クラフトジンとは?特徴〜飲み方までお酒初心者でも分かるように解説してみた

クラフトジンとは?特徴〜飲み方までお酒初心者でも分かるように解説してみた

クラフトビールやクラフトコーヒーなど、様々な“クラフト”に注目が集まる中、クラフトジンも注目され始めています。
日本ではこれまで一般的とは言えなかったジンですが、実は今、イギリスやアメリカ、スペインなど世界中でジンの大ブームが起きており、日本にもその波が押し寄せています。
そのブームを引っ張っているのが、今回ご紹介するクラフトジンです。

当記事では、一般的なジンとの違いを含め、クラフトジンが一体どのような特徴、魅力をもち、どのように楽しめば良いのか、お酒に詳しくない方でもわかるようにご紹介していきます!

スポンサーリンク

そもそもジンとは?

クラフトジンのご紹介に入る前に、まずはジンについておさらい。
ざっくり言うとジンは、ジュニパーベリーというハーブと、その他のハーブやフルーツ、スパイスなど(いわゆるボタニカル)で香りづけされた、華やかな香りのお酒。
ベースとなるお酒(ベーススピリッツという)に、それらボタニカルを加えて蒸留することで香りづけしています。

アルコール度数がウイスキーと同じ40度以上で、カクテルのベースとしてとても人気があるお酒です。

ジンに使われるボタニカル。中央下がジュニパーベリー。

ジンによく使われるボタニカル。中央下がジュニパーベリー。

クラフトジンとは、造り手がこだわり抜いた自由で個性的なジン

ではどのようなジンをクラフトジンと呼ぶのでしょうか。
明確な定義はないのですが、「造り手のこだわりが反映された個性的なジン=クラフトジン」と捉えられています。

もう少し詳しく見てみると…

  • その土地ならではボタニカルが使われている
  • ベースのお酒がこだわりの原料を使用している
  • こだわりの製法で造られている
  • ユニークな成り立ち、ストーリーを持つ

以上のいずれかの特徴を持つのがクラフトジンです。
小規模生産者も多く、また、その強いこだわりもあって多くの量を造れず、大手ジンブランドに比べて少量生産であることも特徴です。

造り手がこだわり抜いて造るクラフトジンは少量生産であることがほとんど。

造り手がこだわり抜いて造るクラフトジンは少量生産であることがほとんど。

その土地ならではボタニカル

ジンはジュニパーベリーさえ使えば、あとは基本的には自由にボタニカルを使うことができます。
5〜10種のボタニカルを使用するのが一般的ですが、クラフトジンの中には40種以上使用するブランドも。

また、クラフトジンは一般的なジンとは違い、その産地ならではのボタニカルが使用されるケースも多く、例えば日本のジンには柚子やお茶の葉、山椒など、イギリス産ならラベンダーやバラ、スペイン産なら地中海ハーブなどが用いられることも。

ジンは、ボタニカルによって香りが決まるお酒であり、それらは香りに大きな影響を与えます。

ベースのお酒がこだわりの原料

ジンは、香りづけのベースとなるお酒の原料も、農作物由来であれば基本的には自由。
クラフトジンは、この原料にもこだわるものも多く、例えば高品質の大麦やライ麦などが使用されたり、その他にも、ワインが有名なフランスならブドウが原料のお酒を使ってみたり、日本なら米や焼酎を用いてみたりと、造り手のこだわりによって原料が変わる傾向があります。

それらのこだわりの原料のお酒に、ボタニカルを加え蒸留することで、華やかな香りのジンが出来上がります。
この時の製法にこだわるのもクラフトジンの一つの特徴で、手間がかかる製法や、独自の製法などで丁寧に仕上げる傾向があります。

造り手のこだわりはラベルやボトルのデザインにも反映される。

造り手のこだわりはラベルやボトルのデザインにも反映される。

スポンサーリンク

最大の魅力はとにかくバラエティ豊かな香り、飲み方の基本はジン・トニック

クラフトジンの魅力は、個性豊かでバラエティに富んでいること。
例えば香りに注目すると、柑橘香が豊かなものからフローラルなもの、フルーティーなもの、そしてスパイシーなものまで、とにかくバラエティ豊かで、飲み手を楽しませてくれます。
ユニークで美しいボトルデザインが多く、飲むだけでなく見ても楽しませてくれるのも魅力の一つです。

ハーブなどのボタニカルを加えたジン・トニック。

ハーブなどのボタニカルを加えたジン・トニックもオススメ。

飲み方は、基本的にはジン・トニック。
トニックウォーターもまたボタニカルの炭酸飲料であり、爽やかな香りがジンの香りを引き立て、飲みやすくなります。
また、その他カクテルにするのはもちろん、クラフトジンは香りや味がしっかりしているものも少なくないため、ロックや水割り、ソーダ割りもオススメです。

このように、どこか自由な雰囲気のあるクラフトジンは、シーンを選ばず楽しめるお酒であり、新しいカルチャーとして多くの人に受け入れられ、世界中で大きなブームなっています。

こちらの記事でもジン・トニックをご紹介しています。
ジン・トニックをもっと美味しく飲むために知っておきたい4つのこと
スポンサーリンク
小針 真悟
著者:小針 真悟

[LiquorPage代表] 豊富な現場経験と長年のお酒愛によって、ジンを筆頭にあらゆるお酒の知識を持つ。ジン専門書籍やテキーラメディアなど外部酒類メディアの執筆協力の他、イベントの企画運営にも携わる。

関連記事

  1. 季の美・ネイビーストレングス ALLGINボトル 季の美・ネイビーストレングスのALLGINボトルが発売!
  2. “今飲んでおきたい”世界が注目するジン・カクテル 5選 “今味わっておきたい”世界が注目するジン・カクテル 5選
  3. クラフトジンに最適なトニックウォーター クラフトジンと相性抜群!トニックウォーター「フィーバーツリー」の…
  4. 「クラフトジン」キーマンの三浦武明氏に聞く 「クラフトジン」キーマンに聞く、魅力、楽しみ方、今後の展望 &#…
  5. バーヒル・ジン〜なぜハチミツ農家がクラフトジンを手がけることになったのか? バーヒル・ジン〜なぜハチミツ農家がクラフトジンを手がけることにな…
  6. 世界で最も売れてるジンは?ジン世界売上ランキングTOP8【2019版】 世界で最も売れてるジンは?ジン世界売上ランキングTOP8【201…
  7. ジャパニーズクラフトジン・和美人とは ジャパニーズ・クラフトジン「和美人」を徹底解説!
  8. クラフトジンを買うなら@東京 東京でクラフトジンを買うならココ!オススメの酒屋を5つご紹介

おすすめ記事

焼酎の名門「尾鈴山蒸留所」がウイスキー造りを開始!造り手にインタビュー 造り手に聞く – 焼酎の名門が尾鈴山蒸留所で始めたウイスキー造りとは

黒木本店といえば「百年の孤独」や「㐂六(きろく)」などを手がける宮崎屈指の焼酎の造り手。別屋の尾鈴山…

沖縄発トロピカルなジン「ORI-GiN 1848」の開発者に聞く、誕生ストーリーとジンに込めたこだわり 沖縄発トロピカルなジン「ORI-GiN 1848」~ 開発者に聞く、誕生ストーリーとジンに込めたこだわり

決して流通量が多くないジンでありながらも、バーテンダーなどプロから特に高い評価を得ている沖縄のジンが…

世界トップバーテンダー監修のバーで楽しめる焼酎!「The SG Shochu」が新発売 世界トップバーテンダー監修のバーで楽しめる焼酎!「The SG Shochu」が新発売

本来焼酎はバーでも楽しめるもの。改めてそう思わせてくれるような焼酎が登場します。国内外に複数…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP