洋酒好きは行くべき!ウイスキー、ジンなど洋酒が4,000本揃う大阪の酒屋「千雅」

洋酒好きは行くべき!ウイスキー、ジンなど洋酒が4,000本揃う大阪の酒屋「千雅」

品揃えが豊富な専門店って、行くだけでワクワクしませんか?
膨大な商品数を前に、何を買おうか迷ってしまいがちですが、それすらも楽しかったりするものです。

お酒の世界にももちろん専門店は存在するのですが、大阪市矢田に店舗を構える「大阪の洋酒専門店 千雅」は、洋酒ファンにはぜひ知ってもらいたいお店。
なぜなら、ウイスキーやジン、ラム、テキーラ、リキュール、ビールなど世界の洋酒を4,000本も揃えるという、国内トップクラスの商品数を誇る洋酒専門店だからです。
ネット通販はもちろん行っていますが、その膨大な数の洋酒が並ぶ店内は圧巻です。
今回は、そんな酒屋を訪問し、社長の山本修士さんに話を伺いながら、特色などをご紹介していきます。

千雅ってどんな洋酒専門店?

千雅の店内

洗練された倉庫のような千雅の店内

実は「千雅」は、日本を代表する洋酒専門店として、バー業界などプロの間ではよく知られています。
品揃えをカテゴリー別に内訳すると、ウイスキーがおよそ1,000種類、ジンが500種類ほど、ウォッカ100種類、ラム600種類、テキーラ&メスカル500種類、リキュール500種類、ブランデー200種類、シェリー&ベルモット200種類、ワイン200種類、ビール200種類、そのほか葉巻や酒器、バーツールなど…とにかく取り扱う商品数が圧倒的。
マニアックなお酒も多く扱うことから、プロ御用達の酒屋となっているのです。
また、LiquorPageとともに企画している「DistiRally NEXT」など、自社企画商品も扱うほか、複数のオーストラリア産ジンやプレミアムトニックウォーター「CAPI」などの輸入も手がけるなど、お酒にちなんだ様々な事業を行っています。
自社主催の試飲会やイベントも定期的に実施しており、とりわけ関西のバーシーンでは絶大な支持を集めています。

ずらりと並んだボトル

あまりの商品数に圧倒される、マニアックなお酒も少なくない

そんな「千雅」ですが、実は元々は「山本酒店」として、日本のお酒を中心に扱う一般的な“町の酒屋”だったのだとか…
いつ、なぜ、洋酒専門店に変わったのでしょうか?
その経緯について山本社長は次のように語ります。

千雅の山本社長

千雅の山本社長

千雅の山本社長

山本社長

山本酒店時代は、業務用もほとんど出ていない普通の酒屋でしたし、何かに特化しないと先々厳しいだろうと思っていました。そんなことを考え始めたのが今から20年以上前。それであるとき、バーに特化した専門店が(当時は)ほとんどなかったことに気づいたんです。僕は以前からバーに興味がありましたし、それなら洋酒の専門店をやってみようと少しずつ洋酒を扱うようになりました。

とはいえ、方向転換してしばらくは思うようにいかなかったのだとか。

千雅の山本社長

山本社長

しばらくの間、バーの方々には存在すら知ってもらえませんでした。分岐点となったのは今から10年前。当時のお店の隣の土地が空いたので、そこにお店を移しました。断然広くなったことからお酒の在庫を増やせるようになり、専門店として洋酒の品揃えを強化できるようになったんです。その頃から“テキーラフェスタ”などイベントにも参加するようになったこともあり、全国のバーテンダーさんや業界の方々とのつながりが増え、お店の認知度が格段にアップしました。

洋酒専門店ではあるものの、国産のお酒やクラフトビールも豊富に扱い、醸造酒から蒸溜酒、リキュールなどほぼ全てのお酒を揃えられるのが「千雅」の特徴。
直接輸入商品など、日本ではこちらでしか売っていない商品もあり、それらは自社の強みだと山本さんは言います。
また、品数ではウイスキーが一番多いものの、中南米も含むアメリカ大陸のお酒の品揃えも国内の酒屋としては随一であることから、実はテキーラやラムなどを好む方も多く利用しているのも「千雅」の特色なのだそうです。

陳列されたオーストラリアのジン、千雅でしか買えない商品も複数ある

千雅でしか買えない商品も複数ある

ラムも多く扱う

ラムも多く扱う。何を買おうかついつい迷ってしまうがそれすらも楽しい…

社長のオススメは「メスカル」…注目しているのは「ジン」

日本を随一の洋酒専門店をほぼイチから築き上げた山本社長。
数多くの酒類を扱い、長年市場を見てきたプロ中のプロでもありますが、そんな社長に今オススメのお酒を聞いてみました。

千雅の山本社長

山本社長

推しとなると「メスカル(様々なアガベを原料とするメキシコのスピリッツ)」ですね。
原料はアガベと決まっていますが、その品種によって味が変わりますし、多様性もあって面白いです。それに、個人的には食中酒として使える可能性があると思っています。テキーラも良いですが、今の推したいのはメスカルですね。

千雅ではテキーラはもちろん、メスカルも多く扱う

千雅ではテキーラはもちろん、メスカルも多く扱う

千雅の山本社長

山本社長

ですが注目しているという点では、個人的には「ジン」を挙げたいです。
クラフトジンが人気を集めていますが、ハーブなどのボタニカルを使えるキャッチーさや、(ボトルやラベルの)見た目も面白さもあります。また、ボタニカルだけでなく、実はベースとなるスピリッツも重要で、味わいに大きな影響を与えます。それらの多様性もありますし、食中酒としても使えます。当店でもジンは人気ですね。

ずらりと並ぶ国産クラフトジン

国産クラフトジンなどジンも豊富に扱う。選ぶときは気軽にスタッフに尋ねてほしいそう

このようにメスカルとジンを推す山本社長。
ジンの人気度上昇は、昨今の酒類業界ではよく知られるところですが、実はメスカルも少しずつ注目を浴びるようになってきています。
「千雅」ではそれらのお酒も多く扱っていることから、通販サイトを覗いてみたり、一度お店に行ってみるのもよいでしょう。

セラー内に並べられたワインやベルモット

セラー内にはワインのほか、ベルモットやシェリーもある

「千雅」の通販サイトはこちら
大阪の洋酒専門店 千雅

「大阪の洋酒専門店 千雅」店舗情報

千雅の看板

住所:大阪市東住吉区矢田4丁目8番10号 << MAPをみる >>
営業:11:00〜18:00 日・月定休
電話:06-6698-6414
SNS:[Facebook]
公式HP:https://youshuchiga.shop-pro.jp/

著者:小針 真悟

[LiquorPage運営責任者] お酒の現場を7年経験したのちに独立。お酒の魅力を多くの人に知ってもらうべく、2016年11月に「LiquorPage」の運営を開始。 洋酒から和酒まで幅広い知見をベースに、ジン専門書籍やテキーラメディアなど外部酒類メディアの執筆協力の他、イベントの企画運営にも携わる。(ただの酒好き)

関連記事

  1. バーボンとスコッチ ウイスキーの「バーボン」と「スコッチ」の違いは何か?
  2. グレンモーレンジィ・特徴と魅力 あのルイヴィトン系列のウイスキー「グレンモーレンジィ」その魅力に…
  3. ジャパニーズクラフトジン「ROKU」 〜 開発者に聞く誕生までのストーリーと込められた思い ジャパニーズクラフトジン「ROKU」 〜 開発者に聞く、誕生まで…
  4. ジン好きが選ぶ、まず味わっておきたい「定番クラフトジン」6選 ジン好きが選ぶ、まず味わっておきたい「定番クラフトジン」6選
  5. ウイスキーのブレンドを気軽に体験できる「長濱ウイスキーラボ」が始動!気になる内容とは? ウイスキーのブレンドを気軽に体験できる「長濱ウイスキーラボ」が始…
  6. 日本酒の名門「南部美人」がクラフトジン&ウォッカの製造開始を発表!2021年3月頃に発売予定 日本酒の名門「南部美人」がクラフトジン&ウォッカの製造計画を発表…
  7. 京都産クラフトジン“季の美”の世界観を堪能できる“町家バー”を体験 京都産クラフトジン“季の美”の世界観を堪能できる“町家バー”を体…
  8. 多くの来場者が美酒を堪能!写真で振り返る「テキーラの日 Celebration Party」 多くの来場者が美酒を堪能!写真で振り返る「テキーラの日 Cele…

おすすめ記事

トップバーテンダーが手がける“クラフト・ジントニック”のための蒸溜所プロジェクトが始動!

シンプルなカクテルながら、その爽やかな香りと洗練された口当たりに、バーで味わうジン&トニックに癒され…

造り手19社が集結し創り上げたジン「OSUZU GIN DistiRally NEXT 2022」を発売! 造り手19社が集結し創り上げたジン「OSUZU GIN DistiRally NEXT 2022」を発売!

この度、洋酒専門の酒販店・株式会社千雅とLiquorPage(当メディア)は、国産ジンが造り手が一つ…

西日本のトップバーテンダーが大阪に集結!「OSAKA COCKTAIL PARTY 2021」レポート 西日本のトップバーテンダーが大阪に集結!「OSAKA COCKTAIL PARTY 2021」レポート

美味しいカクテルが好きな方なら、一度に多くのカクテルを飲み比べできたら幸せに感じるかもしれません……

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP