あなたは説明できる?「熱燗・ぬる燗・とびきり燗」の違い

熱燗・ぬる燗・とびきり燗

日本酒といえば、低温から高温まで幅広い温度で楽しめる世界的にも珍しいお酒。
シーンに合わせて、温度を変えて飲むのは日本酒の醍醐味であったりします。

さて、そんな日本酒ですが、温めた日本酒を指す言葉として「熱燗」以外にも「ぬる燗」などがあることをご存知の方は多いと思います。
これらについて、なんとなく熱ければ熱燗、ぬるければぬる燗と覚えてはいないでしょうか?

実はこうした日本酒の温度帯を指す用語には、しっかり基準が定められています

本記事では、日本酒の温度を表す用語について、具体的な温度やその特徴をわかりやすく解説していきます。
日本酒をより楽しむ上で役立つ知識ですので、ぜひ理解しておきましょう。

熱燗・ぬる燗の基準を覚えておいた方が良い理由

熱ければ熱燗、ぬるければぬる燗という、大まかな捉え方でももちろん問題ではありません。
しかし「ぬるければぬる燗」ではなんとも曖昧なうえ、人それぞれ「ぬるめ」の捉え方も違いますよね?
それでは困ることもあるので、温度別でしっかり定められて、ぬる燗なら何度と基準があるわけです。

これらの知識は、日本酒を扱うプロなら知っているのですが、一般の方にはそう知られていないのが現状です。
しかし知ることで、日本酒の嗜み方、楽しみ方は広がります。

しかも実は、熱燗、ぬる燗だけでなく、他にもたくさん温度を表す用語があります。
温かい日本酒を指す用語だけでも、とびきり燗、上燗、人肌燗など、たくさんの基準・用語があるのです。
知っておくと具体的なイメージを持ってオーダーできるようになります。

それでは詳しく見ていきましょう。

熱燗・ぬる燗・とびきり燗、その他、温度別の日本酒の呼び方

熱湯につけて熱燗を作る様子

温度が高い順から解説していきます。

とびきり燗

【温度:ほぼ55℃
最もアツアツなとびきり燗では、味わいが大きく変化し基本的に辛口になります。
大まかには本醸造、普通酒などがおすすめです。

ちなみに…
コーヒーのようにアツアツの熱燗を希望される方もいますが、アルコールが飛んでしまい、味わいのバランスが大きく崩れてしまいます。
一般論としてはおすすめできません。
(アルコールは78℃を超えると蒸発してしまいます)

熱燗(あつかん)

【温度:ほぼ50℃

日本酒に理解があるお店ではこの温度で提供されています。
香り・味ともにシャープになります。
傾向としては本醸造、普通酒、純米酒がおすすめです。

上燗(じょうかん)

【温度:ほぼ45℃

軽く湯気が出る程度の温度です。
香り・味が引き締まり、ふくらみが出ます。
純米酒がおすすめです。

ぬる燗

【温度:ほぼ40℃

徳利を持っても「熱い」とは感じません。
ふくらみが生まれ、特に純米酒におすすめです。

人肌燗(ひとはだかん)

【温度:ほぼ35℃

文字通り、人の体温と同じくらいです。
米本来の旨味を感じやすくなります。

日向燗(ひなたかん)

【温度:ほぼ30℃

温かくも冷たくも感じません。
一般的にはなめらかな味になります。

常温(じょうおん)

【温度:ほぼ20℃

香り・味ともにやわらかくなります。
古酒や熟成タイプの日本酒は冷やしすぎない方がおすすめです。

涼冷え(すずびえ)

【温度:ほぼ15℃

冷蔵庫から出して15〜20分程度経った頃です。
華やかな香りを感じやすく、純米大吟醸や大吟醸などにおすすめです。

花冷え(はなびえ)

【温度:ほぼ10℃

冷蔵庫から出して数分程度たった頃です。
香り・味が小さくなり、爽やかになります。

雪冷え(ゆきびえ)

【温度:ほぼ5℃

冷蔵庫の冷蔵室と同程度の温度です。
香り・味ともに閉じた印象になります。

まとめ

以上が日本酒の温度を表す用語です。
数の多さに驚いたのではないでしょうか?

もちろん日本酒を提供するプロでもない限り、これらを暗記する必要はありません。
とはいえなんとなくは理解しておくと、日本酒の嗜み方、楽しみがより広がりますよ。

温度計さえあれば、熱湯と徳利を使って自宅でも簡単にできるので、ぜひ試して見てください。

それではこの辺で。
以上、「あなたは説明できる?「熱燗・ぬる燗・とびきり燗」の違い」でした。

参考文献:日本酒の教科書・新星出版社 著・木村克己

著者:小針 真悟

[LiquorPage運営責任者] お酒の現場を7年経験したのちに独立。お酒の魅力を多くの人に知ってもらうべく、2016年11月に「LiquorPage」の運営を開始。 洋酒から和酒まで幅広い知見をベースに、様々な酒類専門メディアの執筆・編集のほか、酒類イベントの企画運営やWEB制作、プロモーション業にも携わる。写真撮影も行うなど、お酒を通じた様々な制作業を一人でこなす。(ただの酒好き)

関連記事

  1. 日本酒度とは? 日本酒の甘辛度合いが飲まずにわかる?「酒度」を簡単解説!
  2. 知っていると役に立つ?【日本酒の定義】を簡単解説! 知っていると役に立つ?【日本酒の定義】を簡単解説!
  3. 日本酒の酒蔵見学に行くなら要チェック!国税庁の酒蔵マップがかなり便利 日本酒の酒蔵見学に行くなら要チェック!国税庁の酒蔵マップがかなり…
  4. 熱燗は酔う? 日本酒の「熱燗は酔いやすい」は本当か?
  5. 福島の日本酒 金賞受賞数5年連続NO.1!福島のおすすめ日本酒8選
  6. 獺祭・入手困難は過去の話 獺祭はもう入手困難酒ではない?実はAmazonでも定価で買える
  7. 日本酒の祭典「CRAFT SAKE WEEK at ROPPONGI HILLS 2019 」の開催が決定!4/19-29の11日間 日本酒の祭典「CRAFT SAKE WEEK at ROPPON…
  8. 都道府県別日本酒チャート 都道府県別の日本酒の特徴がチャートでわかる!「さけのわ」がデータ…

おすすめ記事

日本一のバーテンダーと行くロンドン・バー巡り - 旅でかきたてられた創造力とは?その集大成カクテルもご紹介 日本一のバーテンダーと行くロンドン・バー巡り – 旅でかきたてられた創造力とは?その集大成カクテルもご紹介

新たな発見や想像しえないインスピレーションを得られるのは、旅の大きな醍醐味の一つ。日本一のバーテ…

日本一のバーテンダーと行く『ボンベイ・サファイア蒸溜所』後編 - こだわりの蒸溜法と最先端のサスティナビリティとは? 日本一のバーテンダーと行く『ボンベイ・サファイア蒸溜所』後編 – こだわりの蒸溜法と最先端のサスティナビリティとは?

『ボンベイ・サファイア プレミアクリュ』のカクテルコンペティションで日本一に輝いた加藤晋悟さん(TH…

日本一のバーテンダーと行く『ボンベイ・サファイア蒸溜所』前編 - アンバサダーが語るボタニカルへのこだわりとは? 日本一のバーテンダーと行く『ボンベイ・サファイア蒸溜所』前編 – アンバサダーが語るボタニカルへのこだわりとは?

青く輝く美しいボトルで知られる『ボンベイ・サファイア』は、日本でも人気のジンですが…その蒸溜所の様子…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP