法で作られているのです。
それゆえ高品質で、長年評価されてきたことからブランド力や世界的な人気があるのですね。

瓶内二次発酵とは?

シャンパンの瓶内二次発酵の様子

炭酸のない状態のワインを瓶詰めし、その際酵母とリキュール(糖分)も加えることで瓶の中で発酵を促す方法を瓶内二次発酵と言います。
瓶の中という密閉空間で発酵が行われることで、生成された炭酸ガスの逃げ場がなくなり、ワインに炭酸が与えられるという仕組み。
その後瓶のまま熟成を経て、酵母の残骸(オリ)などを取り除き、出荷されます。(瓶の詰め替えなどは一切せず、瓶内二次発酵から出荷まで同じ瓶で行われる)

非常に手間がかかる製法のため、通常の安価なスパークリングワインでは行われず、これらでは大きなタンク内で二次発酵させるのが一般的。
瓶内二次発酵によって生まれる泡は繊細できめ細かく、質が良いとされています。

シャンパン以外にも高品質なスパークリングワインはたくさんある

シャンパンの特徴は瓶内二次発酵による泡のきめ細やかさ、それから長期熟成によるパンのような芳醇な風味と独特の辛口な味わいにあります。
実はシャンパンと同じ瓶内二次発酵を用い、同じように長期熟成にて作られる高品質なスパークリングワインは他にも存在します。
代表的で、日本でも人気があるものを3種に絞りご紹介します。

カヴァ(CAVA)

カヴァはスペイン産のスパークリングワインで、シャンパン同様に瓶内二次発酵を行います。
こちらもシャンパン同様に原産地呼称制度により生産可能地域が決められており、主に同国カタルーニャ州で主産地となっています。
シャンパンとの違いは、主にスペインの固有のブドウ品種を使用(チャレッロやパレリャーダなど)している点と、熟成期間が最低9ヶ月とシャンパンのそれよりやや短い点。
シャンパンほど辛口ではないものの、むしろ初心者の方にとっては口当たりがよく飲みやすく感じるかもしれません。
シャンパンより断然安価で手に入り、日本でも多く流通している点でもスパークリングワインの入門用としておすすめです。

ちなみにカヴァとはカタルーニャ語で「洞窟」を意味し、地下の洞窟のような場所で瓶内二次発酵や熟成が行われることに由来しています。

代表的なカヴァ
フレシネ、ロジャーグラート、クワトロ

クレマン(CREMANT)

クレマンはフランスのシャンパーニュ地方以外で作られるスパークリングワインで、シャンパンとほぼ同じ製法によって作られています。
瓶内二次発酵はもちろんのこと、熟成も最低9ヶ月は費やします。
クレマン・ド・ボルドー、クレマン・ド・アルザスのように、クレマンの後に地方名がつくのが特徴で、なかでもクレマン・ド・ブルゴーニュが最も有名と言えるでしょう。

シャンパンとの分かりやすい違いは炭酸の強さ。クレマンでは炭酸ガスの気圧がやや抑えられ、これにより非常にクリーミーな泡となっています。
特にクレマン・ド・ブルゴーニュは、シャンパンとほぼ同じブドウ品種を使用することからよく比較されますが、クレマンの方が値段が安く、炭酸がキツくないため炭酸が苦手な方でも楽しめるのが魅力です。

代表的なクレマン(クレマン・ド・ブルゴーニュ)
ルー・デュモン(クレマン・ド・ブルゴーニュ)、ヴーヴ・アンバル(クレマン・ド・ブルゴーニュ)、フランソワ・ミクルスキ(クレマン・ド・ブルゴーニュ)

フランチャコルタ

フランチャコルタはイタリアのロンバルディア州フランチャコルタ地方で作られる上質なスパークリングワインで、シャンパン同様に厳しく定められた製法にて作られています。
生産量が少なく、日本ではあまり有名ではありませんが、品質の高さでシャンパンと肩を並べる存在として知られています。

シャンパンとの主な違いは熟成期間と気候の違いがもたらす風味の違いです。
フランチャコルタの熟成期間は最低でも18ヶ月とシャンパンよりも若干長めに規定されており、シャンパーニュ地方よりやや温暖な気候のもとブドウが栽培されているため、出来上がるワインの味わいがより果実味が豊かなものとなっています。

代表的なフランチャコルタ
ベラヴィスタ、フェルゲッティーナ、コンタディ・カスタルディ

まとめ

ここまでカヴァ、クレマン、フランチャコルタについてご紹介していきました。

細かく製法が規定されているシャンパンは総じて味の質が良く、ハズレが少ないという利点がありますが、どうしても価格は高くなりがちです。
今回ご紹介したものの中で言えば、より厳しい規定のもと作られるフランチャコルタがシャンパン同様に高品質でハズレが少ないといった特性をもち、カヴァやクレマンは反対に、前者に全体的な質ではやや劣るものの値段が安くコスパが良いと言えます。

「シャンパン=特別な時の飲む」というイメージがあるかもしれませんが、これらなら日常的に楽しめるかもしれませんね。
まずぜひ、これらスパークリングワインを味わってみてください。

それではこの辺で。
以上「シャンパンだけじゃない!カヴァなど高品質スパークリングワインまとめ」でした。

小針 真悟
著者:小針 真悟

[LiquorPage運営責任者] お酒の現場を7年経験したのちに独立。お酒の魅力を多くの人に知ってもらうべく、2016年11月に「LiquorPage」の運営を開始。 洋酒から和酒まで幅広い知見をベースに、ジン専門書籍やテキーラメディアなど外部酒類メディアの執筆協力の他、イベントの企画運営にも携わる。(ただの酒好き)

関連記事

  1. ワイン用のブドウと食べるブドウは違うって知ってた?違いを簡単解説 ワイン用のブドウと食べるブドウは違うって知ってた?違いを簡単解説…
  2. ワインの銘柄名 シャブリやキャンティなど…なぜワインは同じ銘柄名のものが多数ある…
  3. 赤ワインと白ワイン、なぜ色が違う? 赤ワインと白ワイン、色が違うのはなぜ?
  4. 世界一のワイン産地ってどこ?世界の産地と生産量をまとめてみた 世界一のワイン産地ってどこ?世界の産地と生産量をまとめてみた
  5. 赤ワインと頭痛 赤ワインは本当に頭痛を引き起こしやすいのか?
  6. 特別な贈り物にも最適!絶対に外さない王道の超高級シャンパン5選 特別な贈り物にも最適!絶対に外さない王道の“超”高級シャンパン5…
  7. チリワインといえばコンチャ・イ・トロ あの有名ワインも!チリ最大のワイナリー、コンチャ・イ・トロのワイ…
  8. ボルドー×ブルゴーニュ ボトル形状が違うワケ なぜ?ボルドーとブルゴーニュでワインボトルの形が違う理由

おすすめ記事

2021版・世界のバーで人気の“ジンカクテル”ランキングTop13 - 1位はやはり“あの”カクテル! 2021版・世界のバーで人気の“ジンカクテル”ランキングTop13 – 1位はやはり“あの”カクテル!

マティーニやネグローニなど、数えきれないほどジンのカクテルがある中で、世界のバーではどのカクテルが人…

仏産ブドウのジン「ジーヴァイン フロレゾン」の魅力と、プロが教える美味しい飲み方 仏産ブドウのジン「ジーヴァイン フロレゾン」の魅力と、プロが教える美味しい飲み方

世界中に数えきれないほどのジンが存在する中で、人気を集めるジンにはやはり明確な理由があるもの。…

造り手に聞く – 「酒食堂 虎ノ門蒸留所」と「COMMON ジン」の誕生秘話 造り手に聞く – 東京産のジン「COMMON」と「虎ノ門蒸留所」誕生秘話

日本を含め、世界中でジンの造り手が増えている中で、大都市の中心部に拠点を構える“都市型蒸溜所”は、近…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP