バーテンダー開発の漬け込み酒キット!誰でも簡単にフレーバージン&ウォッカの作製が可能に

バーテンダー開発の漬け込みキットで誰でも簡単に自家製フレーバージン&ウォッカの作製が可能に

家での過ごし方が注目される昨今、“おうちカクテル”に代表されるように、お酒の楽しみ方も変わってきています。
そんな家でのお酒の嗜みを充実させるアイテムの一つであり、近年少しずつ認知度が上がっているのが自分で作る漬け込み酒。
様々なハーブやフルーツを漬け込んで作るお酒は、色や香り、味わいの変化を楽しめることはもちろん、自分で作るという体験もまた醍醐味です。
とはいえ、漬け込む素材やその量、漬け込み時間などを自分で決めなければならないため、ハードルが高いと感じる方も少なくないでしょう。
そこで今回は、そんな方にもオススメできる、バーテンダーが開発した“誰でも簡単”に本格的な漬け込み酒を作られるキットをご紹介します。

紅茶フレーバージンとレモンフレーバーウォッカを簡単に作られるキット「N bottleletter」

近年のバーではよく見られるようになった漬け込み酒。バーシーンでは漬け込みのことをインフューズと言い、例えばインフューズド”ジンや“インフュージョン”ウォッカなどとも呼ばれるのですが、いささか専門性が高い分野と捉えられがちです。しかし実は、昔から日本の家庭で作られてきた梅酒やかりん酒なども同じくインフューズさせたお酒であり、レシピの考案を除いては、基本的に特別な技術や道具を要しません。

N bottleletter

今回ご紹介する「N bottleletter」は、そのレシピ考案という最大の課題を解決済みの、名古屋市のバー「Bar N」のオーナーバーテンダー・松本さんが開発したジンとウォッカ用のインフューズ・キットです。
漬け込みに使うハーブなどの素材とレシピのセットで、「ティービター」という紅茶フレーバーのジンを作製できるキットと、「レモンドライブ」というレモンフレーバーのウォッカが作製できるキットの2種類がそれぞれオンラインで販売されています。
ジン用には、ダージリンやアッサムなど3種類の紅茶の茶葉をブレンドしたものがキットの中に。一方でウォッカ用には、レモンバーベナとレモンマートルというハーブが入っています。
作製方法はいたって簡単で、それらの素材を丸ごとジンまたはウォッカに入れ、冷蔵庫に入れるだけ。漬け込み時間はレシピに記載されているため、迷うことがありません。時間もジンで5時間半、ウォッカで8時間と1日待たずに完成します。
漬け込みのベースとなるジンまたはウォッカは自分で用意する必要がありますが、レシピにはオススメの銘柄がいくつか記されています。
このように、誰でも簡単に、バーで提供されるような本格的なインフューズド・ジンとウォッカが作製できます。

漬け込みを行ったお酒

ちょうど漬け込みが終わった状態、左がジンで右がウォッカ、容器は入れば何でも良い

見た目もフレーバーも大きく変化!トニックやソーダ割りで楽しめる

「ティービタージン」と「レモンドライブウォッカ」は、その名に見合うように見た目もフレーバーも大きく変化します。
ティービタージンからは力強い紅茶の香りと深みが、レモンドライブウォッカからは乾いたレモンのようなハーバルな香りが感じられます。
どちらも茶色く色づき、既製品のジンやウォッカとは全く異なる、素材の風味が活きたナチュラルなフレーバーに。プロであるバーテンダーが開発した、本格的かつ独自性にあふれるフレーバーを自宅でも楽しめるようになります。
その飲み方は、基本的にはソーダやトニックウォーターで割るだけでも十分。詳しいオススメレシピはキットに同封されています。

ティービタージンで作るジン&トニック

ティービタージンで作るジン&トニック

開発者の松本さんがカウンターに立つBar N

開発者の松本さんがカウンターに立つBar N(名古屋市)、ディスプレイされているお酒は全てノーラベルで独創的なボトルに詰め替えられたものが多数、洗練された空間で味わうカクテルは五感を刺激する

N bottleletterの開発者・松本さんは製品について、「私どもは、(ジンやウォッカなど)スピリッツのインフューズはかけ算だと考えています。BARで飲むお酒が月の世界だとすると、レモンドライブは太陽をイメージし、ティービターはサンセットをイメージしブレンドしています。N bottleletterはおうちでの午後に届けたいと思っております」と語ります。

簡単にできるとはいえ、やはり少しでも自分が手にかけたものは特別に感じられるものです。
おうち時間の一つの楽しみとして、漬け込み酒を試してみては?

お酒の漬け込みは法律の範囲内で行いましょう。
https://www.nta.go.jp/taxes/sake/qa/06/32.htm

「N bottleletter」詳細

内容:ティービター、レモンドライブ
価格:各1,000円(税別)
販売サイト:N bottleletter公式サイト

小針 真悟
著者:小針 真悟

[LiquorPage運営責任者] お酒の現場を7年経験したのちに独立。お酒の魅力を多くの人に知ってもらうべく、2016年11月に「LiquorPage」の運営を開始。 洋酒から和酒まで幅広い知見をベースに、ジン専門書籍やテキーラメディアなど外部酒類メディアの執筆協力の他、イベントの企画運営にも携わる。(ただの酒好き)

関連記事

  1. クラフトジンが流行る理由 世界で話題のクラフトジンが日本でも流行る3つの理由
  2. 世界のバーで人気のカクテル・ランキング TOP50 [2020年版] 〜 レシピ付きでご紹介 世界のバーで人気のカクテル・ランキング TOP50 [2020年…
  3. 海外の若者に大人気の低アルコール飲料「ハードセルツァー」をご存じ?実は日本でも楽しめる 海外の若者に大人気の低アルコール飲料「ハードセルツァー」をご存じ…
  4. ハイボールをより美味しく楽しめるようになる本!?「ウイスキー ハイボール大全」が発売 ハイボールをより美味しく楽しめるようになる本!?「ウイスキー ハ…
  5. ジン&トニックに合う料理を科学分析!“赤ワインと肉”以上に合う食べ合わせとは? ジン&トニックに合う料理を科学分析!“赤ワインと肉”以…
  6. ジンのボタニカルの抽出・蒸留方法 ジンの基礎講座〜ボタニカルの抽出・蒸留方法とは?
  7. 世界のバーで人気のカクテル・ランキングTOP10 世界のバーで人気のカクテル・ランキングTOP10
  8. 季の美・ネイビーストレングス ALLGINボトル 季の美・ネイビーストレングスのALLGINボトルが発売!

おすすめ記事

【九州・沖縄版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 37ブランドの特徴を紹介 【九州・沖縄版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 37ブランドの特徴を紹介

今や日本各地で造られるようになったクラフトジンですが、その中でも九州・沖縄地方が一大産地となっている…

「YASO GIN」の造り手に聞く - なぜ健康食品メーカーがジンを手がけることになったのか? 「YASO GIN」の造り手に聞く – なぜ健康食品メーカーがジンを手がけることになったのか?

今や100前後のブランドが流通する国産クラフトジンの市場において、発売から1年足らずで品切れが続出す…

【大阪・京都・近畿版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 15ブランドの特徴を紹介 【大阪・京都・近畿版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 15ブランドの特徴を紹介

世界に羽ばたくクラフトジンへと成長した「季の美」と「ROKU」は、どちらも近畿地方の府県を産地とする…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP