世界のトレンド ジン ランキングTOP5【2019】季の美と六がランクイン!

世界のトレンド ジン ランキングTOP5【2019】季の美と六がランクイン!

世界的なジンのブームを皮切りに、日本国内でも国産ブランドが続々と登場するなど、ジン業界が盛り上がってきています。

そんな中、英Drinks Internationalが、世界のトップバー(2019年版は127店舗)を対象に、今注目のジンブランドについて集計したランキング「World Top Trending Brands 2019」を発表!

当記事では、そのうちTOP5のブランドを5位から順にご紹介。
なんと、日本の「季の美」と「六」がランクインしています!

5. ROKU<六>

[産地]
日本
[主なボタニカル]
柚子、桜の花、玉露、煎茶、山椒など

サントリーが手がけるクラフトジン、ROKU<六>が5位にランクイン!
ROKUの大きな特徴は2つ。1つは旬の時期に収穫した和のボタニカル6種をメインのボタニカルとして使用していること。もう1つは、それらのボタニカルを個別に、なおかつ素材の特性に合わせ蒸留器を使い分けて蒸留し、複数の原酒をブレンドする、こだわりの製法によって仕上げられていることです。
同社が長年培った洋酒造りの技術が活かされたジンは、柚子や桜など、和素材が複雑に香ります。

4. ヘンドリックス

[産地]
スコットランド
[主なボタニカル]
オリスルート、エルダーフラワー、バラエキス、キュウリエキスなど

4位にランクインしたのは、1999年にリリースされたプレミアムジンの先駆けであり、昨今のクラフトジンブームの礎を築いたブランドの一つ、ヘンドリックス。
このジンは、11種のボタニカルをタイプの異なる2つの蒸留器で蒸留し、仕上げにバラのエキスとキュウリのエキスが加えられるという、リリース当時でいえばかなり革新的だった製法で造られています。
バラの華やかさとキュウリの爽やかさが、上品に香るジンです。

3. ネバー ネバー

[産地]
オーストラリア
[主なボタニカル]
ジュニパー、アンジェリカ、コリアンダー、シナモンなど

3位にランクインしたのは、オーストラリア発、ジンの根幹であるジュニパーにこだわりを見せる3人の男たちによって造られるネバー ネバー。
フラッグシップ銘柄であるトリプルジュニパージンは、その名のとおり、ジュニパーを3つの異なる製法で蒸留し、ジュニパーらしさが最大限引き立つように造られています。
残念ながら2019年1月現在、日本未入荷のブランドですが、今後が楽しみです。

2. 季の美 京都ドライジン

[産地]
日本(京都)
[主なボタニカル]
柚子、玉露、山椒、生姜、ヒノキなど

2016年に創業したばかりの京都蒸溜所で造られる、日本のクラフトジンのパイオニア的ブランド「季の美」が、なんと2位にランクイン!
このジンの最大のポイントは、“京都であること”に徹底的にこだわり、老舗茶舗の玉露や無農薬の柚子、ヒノキや山椒など京都産の和のボタニカルを軸としていることです。
さらにベースのスピリッツには、日本らしく米100%のスピリッツを使用し、和素材含む全11種のボタニカルはカテゴリーを分け個別に蒸留・ブレンドによって仕上げられています。
こだわりの製法による、和素材が上品に香るジンは、世界で最も権威ある酒類品評会の一つ、インターナショナル・ワインアンドスピリッツ・チャレンジ(IWSC)2018では最高賞を受賞。今、各方面でトレンドになっています。

1. モンキー47

[産地]
ドイツ
[主なボタニカル]
ジュニパー、クランベリー、トウヒ、エルダーフラワーなど47種

1位に輝いたのは、数あるジンの中でも一際異彩を放つ、世界的なラグジュアリーブランド、モンキー47。
ドイツ・シュヴァルツヴァルトの森の中にあるブラックフォレスト蒸留所で造られるモンキー47は、この地で、サルをモチーフにしたジンのレシピが遺品として見つかり、それを現代に甦らせたもの。
森で採れたクランベリーなどのベリー類やフルーツなど、個性豊かなボタニカルをなんと“47”種も使用。アルコール度数も“47”%に合わせる徹底ぶりです。
ベリーの甘みも感じさせる、とりわけ華やかで香水のような香りが特徴的で、その唯一無二のフレーバーから、男女関係なく幅広い層から愛されています。

著者:小針 真悟

[LiquorPage運営責任者] お酒の現場を7年経験したのちに独立。お酒の魅力を多くの人に知ってもらうべく、2016年11月に「LiquorPage」の運営を開始。 洋酒から和酒まで幅広い知見をベースに、ジン専門書籍やテキーラメディアなど外部酒類メディアの執筆協力の他、イベントの企画運営にも携わる。(ただの酒好き)

関連記事

  1. 話題の造り手による新ジャパニーズ・ティー・ジン「REVIVE from NINJA」が発売! 話題の造り手による新ジャパニーズ・ティー・ジン「REVIVE f…
  2. ジャパニーズクラフトジン・和美人とは ジャパニーズ・クラフトジン「和美人」を徹底解説!
  3. 広島初のクラフトジン「SAKURAO GIN」 広島初!ジャパニーズクラフトジン「SAKURAO GIN」が新発…
  4. プレミアムトニックウォーター「フィーバーツリー」が世界的人気を集めるワケ プレミアムトニックウォーター「フィーバーツリー」が世界的人気を集…
  5. 南国・沖縄で初開催!「沖縄ウイスキー&スピリッツフェスティバル 2019」レポート 南国・沖縄で初開催!「沖縄ウイスキー&スピリッツフェス…
  6. ロンドンドライジンやオールドトムなど…タイプ別ジンの定義まとめ ロンドンドライジンやオールドトムなど…タイプ別ジンの定義まとめ
  7. 仏産ブドウのジン「ジーヴァイン フロレゾン」の魅力と、プロが教える美味しい飲み方 仏産ブドウのジン「ジーヴァイン フロレゾン」の魅力と、プロが教え…
  8. 沖縄発トロピカルなジン「ORI-GiN 1848」の開発者に聞く、誕生ストーリーとジンに込めたこだわり 沖縄発トロピカルなジン「ORI-GiN 1848」~ 開発者に聞…

おすすめ記事

トップバーテンダーが手がける“クラフト・ジントニック”のための蒸溜所プロジェクトが始動!

シンプルなカクテルながら、その爽やかな香りと洗練された口当たりに、バーで味わうジン&トニックに癒され…

造り手19社が集結し創り上げたジン「OSUZU GIN DistiRally NEXT 2022」を発売! 造り手19社が集結し創り上げたジン「OSUZU GIN DistiRally NEXT 2022」を発売!

この度、洋酒専門の酒販店・株式会社千雅とLiquorPage(当メディア)は、国産ジンが造り手が一つ…

西日本のトップバーテンダーが大阪に集結!「OSAKA COCKTAIL PARTY 2021」レポート 西日本のトップバーテンダーが大阪に集結!「OSAKA COCKTAIL PARTY 2021」レポート

美味しいカクテルが好きな方なら、一度に多くのカクテルを飲み比べできたら幸せに感じるかもしれません……

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP