バー初心者必見!知っておくと安心するバー専門用語をざっくりまとめてみた

バー初心者必見!知っておくと安心するバー専門用語をざっくりまとめてみた

バーは本来、誰でも楽しむことができる場所です。常連やお酒に詳しい人など限られた人だけが楽しむ場所ではありません。
まるで野菜やお肉を料理するように、様々なお酒を“料理”して作られるカクテルはから得られる満足感は代え難いものです。
とはいえ、バーに不慣れな方やそもそも行ったことがない方は、少し緊張してしまったり、不安に感じてしまうこともあるでしょう。本来分からないことは全てバーテンダーに尋ねて良いのですが、事前知識が欲しいという方も少なくないはず…
今回はそうした方向けに、バーならではの用語をざっくりとご紹介!ここでご紹介する基本的な用語で、なんとなくでも把握しておけばバーテンダーとのやりとりもスムーズになります。

バー全般の用語

カクテルを作るバーテンダー

チャージ

席料やサービス料のこと。テーブルチャージやカバーチャージと呼ばれることも。カジュアルなバーなどは無しとしている所もありますが、基本的にはかかるものだと思っておいた方が良いでしょう。

バーテンダー

バーでカクテルを作り、サービスをする人。バーテンではなくバーテンダーが正しい呼び方です。バーマンとも言います。

スピリッツ

蒸溜酒のこと。蒸溜を経ることによってアルコール度数が高くなったお酒を言います。ジンやウォッカ、ラム、テキーラなど。

リキュール

フルーツやハーブなどで風味づけさせたお酒。カンパリやカルーア、カシスなど。

ビターズ

苦味を効かせた高アルコールのお酒。カクテルの隠し味として使われます。

カクテルの種類、スタイルなど

淡いピンクのカクテル

シェイク

多くの人が“バー”と聞いてイメージする、バーテンダーがシェイカー(ステンレスの容器)をシャカシャカと振ってカクテルを作る技術のこと。材料と氷を入れて振るので冷えたカクテルが出来上がります。

ステア

バーテンダーが専用スプーンを使ってカクテルをかき混ぜること。

ショート

ショートカクテルの略。シェイクなどで冷やしたものを(逆三角形の)いわゆるカクテルグラスで提供するスタイルを言います。これに分類されるカクテルは総じてアルコール度数が高めの傾向があります。また、量が少なめで氷が入らないことがほとんど。そもそもショートが”短時間”で飲むものとして名付けられているためです。

ロング

ロングカクテルの略。ショートとは逆に時間をかけて飲むものとしてそう名付けられています。その特徴もショートとは逆で、レモンサワーやジン&トニックのように、氷がたっぷり入ったグラスに注がれ、アルコール度数は低い傾向にあります。

フローズン

シャーベット状のカクテルのこと。フローズン・マルガリータなどが有名。

ガーニッシュ

カクテルのデコレーション、またそれに用いるフルーツなどのこと。モスコーミュールに搾り落とされるライムなどもこれに含まれます。

アペリティフ

食前酒のこと。辛口またはさっぱり系のカクテルが多い傾向にあります。反対に食後酒のことはディジェスティフと言います。

ナイトキャップ

眠る前に飲むカクテルのこと。リラックス状態や眠気を誘うことで寝つきを良くするためのカクテルです。

フィズ

ベースとなるお酒に、レモンジュースや砂糖を加え、ソーダで満たすカクテルのスタイル。ジン・フィズなど。

ツイスト

ツイスト=アレンジのこと。例えば「マティーニをツイストさせたカクテルです」などと言います。

シグネチャー

シグネチャーカクテルのこと。お店の看板メニューみたいなものです。

マティーニ

“カクテルの王様”と喩えられる王道のショートカクテル。ジンとドライ・ベルモット(香草を加えたワイン)で作るシンプルなカクテルで、アルコール度数は30度前後。ドライな味わいが特徴です。

マルガリータ

世界的な人気を誇るテキーラのショートカクテル。テキーラやライムジュースなどで作り、グラスの縁にに塩が施されます。アルコール度数は25度前後。さっぱりした味わいが特徴です。

ダイキリ

ラムの王道ショートカクテル。ラムとレモンジュースで作られるシンプルなカクテル。アルコール度数は30度前後。

小針 真悟
著者:小針 真悟

[LiquorPage運営責任者] お酒の現場を7年経験したのちに独立。お酒の魅力を多くの人に知ってもらうべく、2016年11月に「LiquorPage」の運営を開始。 洋酒から和酒まで幅広い知見をベースに、ジン専門書籍やテキーラメディアなど外部酒類メディアの執筆協力の他、イベントの企画運営にも携わる。(ただの酒好き)

関連記事

  1. クラフトスピリッツ ウイスキー、ジン、アブサンなど…あらゆるクラフトスピリッツが載る…
  2. バーテンダー開発の漬け込みキットで誰でも簡単に自家製フレーバージン&ウォッカの作製が可能に バーテンダー開発の漬け込み酒キット!誰でも簡単にフレーバージン&…
  3. 二日酔いの原因 二日酔いの原因 〜 本当のところなぜ二日酔いになるのか?
  4. スターバーテンダーが監修!簡単に自宅で本格ジンカクテルを作れるキットが発売! スターバーテンダーが監修!簡単に自宅で本格ジンカクテルを作れるキ…
  5. 話題のブティックホテルでハイセンスなカクテルを堪能!「エースホテル京都」訪問レポート 話題のブティックホテルでハイセンスなカクテルを堪能!「エースホテ…
  6. 海外の若者に大人気の低アルコール飲料「ハードセルツァー」をご存じ?実は日本でも楽しめる 海外の若者に大人気の低アルコール飲料「ハードセルツァー」をご存じ…
  7. Why shake? バーテンダーはなぜカクテルを作る際にシェイクするのか?
  8. ALTOS BANDERA Competition 人気のテキーラ「オルメカ・アルトス」のカクテルコンペが開催!優勝…

おすすめ記事

クラフトジンのパイオニア「シップスミス」誕生秘話と、創業者に聞くこだわり〜飲み方のヒント クラフトジンのパイオニア「シップスミス」誕生秘話と、創業者に聞くこだわり〜飲み方のヒント

一つの大きなムーブメントが巻き起こる時、そこには必ず何かきっかけとなる出来事があるもの。今、…

世界で最も高額なウイスキーは?2021版・高額ウイスキーランキングTOP25 世界で最も値段が高いウイスキーは?2021版・高額ウイスキーランキングTOP25

ここ日本でもウイスキーの高額化が叫ばれている昨今、世界にはどれほど高額なウイスキーが存在するのでしょ…

和と洋の良さをあわせ持つ新時代の泡盛「尚」、その誕生ストーリーと特徴に迫る 和と洋の良さが合わさる新時代の泡盛「尚」、その誕生ストーリーと特徴に迫る

日本には伝統的なお酒がいくつかありますが、それらは実は少しずつ進化しています。改めて味わってみる…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP