「アルコール度数が高い=飲みにくいお酒」は誤解…本当は飲みやすいお酒?

コール度数が高い=飲みにくいお酒」は誤解…本当は飲みやすいお酒?

お酒によってアルコール度数は様々です。
ビールやチューハイのように5度前後のものや、ワインや日本酒のように15度前後のもの、それからウイスキーやテキーラのように40度前後のものと、その幅はとても広いと言えます。

なかでも40度前後のアルコール度数が高いお酒については、“キツいお酒”または“飲みにくい”とイメージする方が多く、飲むのを避けようとする方も少なくありません。

でもこのイメージ、実は誤解かもしれません。
度数が高いのは事実ですが、だからと言って決して飲みにくいお酒ではないのです。
当記事ではその理由について解説して行きます。

度数が高いお酒はある意味飲みやすい!そのワケとは

ウイスキーはもちろんのこと、ジンやウォッカ、テキーラなどいわゆる蒸留酒に分類される、アルコール度数が高いお酒は何かと“飲みにくいお酒”と思われがちです。
なかでもジンやウォッカ、テキーラに関しては、日本ではまだまだ一般的とは言えないお酒であることから、同様のイメージばかりが先行して飲むのを避ける人も少なくありません。
例えば、筆者はこれらのお酒を好んで飲むのですが、「よくそんな度数のお酒平気で飲めるね」などと言われたりもするワケです。

テキーラが並べられたブース

テキーラなど度数が高いお酒は避けられがちだが実は…

実はそのままの度数で飲むほうが稀?

しかしながら、これらのお酒はそのままの状態では度数は高いですが、どちらかというとカクテルやソーダ割り、水割りなど何かしらで割って飲むほうが一般的だったりします。
割り方にもよりますが、基本的には度数はかなり低くなり、例えばジントニックやテキーラやウイスキーのハイボールともなると10度前後まで度数は下がります。
あくまで例ですが、このように飲めば、決して“飲みにくいお酒”ではないことがお分かりいただけると思います。

もちろん、ロックやストレートなどそのままの度数で楽しむ飲み方も定番ですが、それはあくまで選択肢の一つにすぎません。
ちなみにロックの場合、氷が溶け出していくので度数が少しずつ下がっていきます。(この変化を楽しめるのもロックの醍醐味)

見方を変えれば、度数が高いことによって(何かで割って飲んでも味のバランスが崩れにくいことから)カクテルやソーダ割り、水割りなど様々な飲み方に対応できるため、ある意味では“飲みやすい”とも言えるワケです。

テキーラコーヒートニック

カクテルなど何かで割っても美味しいのは度数が高いお酒ならではのメリット。

度数が高いお酒ならではのメリットも!

アルコール度数が高いお酒には、低いお酒にはないメリットがいくつかあります。

一つは糖質がゼロであること。
度数が高いお酒は蒸留によって度数が高められているのですが、その際に余分な成分は取り除かれます。
これにより、ビールなどの度数が低いお酒とは異なり糖質は基本ゼロとなるため、気にしている方からすると大きなメリットとなるでしょう。

また、自宅で飲む場合、1杯あたりのコストが比較的安くなるのもメリットです。
例えば1本2,000円のウイスキーなりテキーラをハイボールで飲む場合、1杯あたり約110円(ウイスキー30ml:90円、ソーダ30円で計算)、3,000円の少し高い銘柄をハイボールで飲んでも、1杯あたりは約160円です。
1本200円前後のビールなどと比べると、安く飲めると言えます。

飲み方に正解はない!色々な飲み方を試してみよう

このように、実はアルコール度数が高いお酒は、そのままの度数で飲むのはそういった飲み方が好きな人だけで、そうでない人は何かしらで割って飲むのが一般的。
その飲み方の幅が広いから飲みやすいのです。
またメリットも多くあることから、色々な飲み方で試してみる価値はあると思います。
また、飲み方については正解はありませんので、なんでもソーダで割ってみても良いでしょうし、甘いカクテルがお好きならそういった飲み方で試してみても良いでしょう。

そういったある種の冒険ができるのも度数が高いお酒ならではのことです。
度数が高いお酒の“飲みやすさ”がわかると、きっとお酒ライフもより面白く、楽しくなってくるでしょう。

小針 真悟
著者:小針 真悟

[LiquorPage運営責任者] お酒の現場を7年経験したのちに独立。お酒の魅力を多くの人に知ってもらうべく、2016年11月に「LiquorPage」の運営を開始。 洋酒から和酒まで幅広い知見をベースに、ジン専門書籍やテキーラメディアなど外部酒類メディアの執筆協力の他、イベントの企画運営にも携わる。(ただの酒好き)

関連記事

  1. クラフトジンと相性抜群!プレミアム・トニックウォーターおすすめ6銘柄まとめ クラフトジンと相性抜群!プレミアム・トニックウォーターおすすめ6…
  2. 玉露と煎茶の違いとは 緑茶の基礎知識〜玉露と煎茶の違いとは?【簡単解説】
  3. カクテルで時を超える…ミッドタウン日比谷にポップアップバー「TASTE OF TIME 」が登場! カクテルで時を超える…ミッドタウン日比谷にポップアップバー「TA…
  4. コロナビールの“極秘”チルアウトイベント「CORONA CATCH THE SUNSET」が8/29〜31に開催! コロナビールの“極秘”チルアウトイベント「CORONA CATC…
  5. 欧州ワインが安くなる? 関税撤廃でフランスやイタリアなど欧州ワインが安くなる?
  6. 2018 リカマンウイビアメッセ in KYOTO ウイスキー、クラフトビールが京都に集結!「リカマンウイビアメッセ…
  7. 欧州ワイン・関税撤廃が決定 欧州ワインの関税撤廃決定!いつから安くなる?どれぐらい安くなる?…
  8. プレミアムトニックウォーター「フィーバーツリー」が世界的人気を集めるワケ プレミアムトニックウォーター「フィーバーツリー」が世界的人気を集…

おすすめ記事

【九州・沖縄版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 37ブランドの特徴を紹介 【九州・沖縄版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 37ブランドの特徴を紹介

今や日本各地で造られるようになったクラフトジンですが、その中でも九州・沖縄地方が一大産地となっている…

「YASO GIN」の造り手に聞く - なぜ健康食品メーカーがジンを手がけることになったのか? 「YASO GIN」の造り手に聞く – なぜ健康食品メーカーがジンを手がけることになったのか?

今や100前後のブランドが流通する国産クラフトジンの市場において、発売から1年足らずで品切れが続出す…

【大阪・京都・近畿版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 15ブランドの特徴を紹介 【大阪・京都・近畿版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 15ブランドの特徴を紹介

世界に羽ばたくクラフトジンへと成長した「季の美」と「ROKU」は、どちらも近畿地方の府県を産地とする…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP