焼酎・日本酒ファン必見!造り手たちが情報発信するプラットフォーム「J.S.P」が発足!

焼酎・日本酒ファン必見!造り手たちが情報発信するプラットフォーム「J.S.P」が発足!

みなさんは個々の焼酎・日本酒を知りたい時や飲みたい時、どんな情報を頼りにしていますか?

この度新たに発足した「J.S.P(Japan Sake Shochu Platform)」は、新しい情報収集の場となり、焼酎、日本酒といった“國酒”をもっと身近に感じられるものとなるかもしれません。
今回の記事では、創設者たちによって開かれたオンライン会見の内容を元に、J.S.Pがどんなものなのか、簡単にご紹介します。

国内屈指の國酒の造り手同士が結束した団体「J.S.P」

コロナ禍の影響もあり、日本酒と本格焼酎といったお酒の業界の環境が変化し、飲み手の飲酒環境も急激に変化する昨今。全国の國酒の造り手同士が手を取り合って発足したのが「J.S.P」です。
「No.6」などの人気日本酒ブランドを手がけることで知られる新政酒造(秋田)の佐藤祐輔さんを代表に、会見時点で、全国38の酒蔵が加盟。造り手同士の相互扶助団体であると同時に、日本酒、本格焼酎の魅力をもっと広く知ってもらうべく情報を発信する、オンラインに特化したプラットフォームです。

一般社団法人J.S.P(Japan Sake Shochu Platform)

会見で佐藤さんが「日本酒と焼酎を國酒と呼ぶには、まだ浸透度は道なかばであり、その本来の魅力を国民の皆様に伝え切れていない状態」と語り、同じく会見に出席していた日本酒「仙禽」の造り手である、せんきん(栃木)の薄井一樹さんが「日本酒、焼酎は閉鎖的なイメージ強く、どこに売っているのか、などの情報が一般の飲み手に伝わっておらず、私たち生産者による積極的な働きかけが不足していた」と語るように、課題は少なくありませんでした。
そうした課題を、造り手自らの働きかけで改善させるべく発足したのがJ.S.Pで、SNSを駆使しながら、時代に合った販売方法や情報発信を模索していくそう。
相互扶助団体でもあるため、お互いの酒質の向上や、経営能力の向上を目的とした情報交換やセミナーなども実施し、さまざまな取り組みを行うことで、日本酒と焼酎のさらなる発展を目指すのだと言います。

一升瓶

「J.S.P」が行うこと

焼酎のロック

では、実際に飲み手はどのような体験ができるのでしょうか?
J.S.Pの具体的な活動は以下のとおりです。

積極的な情報発信

会見に出席していた「而今」の醸造元である木屋正酒造(三重)の大西唯克さんは「私たちは、どんな場所でどんな人が、どんな思いで酒造りをしているのか知ってほしい」と語ります。一方で、本格焼酎「一尚」を手がける小牧醸造(鹿児島)の小牧伊勢吉さんも「造り手が良いものを造るだけではなく、それを誰にどう発信し、どのような場所で飲んでもらいたいのか伝えていきたい」と話します。
具体的には、J.S.Pの公式インスタグラムとTwitterを通じて、新着情報やイベントの情報など、各蔵元からの一次情報を積極的に発信していくようです。

オンライン蔵見学

オンラインが発達した今だからこそ、それに見合う形で、飲み手向けのオンライン蔵見学を実施する予定とのことです。日本の酒蔵は、一般見学を受け付けていない酒蔵も多いため、貴重な機会となりそうです。

オンラインサロンの開設、ファンミーティングの実施

蔵元と飲み手の直接的な交流の場として、オンラインサロンを開設し、コロナ終息後には大規模なファンミーティングの開催する予定とのこと。日本酒・焼酎ファンには嬉しい試みです。

J.S.P独自の銘柄レビューを記事で発信

独自のコンテンツとして、新たに発売される加盟蔵の話題のお酒を、業界の識者が採点し、レビュー記事として公開していくようです。銘柄選びに役立ちそうなコンテンツです。

地元の飲食店紹介をYouTubeで配信

地方の飲食店の振興を目的として、蔵元による地元の飲食店紹介のYouTubeチャンネルを開設。慣れない土地での飲食店探しは容易ではなく、蔵元おすすめのお店を知れるのは大きなメリットとなりそうです。

J.S.PのPは、プラットフォームを意味し、酒を造る人と飲む人が出会う場であり、つながる場。もっと身近に日本酒、焼酎の魅力を感じてもらえるように、多様な角度から積極的に情報発信していくようです。

このような造り手発信の試みは日本初ではないでしょうか。
既存の日本酒・焼酎ファンはもちろん、少し興味がある程度の方でも、一度その取り組みをチェックしてみては?

J.S.Pが発信する情報はこちらからご覧になれます。
公式インスタグラム
公式Twitter

加盟蔵元

【日本酒】
栗林酒造店(春霞)、新政酒造(新政)、福禄寿酒造(一白水成)、飛良泉本舗(飛良泉)、日の丸醸造(まんさくの花)、赤武酒造(赤武)、水戸部酒造(山形政宗)、会津酒造(山の井)、曙酒造(天明)、せんきん(仙禽)、加茂錦酒造(加茂錦)、天領盃酒造(天領盃)、木屋正酒造(而今)、早川酒造(田光)、元坂酒造(酒屋八兵衛)、冨田酒造(七本鎗)、笑四季酒造(笑四季)、油長酒造(風の森)、今西酒造(みむろ杉)、相原酒造(雨後の月)、今田酒造本店(富久長)、金光酒造(賀茂金秀)、富士酒造(出雲富士)、田中六十五(白糸酒造)、若波酒造(若波)、天山酒造(七田)、花の香酒造(花の香)

【焼酎】
八丈興発(情け嶋)、天草酒造(池の露)、小玉醸造(杜氏潤平)、松露酒造(松露)、黒木本店(百年の孤独)、柳田酒造(青鹿毛)、渡邊酒造場(旭萬年)、小牧醸造(一尚)、中村酒造場(なかむら)、大山甚七商店(薩摩の誉)、吉永酒造(五郎)

発足記念のオンライン会見はこちらからご覧になれます。
日本酒と焼酎蔵の新団体 一般社団法人J.S.P 創立記念会見|YouTube
小針 真悟
著者:小針 真悟

[LiquorPage運営責任者] お酒の現場を7年経験したのちに独立。お酒の魅力を多くの人に知ってもらうべく、2016年11月に「LiquorPage」の運営を開始。 洋酒から和酒まで幅広い知見をベースに、ジン専門書籍やテキーラメディアなど外部酒類メディアの執筆協力の他、イベントの企画運営にも携わる。(ただの酒好き)

関連記事

  1. 生酒、生詰、生貯蔵 日本酒の「生酒」「生詰め」「生貯蔵」の違いは何?
  2. 末廣酒造・酒蔵見学 福島随一の酒蔵「末廣酒造」に行ってきた!写真付きでレポート
  3. 焼酎お湯割り・その魅力とは 若い人にこそピッタリの飲み方?「焼酎お湯割り」の魅力とは
  4. 黄麹の芋焼酎・厳選4選 黄麹の芋焼酎をリストアップ!オススメ銘柄厳選4選
  5. 日本酒・居酒屋より家がおすすめ? 日本酒はお店で飲むより家で飲む方が良いと思う理由
  6. これだけは知っておきたい!「本格焼酎」の定番の飲み方6選 これだけは知っておきたい!「本格焼酎」の定番の飲み方6選
  7. 甲類焼酎・多様な飲み方 甲類焼酎の飲み方講座〜ウォッカの代わりにカクテルを作る?
  8. 薫酒・爽酒・醇酒・熟酒を徹底解説 日本酒の味のタイプを表す「爽酒・薫酒・醇酒・熟酒」を解説

おすすめ記事

クラフトジンのパイオニア「シップスミス」誕生秘話と、創業者に聞くこだわり〜飲み方のヒント クラフトジンのパイオニア「シップスミス」誕生秘話と、創業者に聞くこだわり〜飲み方のヒント

一つの大きなムーブメントが巻き起こる時、そこには必ず何かきっかけとなる出来事があるもの。今、…

世界で最も高額なウイスキーは?2021版・高額ウイスキーランキングTOP25 世界で最も値段が高いウイスキーは?2021版・高額ウイスキーランキングTOP25

ここ日本でもウイスキーの高額化が叫ばれている昨今、世界にはどれほど高額なウイスキーが存在するのでしょ…

和と洋の良さをあわせ持つ新時代の泡盛「尚」、その誕生ストーリーと特徴に迫る 和と洋の良さが合わさる新時代の泡盛「尚」、その誕生ストーリーと特徴に迫る

日本には伝統的なお酒がいくつかありますが、それらは実は少しずつ進化しています。改めて味わってみる…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP