吟醸酒や高級な日本酒を「熱燗」にするのはもったいない?

熱燗はもったいない?

「吟醸系の日本酒は熱燗には向かない」
「高級酒に熱燗はもったいない」
日本酒を多少飲まれる方なら聞いたことがあると思います。

これは本当なのでしょうか?
さらには、なぜそう言われているのでしょうか?

本記事では、このような「高級な日本酒の熱燗はもったいない説」の真相に迫っていきます。

これを知ることで高級酒をよりおいしく、熱燗もよりおいしく飲めるようになります。

吟醸酒が熱燗に向かないと言われるワケ

一般的に吟醸系や高級とされる日本酒(大吟醸や純米大吟醸など)は、熱燗には向かないとされています。

なぜ熱燗に向かないのか?
それは熱燗にすることで、味わいが変化するからです。

これは日本酒に限らずですが、温度によって香りや味わいは変化します。

どのように変化するのか?
味、香りともに、一般的にはより辛口になる傾向があります。
温めることで旨味や甘みは増すのですが、アルコールが際立ってくるので、辛みも強く感じるようになります。

大吟醸や純米大吟醸などは、爽やかな甘みが良さでもあるのですが、温めることで爽やかさが失われ、甘みと辛味が強いものに変化してしまうのです。
また、冷酒では感じなかった雑味を感じてしまうこともあります。

つまり、吟醸系の日本酒が熱燗に向かないとされるのは、その良さが消えてしまうからなのですね。

しかし、大吟醸や純米大吟醸などの高級とされる日本酒にも、熱燗向きのものもあります。
中には敢えて熱燗向きに作られている純米大吟醸などもあります。

黒龍の「九頭龍」なんかはこれにあたり、熱燗推奨酒として売り出されています。

熱燗がおすすめな日本酒は?

では、熱燗に向くのはどんな日本酒なのか?
一般的には、純米酒や普通酒が向くとされています。

香りが穏やかでコクが強いものが向いているのですね。
特に純米酒は、温めることで旨味が増し、味わいに膨らみが生まれるので熱燗向きとされています。

普通酒に関しては、元々辛口の傾向が強いのですが、熱燗にするとさらに辛口になります。
普通酒は元々、高級酒のようにキレイな味わいではないので、温めた方が味が締まりおいしく飲めることが多いです。

ちなみに元来日本酒は、熱燗にして飲むお酒だったようです。
そもそも昔は冷蔵庫などなかったですしね。
日本酒の「冷や」は本来は常温のことを指すそうです。

実はそんなに熱くない熱燗の適温とは?

アツアツのイメージが強い熱燗ですが、実はそんなに熱くはありません。

熱燗の適温は50℃前後とされています。
コーヒーの温度は80〜90℃ですが、それよりずっと低い温度ということになります。
お風呂の温度より少し温かい程度なので、素手で触ることもできる温度です。

なぜ50℃前後なのか?
それ以上温めすぎても、味が崩れてしまうのですね。

アルコールは沸点が78℃と低いので、熱々にしようとするとアルコールが飛んでしまい、味が崩れてしまいます。
電子レンジで熱燗を作ろうとすると、誤って沸騰させてしまったりするものですが、その時にはもうアルコールは飛んで、味が崩れてしまっているのですね。

冷やしすぎるのも良くない

冷えすぎた日本酒

人間の味覚は、温かいものと冷たいものをおいしく感じるようにできています。
しかしだからと言って、温めすぎるのが良くないのと同じように、冷やしすぎも良くありません。

とりわけ日本では、より冷たいお酒がおいしいという風潮がありますが、味覚が麻痺して味がわからなくなるだけです。
いくら冷酒向きとされる吟醸系の日本酒でも、0℃に近いような温度では、長所である香りも感じなくなってしまいます。

温めすぎがもったいないのと同様に、冷やしすぎももったいないのです。

ちなみに…
日本酒の適温は10〜55℃とされています。
世界中のお酒の中で、ここまで幅広い温度に対応できるのは日本酒だけです。
ワインやウイスキーのHOTもありますが、必ず何か割ものが入りますからね。

まとめ

いかがだったでしょうか?
吟醸系の高級の日本湯が熱燗に向かないとされるのは、味が変化しその良さが失われてしまうからだったんですね。

しかし、味覚は人それぞれ異なりますので、一般論としてあくまで参考までに…

それではこの辺で。
以上、「吟醸酒や高級な日本酒を「熱燗」にするのはもったいない?」でした。

小針 真悟
著者:小針 真悟

[LiquorPage運営責任者] お酒の現場を7年経験したのちに独立。お酒の魅力を多くの人に知ってもらうべく、2016年11月に「LiquorPage」の運営を開始。 洋酒から和酒まで幅広い知見をベースに、ジン専門書籍やテキーラメディアなど外部酒類メディアの執筆協力の他、イベントの企画運営にも携わる。(ただの酒好き)

関連記事

  1. 「酒」の語源、知ってますか?諸説ある語源を簡単に解説 「酒」の語源、知ってますか?諸説ある語源を簡単に解説
  2. 日本酒・ラベル用語集 ひやおろし?おりがらみ?日本酒のラベル用語集【全20用語】
  3. 日本酒・雅山流 日本酒初心者に特におすすめ!山形の銘柄「雅山流」とは?
  4. 日本酒のスパークリングを美味しく飲むために知っておきたい2つのタイプ 日本酒のスパークリングを美味しく飲むために知っておきたい2つのタ…
  5. リーデルから“純米酒用”の日本酒グラスが発売! トップグラスメーカーのリーデルから“純米酒用”の日本酒グラスが発…
  6. 日本酒の酒蔵見学に行くなら要チェック!国税庁の酒蔵マップがかなり便利 日本酒の酒蔵見学に行くなら要チェック!国税庁の酒蔵マップがかなり…
  7. 日本酒・水がとても重要 日本酒の最も重要な原料は実は米ではなく水?
  8. 薫酒・爽酒・醇酒・熟酒を徹底解説 日本酒の味のタイプを表す「爽酒・薫酒・醇酒・熟酒」を解説

おすすめ記事

【九州・沖縄版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 37ブランドの特徴を紹介 【九州・沖縄版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 37ブランドの特徴を紹介

今や日本各地で造られるようになったクラフトジンですが、その中でも九州・沖縄地方が一大産地となっている…

「YASO GIN」の造り手に聞く - なぜ健康食品メーカーがジンを手がけることになったのか? 「YASO GIN」の造り手に聞く – なぜ健康食品メーカーがジンを手がけることになったのか?

今や100前後のブランドが流通する国産クラフトジンの市場において、発売から1年足らずで品切れが続出す…

【大阪・京都・近畿版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 15ブランドの特徴を紹介 【大阪・京都・近畿版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 15ブランドの特徴を紹介

世界に羽ばたくクラフトジンへと成長した「季の美」と「ROKU」は、どちらも近畿地方の府県を産地とする…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP