クラフトジン×クラフトビールのコラボイベントが12/16に神保町で開催

クラフトジン×クラフトビールのコラボイベント

クラフトビールが数年前からブームになり、最近ではクラフトビールのジン版にあたる「クラフトジン」もブームの様相を呈しています。
何かと動きが活発なクラフトビールとクラフトジンですが、どうやらこれらのコラボイベントが開催されるようです。

火の谷ビール & Horomata Presents:HOP x HOP Dog’s Nose!」なるイベントで、12/16(土)にクラフトビアマーケット神保町店で開催されます。
お店が主催するイベントのようですが、面白そうなのでご紹介していきます。

ジン+ビールといえばドッグズノーズ!ホロマタ・ジャパンと火の谷ビールのコラボイベント!

「火の谷ビール & Horomata Presents:HOP x HOP Dog’s Nose!」は、イベント名にあるように「ドッグズノーズ」をフィーチャーしたイベントです。

火の谷ビール & Horomata Presents:HOP x HOP Dog’s Nose!

クラフトビアマーケット・Facebbokページより

ドッグズノーズといえば、ジンとビールを使用するビアカクテルで、ビールにジンの華やかな香りが加わった爽快カクテル。
当日は、ホロマタ・ジャパンのニュージーランド産のクラフトジンと、火の谷ビールのクラフトビールで作る、スペシャル・ドッグズノーズが提供されるようです。

実はこのスペシャル・ドッグズノーズ、ただ単にクラフトジンで作るドッグズノーズというだけではありません…

ホップすぎるドッグスノーズ!?

ベースになるニュージーランド産のクラフトジンの名は「フレッシュホップジン
実はボタニカル(ハーブや果皮など、ジンの風味づけに数種使用される)に、ビールには欠かせない原料であるホップを使用しているのです。

ニュージーランドといえばホップの名産地でもあり、フレッシュホップジン4銘柄には、それぞれネルソンソーヴィンやモツエカ、リワカ、ワイイチなどのニュージーランド産ホップが使用されています。

つまり、ホップ×ホップのスペシャルなドッグズノーズを堪能できるのです。

ホップに特化したドッグズノーズ

イベントではホップに特化したドッグズノーズを堪能できる。

ホロマタ・ジャパンとは?

ホロマタ・ジャパンはニュージーランド産のワインやウイスキー、クラフトビール、ジンを輸入するインポーター。
マヌカチップやニュージーランド産のピートを使用したクラフトウイスキー「トムソンウイスキー」や、マヌカをボタニカルとして使用したクラフトジン「セイクレッド・スプリング」などの輸入を手がけています。

先日行われたウイスキーフェスティバルでは、トムソンウイスキーはもちろん、セイクレッド・スプリングやフレッシュホップジンなどジンも存在感があり、終始賑わいを見せていました。

火の谷ビールとは?

火の谷ビールは、三重県美杉のクラフトブリュワリーで、オーナーがアメリカンスタイルのクラフトビールに魅せられて1996年に設立された、いわゆる“地ビール時代”からのブリュワリーです。
エールタイプのビールだけでなくラガーも手がけており、それらは全て火の谷の天然水によって仕込まれています。
また、原料の一部に三重県の酒米を使用しており、いかにもクラフトビールらしい地域性が活かされたビールを生産しています。

イベント当日は全種タップ(樽生)で提供されるようです。

クラフトビアマーケットとは?

クラフトビアマーケットは、日本産を中心とした30種ものクラフトビールが全てタップで、しかも全て480円で提供されるビールマニアに優しいクラフトビール専門店。
東京都内を中心に現在12店舗あり、いずれもカフェさながらのおしゃれな店内となっています。

今回のイベントは神保町で開催されます。

クラフトビールもクラフトジンも今ブームのお酒!

クラフトビールがブームであることは多くの人がご存知かもしれませんが、実は今ジンもブームを迎えており、そのジンブームを牽引するのがクラフトビールのジン版にあたるクラフトジンです。

クラフトビールが個性を追求したビールであるように、クラフトジンも、大手のジンとは違った個性が追求されたジンです。
元々ジンはジュニパーベリーさえ使用すれば、あとは自由。もちろんボタニカルのレシピも様々で、今回イベントで提供されるフレッシュホップジンのようにホップを使用してみたり、例えば日本のジンならゆずや茶葉を使用してみたりと、その多様性が人気を呼び、今世界的にブームとなっています。
日本でもテレビ、新聞など一般メディアにまで取り上げられるようになり、今後さらなるブームを期待できる分野です。

クラフトビールとクラフトジン、個性を追求する酒造りの姿勢は同じであり、今後シナジーを期待できそうです。

イベント詳細はこちら。
クラフトビアマーケット・Facebookページ
小針 真悟
著者:小針 真悟

[LiquorPage運営責任者] お酒の現場を7年経験したのちに独立。お酒の魅力を多くの人に知ってもらうべく、2016年11月に「LiquorPage」の運営を開始。 洋酒から和酒まで幅広い知見をベースに、ジン専門書籍やテキーラメディアなど外部酒類メディアの執筆協力の他、イベントの企画運営にも携わる。(ただの酒好き)

関連記事

  1. 京都産クラフトジン“季の美”の世界観を堪能できる“町家バー”を体験 京都産クラフトジン“季の美”の世界観を堪能できる“町家バー”を体…
  2. クラフトジンの王道・シップスミスのコミュニティ「Swan Lab」が始動!独自のカクテルブックを制作 クラフトジンの王道・シップスミスのコミュニティ「Swan Lab…
  3. クラフトジンは選ぶのは難しい?見た目で選ぶススメとその理由 クラフトジンは選ぶのが難しい?見た目で選ぶススメとその理由
  4. ジャパニーズ・クラフトジン ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介
  5. 日本の心をもった英国のクラフトジン「こころ」が日本に上陸!その魅力に迫る 日本の森の素材を活かした英国産クラフトジン「こころ」が発売!その…
  6. 広島から世界に羽ばたくジン「SAKURAO」の開発者に聞く、誕生ストーリーと広島へのこだわり 広島から世界に羽ばたくジン「SAKURAO」の開発者に聞く、誕生…
  7. クラフトジンに最適なトニックウォーター クラフトジンと相性抜群!トニックウォーター「フィーバーツリー」の…
  8. 蒸溜所併設のダイニングバー!「常陸野ブルーイング 東京蒸溜所」がオープン! 蒸溜所併設のダイニングバー!「常陸野ブルーイング 東京蒸溜所」が…

おすすめ記事

西日本のトップバーテンダーが大阪に集結!「OSAKA COCKTAIL PARTY 2021」レポート 西日本のトップバーテンダーが大阪に集結!「OSAKA COCKTAIL PARTY 2021」レポート

美味しいカクテルが好きな方なら、一度に多くのカクテルを飲み比べできたら幸せに感じるかもしれません……

【九州・沖縄版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 37ブランドの特徴を紹介 【九州・沖縄版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 37ブランドの特徴を紹介

今や日本各地で造られるようになったクラフトジンですが、その中でも九州・沖縄地方が一大産地となっている…

「YASO GIN」の造り手に聞く - なぜ健康食品メーカーがジンを手がけることになったのか? 「YASO GIN」の造り手に聞く – なぜ健康食品メーカーがジンを手がけることになったのか?

今や100前後のブランドが流通する国産クラフトジンの市場において、発売から1年足らずで品切れが続出す…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP