あなたは説明できる?「熱燗・ぬる燗・とびきり燗」の違い

熱燗・ぬる燗・とびきり燗

日本酒といえば、幅広い温度で楽しむことができる世界的にも珍しいお酒。
温めて飲むのも日本酒の醍醐味でありますね。

さて、そんな日本酒ですが、温めた日本酒を指す言葉として「熱燗」以外にも「ぬる燗」などがあることをご存知の方は多いと思います。
これらについて、なんとなく熱ければ熱燗、ぬるければぬる燗と覚えてはいないでしょうか?

実はこれら日本酒の温度を指す用語には、しっかり基準が定められています

本記事では、日本酒の温度を表す用語とその温度について、わかりやすく解説していきます。
日本酒をより楽しむ上で役立つ知識ですので、ぜひ理解しておきましょう。

スポンサーリンク

熱燗・ぬる燗の基準を覚えておいた方が良い理由

熱ければ熱燗、ぬるければぬる燗という認識でももちろん間違いではありません。
しかし「ぬるければ熱燗」ではなんとも曖昧なうえ、人それぞれ「ぬるめ」の捉え方も違いますよね?
それでは困ることもあるので、温度別でしっかり定められて、ぬる燗なら何度と基準があるわけです。

これらの知識は日本酒を扱うプロなら知っているのですが、一般の方にはそう知られていないのが現状です。
しかしこれらを知ることで、日本酒の嗜み方、楽しみ方は広がります。

しかも実は、熱燗、ぬる燗だけでなく、他にもたくさん温度を表す用語があります。
温かい日本酒を指す用語だけでも、とびきり燗、上燗、人肌燗など、たくさんの基準・用語があるのですね。
知っておくと具体的なイメージをオーダーできるようになります。

それでは詳しく見ていきましょう。

熱燗・ぬる燗・とびきり燗、その他、温度別の日本酒の呼び方

熱湯につけて熱燗を作る様子

温度の温かい順から解説していきます。

とびきり燗

【温度:ほぼ55℃
最もアツアツなとびきり燗では、味わいが大きく変化し基本的に辛口になります。
本醸造、普通酒などがおすすめです。

ちなみに…
コーヒーのようにアツアツの熱燗を希望される方もいますが、アルコールが飛んでしまい、味わいのバランスが大きく崩れてしまいます。
一般論としてはおすすめできません。
(アルコールは78℃を超えると蒸発してしまいます)

熱燗(あつかん)

【温度:ほぼ50℃

日本酒に理解があるお店ではこの温度で提供されています。
香り・味ともにシャープになります。
本醸造、普通酒、純米酒がおすすめです。

上燗(じょうかん)

【温度:ほぼ45℃

軽く湯気が出る程度の温度です。
香り・味が引き締まり、ふくらみが出ます。
純米酒がおすすめです。

ぬる燗

【温度:ほぼ40℃

徳利を持っても「熱い」とは感じません。
ふくらみ感が生まれ、特に純米酒におすすめです。

人肌感(ひとはだかん)

【温度:ほぼ35℃

文字通り人の体温を同じくらいです。
米本来の旨味を感じやすくなります。

日向燗(になたかん)

【温度:ほぼ30℃

温かくも冷たくも感じません。
なめらかな味にあります。

常温(じょうおん)

【温度:ほぼ20℃

香り・味ともにやわらかくなります。
古酒や熟成タイプの日本酒は冷やしすぎない方がおすすめです。

涼冷え(すずびえ)

【温度:ほぼ15℃

冷蔵庫から出して15〜20分程度経った頃です。
華やかな香りを感じやすく、純米大吟醸や大吟醸などにおすすめです。

花冷え(はなびえ)

【温度:ほぼ10℃

冷蔵庫から出して数分程度たった頃です。
香り・味が小さくなり、爽やかになります。

雪冷え(ゆきびえ)

【温度:ほぼ5℃

冷蔵庫の冷蔵室と同程度の温度です。
香り・味ともに閉じた印象になります。

スポンサーリンク

まとめ

以上が日本酒の温度を表す用語です。
数の多さに驚いたのではないでしょうか?

もちろん日本酒を提供するプロでもない限りこれらを暗記する必要はありません。
とはいえなんとなくは理解しておくと、日本酒の嗜み方、楽しみがより広がりますよ。

温度計さえあれば、熱湯と徳利を使って自宅でも簡単にできるので、ぜひ試して見てください。

それではこの辺で。
以上、「あなたは説明できる?「熱燗・ぬる燗・とびきり燗」の違い」でした。

参考文献:日本酒の教科書・新星出版社 著・木村克己

スポンサーリンク
小針 真悟
著者:小針 真悟

[LiquorPage代表 / CRAFTGIN.JP共同運営者 / ジンフェスティバル東京 運営事務局] 豊富な現場経験と長年のお酒愛によって、ジンを筆頭にあらゆるお酒の知識を持つ。ジン専門書籍やテキーラメディアなど外部酒類メディアの執筆・編集にも携わる。

関連記事

  1. 精米歩合とは? 日本酒の精米歩合とはどんな意味?【初心者向け】
  2. リーデルから“純米酒用”の日本酒グラスが発売! トップグラスメーカーのリーデルから“純米酒用”の日本酒グラスが発…
  3. お酒の関係者、大の酒好き必見!「酒の神様」を祀る神社があるって知ってた!? お酒の関係者、大の酒好き必見!「酒の神様」を祀る神社があるって知…
  4. 新政No.6・X-type、S-type、R-type 今大人気の日本酒「新政No.6」のX-type・S-type・R…
  5. 日本酒「梵」 国賓やVIPをもてなす日本酒「梵」その魅力に迫る
  6. 薫酒・爽酒・醇酒・熟酒を徹底解説 日本酒の味のタイプを表す「爽酒・薫酒・醇酒・熟酒」を解説
  7. 醸造アルコール・その正体を知る 日本酒に使われる「醸造アルコール」の正体とは?
  8. 都道府県別日本酒チャート 都道府県別の日本酒の特徴がチャートでわかる!「さけのわ」がデータ…

おすすめ記事

バー初心者向け!これだけは覚えておきたいクラシックカクテル10選 バー初心者向け!これだけは覚えておきたいクラシックカクテル10選

バーは本来、レストランなどと同じように知識を持たずとも楽しめる場所であり、カウンター越しに立つバーテ…

世界で最も値段が高いバーボンは?高額バーボンランキング TOP5 世界で最も値段が高いバーボンは?高額バーボンランキング TOP5

あらゆるお酒の中でも高級酒が多く存在することで知られるウイスキー。時折、目を疑うような価格で取引され…

“タガメ”を用いたジンが登場!誕生背景とジンの素材としての昆虫の可能性に迫る “タガメ”を用いたジンが登場!誕生背景とジンの素材としての昆虫の可能性に迫る

昆虫食のスペシャリストチームとして知られるANTCICADA(アントシカダ)と、アルケミエ ジンなど…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP