インスタ映えするオシャレボトルの「クラフトジン」厳選8選

インスタ映えするクラフトジン集

最近ブームとなっている「クラフトジン」とは、主に少量生産でユニークな製法や原料を使用するなど、こだわりが詰まった個性派ジンを指します。
そのこだわりや個性は、中身だけにとどまらず、ボトルデザイン、つまりは見た目にも反映される傾向があり、オシャレなクラフトジン、ひいては「インスタ映え」するジンが多くあります

見た目はお酒の質に直接関係ないと思うかもしれませんが、実はかなり重要な要素。
選ぶ際の第一の選考基準となる上(人が他者を判断するのと同じですね)、見た目が良いものの方が満足感が高まるからです。

というわけで本記事では、数あるクラフトジンの中でも、とりわけオシャレなボトルのクラフトジンを8つに絞りご紹介していきます。
どのジンも空き瓶を有効活用したくなるようなものばかりです。

フェルディナンズ

フェルディナンズは世界的な高級白ワインの産地であるドイツ・モーゼル地方で造られるクラフトジン。
産地の特徴を活かすように、フェルディナンズにはリースリングの高級甘口白ワインが添加されています。
さらにベースのスピリッツは小麦由来のものを使用、ボタニカルには自家栽培も含む約33種を使用する、こだわりの詰まったクラフトジンです。

フルーティーな味わいとアロマディフューザーのような見た目のフェルディナンズは、女性にもオススメしたいジンです。

コーヴァル [ドライジン&バレルドジン]

コーヴァルは、アメリカ・シカゴにあるウイスキーでも有名な「コーヴァル蒸留所」が手がけるクラフトジン。
健康意識の高いアメリカらしく、使用する原料はボタニカルも含め全てオーガニック。それどころか近年アメリカで注目されている食品規定「コーシャ認定」も受けているジンで、華やかな香りと優しい甘みが特徴です。

元モデルの女性が社長を務めるとあってか、ハイセンスなモロッカン・モザイクのようなボトルデザインは、世界的な酒類コンペでデザイン賞を受賞しており、数あるクラフトジンの中でもとりわけデザインで目を惹く銘柄です。
特にドライジンとバレルドジン(樽熟成ジン)のギフトセットはオシャレなだけでなくサイズもちょうどよく、空き瓶はアロマディフューザーやちょっとした花瓶に有効活用できそうです。

サイレントプール

サイレントプールは、イギリスの青く澄んだ綺麗な水で知られるサイレントプール湖畔にある「サイレントプール蒸留所」が手がけるクラフトジン。
ラベンダーやエルダーフラワーなど24種のボタニカル3つの方法で蒸留し、造られるジンはフローラルで香り高くまるで香水のようです。

ボタニカルを描いたエメラルドグリーンの美しいボトルは、サイレントプール湖の水の色をイメージしており、とてもオシャレで他のジンを見比べても目立ちます。
しかもサイレントプールは、IWSC、ISC、SFSCといった世界三大スピリッツコンペで既に賞を受賞している実力派のジンでもあります。

ジンロウ

ジンロウの写真

画像出典元・販売店:アレグレスオンライン

ジンロウは、スペイン・バルセロナ発のクラフトジンで、シェフ、ミクソロジスト、ソムリエ、調理師らのチームが手がける“ガストロノミック”なクラフトジンです。
伝統的な蒸留器と革新的な真空低温蒸留器(減圧蒸留器のようなもの)を使用し、7種のボタニカルは別々に蒸留、ブレンドされるプレミアムな製法によって生み出されるジンは、シトラスの香味が活きた複雑な味わいとなっています。

洗練されたスタイリッシュなボトルはまるで香水瓶のようです。

ボビーズ・ジン

ボビーズ・ジンは、ジンの本場オランダ・スキーダム発のクラフトジン。
ベースとなるスピリッツにはライ麦100%のスピリッツを使用。さらにレシピ発案者である通称ボビーがインドネシア出身ということもあり、同国由来のレモングラスなどのボタニカルを多用し、それらは別々に蒸留、ブレンドされるプレミアムなジンです。

可愛らしさも感じるボトルデザインは、モロッカンデザインや北欧のモダンデザインを思わせます。
ちなみに中身は、レモングラスの香味が強く効いたものとなっています。

テヌ・ジン

テヌ・ジンは、北欧フィンランド発のクラフトジンで、修道士たちによって造られています。
澄み渡る湧水を使用し、原生の森で採れたリンゴンベリーを中心としてボタニカルによって生み出されるジンは、リンゴンベリーの甘酸っぱさが活きた穏やかな味わいのジンとなっています。

北欧のテキスタイルに幻想的なデザインが加わえられたようなボトルは、伊勢丹やマリメッコ、D&Gなどにデザインを提供するクラウス・ハーバニエミ氏が担当しています。

ジェネラス

ジェネラスは、フランス・コニャック地方発のクラフトジン。
エルダーベリーやエルダーフラワー、ブラッドオレンジなどのボタニカルを使用しており、華やかでフローラルな香りで味わいは落ち着いたクリアなジンとなっています。

花が描かれた白いボトルはインスタ映えは間違いなく、空き瓶はディフューザーやちょっとした花瓶として有効活用できそうです。

ハリス・ジン

ハリスジンの写真

画像出典元・販売店:グローバルジンギャラリー

ハリス・ジンは、スコットランド北西部の島に2015年に創業したばかりの「アイル・オブ・ハリス蒸溜所」が手がけるクラフトジン。
ジュニパーベリーやコリアンダーシードなど一般的なジンのボタニカルの他に、島の海で採れる「シュガーケルプ(昆布)」も使用するユニークなジンで、ダシが効いているのか複雑かつ奥行きのある味わいとなっています。

美しい形状のガラスボトルは、ジンがずらりと並べられた棚の中でもひときわ目立つオシャレボトルです。

まとめ

以上が8銘柄が、クラフトジンの中でもとりわけオシャレなボトルのクラフトジン銘柄です。
気になるデザインの銘柄はあったでしょうか?

クラフトジンは作り手のこだわりと地域性が活かされた個性派ジンで、味わいの良さと幅広さが魅力ではありますが、見た目の良さも今のクラフトジン人気を支えるポイントだと筆者は思っています。
ここでご紹介した銘柄以外にもオシャレなクラフトジンはたくさんあります。

ぜひ色々なクラフトジンを探してみてください。

小針 真悟
著者:小針 真悟

[LiquorPage運営責任者] お酒の現場を7年経験したのちに独立。お酒の魅力を多くの人に知ってもらうべく、2016年11月に「LiquorPage」の運営を開始。 洋酒から和酒まで幅広い知見をベースに、ジン専門書籍やテキーラメディアなど外部酒類メディアの執筆協力の他、イベントの企画運営にも携わる。(ただの酒好き)

関連記事

  1. 尾鈴山蒸留所が手がけるクラフトジン「OSUZU GIN」が発売!造り手が語る特徴とこだわり 尾鈴山蒸留所が手がけるクラフトジン「OSUZU GIN」が発売!…
  2. ジャパニーズクラフトジン・和美人とは ジャパニーズ・クラフトジン「和美人」を徹底解説!
  3. “今飲んでおきたい”世界が注目するジン・カクテル 5選 “今味わっておきたい”世界が注目するジン・カクテル 5選
  4. ジンの“定義”をシンプルかつ丁寧に解説 ジンの“定義”をシンプルかつ丁寧に解説!実はジンは3つに分類され…
  5. 世界的バーテンダーに聞く、日本独自のプレミアムトニック「kizashi」の魅力とは? 世界的バーテンダーに聞く、日本独自のプレミアムトニック「kiza…
  6. 2021版・世界のバーで人気の“ジンカクテル”ランキングTop13 - 1位はやはり“あの”カクテル! 2021版・世界のバーで人気の“ジンカクテル”ランキングTop1…
  7. 沖縄初のウイスキー&スピリッツフェス「OKINAWA WHISKY&SPIRITS FESTIVAL 2019」が12/8に開催! 沖縄初のウイスキー&スピリッツフェス「OKINAWA WHISK…
  8. あの高名なシャンパーニュとコラボ!「季の美 エディション G 京都ドライジン シャンパーニュ樽貯蔵」を発売! あの高名なシャンパーニュとコラボ!「季の美 エディション G 京…

おすすめ記事

【九州・沖縄版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 37ブランドの特徴を紹介 【九州・沖縄版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 37ブランドの特徴を紹介

今や日本各地で造られるようになったクラフトジンですが、その中でも九州・沖縄地方が一大産地となっている…

「YASO GIN」の造り手に聞く - なぜ健康食品メーカーがジンを手がけることになったのか? 「YASO GIN」の造り手に聞く – なぜ健康食品メーカーがジンを手がけることになったのか?

今や100前後のブランドが流通する国産クラフトジンの市場において、発売から1年足らずで品切れが続出す…

【大阪・京都・近畿版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 15ブランドの特徴を紹介 【大阪・京都・近畿版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 15ブランドの特徴を紹介

世界に羽ばたくクラフトジンへと成長した「季の美」と「ROKU」は、どちらも近畿地方の府県を産地とする…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP