止まらぬジンブーム、ついにジントニック専用グラスが登場!

ジントニック専用グラス

今年に入り、日本でもブームの様相を呈しているジン。
今世界的にジンはブームとなっており、特にクラフトジンと呼ばれる少量生産のこだわりジンは、ブームの牽引役として注目度を増しています。

ブームだけあって、度々新ブランドのニュースが業界を賑わせているのですが、今度は少し違う角度からニュースが…
ジンの定番カクテルといえば、おなじみ「ジントニック」ですが、どうやらジントニック専用のグラスがリリースされるらしいのです。

本記事ではリリース情報を元に、このジントニックグラスについてご紹介していきます。

スポンサーリンク

ジントニック専用グラスとはどのようなグラスなのか

ジントニック専用グラスを販売するのは、バーテンダー御用達のメディア「BAR TIMES」が運営するバーツール専門店「BAR TIMES STORE
グラスは、ワインなどグラスメーカーとして名高い「シュピゲラウ」製です。

シュピゲラウは500年の歴史を持つドイツのグラスメーカーで、手がけるグラスは、見た目が美しいにも関わらず耐久性が高いことで知られています。
(なんでも、1,500回の繰り返しの洗浄テストにも耐える強度だとか)
また、本格的なグラスメーカーとしては値段はそれほど高くはなく、コストパフォーマンスが優れていることから飲食店でもおなじみのグラスメーカーとなっています。

そのシュピゲラウがジントニックのために開発したグラスが「スペシャルグラス ジン&トニック」です。
次にグラスの特徴を見てみましょう。

スペシャルグラス ジン&トニック

ジントニックの特性を活かすように作られている。 ©️株式会社北澤企画事務所

グラスの特徴

  • ジン特有のボタニカルの香りが引き立つ形状
  • 大ぶりのワイングラスのようなラグジュアリーな見た目
  • 見た目によらず耐久性はバッチリ

と、主な特徴はこのようになっています。

やはりラグジュアリーな見た目に目がいきますが、ジントニック専用を謳うだけあって、しっかりジンの特徴も考慮されています。
ジンといえばボタニカル(ハーブや果皮、スパイスなど)のお酒ですが、その最大の魅力は、他のお酒にない「独特の香り
「スペシャルグラス ジン&トニック」では、ボタニカルの香りを引き立たせ、より香りを堪能できるようになっているのです。

ワイングラスのような形状なので、もちろんワインにも使えるでしょう。
それから、最近日本でもブームとなっているクラフトビールも相性が良さそうです。
(クラフトビール専門店では、特有の香りを楽しむためにこのようなグラスでビールが提供されることがある)

いずれにせよ、ジントニックがこれまで以上に美味しく飲めるのは間違いなさそうです。

自宅で飲むジントニックも特別になる

さて、このグラスですが、おそらくは主に飲食店需要を見込んでのものでしょう。
しかし、筆者が思うに、自宅でジントニックを嗜む際にも良いかもしれません。

というのもそもそも筆者は、ウイスキーやテキーラ、日本酒などあらゆるお酒も、自宅で嗜む際はグラスにもこだわることをオススメしています。

もちろんお酒に適したグラスを使用することで、より美味しくお酒を嗜むことができるというのもありますが、やはり気分が違います。
日常のグラスとは分けて使うことで、そのグラスを使用して飲むお酒は、途端に日常のものではない”特別なもの“へと変わります。

やはりお酒は嗜好品ですから、シーンを演出し嗜好性を高めることでより楽しめるものだと思います。

スポンサーリンク

詳細情報

スペシャルグラス ジン&トニック

スペシャルグラス ジン&トニック ©️株式会社北澤企画事務所

価格:1,750円/個

▼サイズ:高さ/約195mm・口径/約82mm(最大径100mm)
▼容量:630ml
▼製造:マシンメイド
▼材質:クリスタルガラス
●原産国:ドイツ
●メーカー:「シュピゲラウ」

< BAR TIMES STORE オンライン商品ページ >
https://www.bar-times-store.com/products/detail1754.html

スポンサーリンク
小針 真悟
著者:小針 真悟

[LiquorPage代表 / CRAFTGIN.JP共同運営者 / ジンフェスティバル東京 運営事務局] 豊富な現場経験と長年のお酒愛によって、ジンを筆頭にあらゆるお酒の知識を持つ。ジン専門書籍やテキーラメディアなど外部酒類メディアの執筆・編集にも携わる。

関連記事

  1. 世界のジン、売上TOP5 世界一売れているジンは?売上TOP5のジン銘柄を発表!
  2. バーヒル・ジン〜なぜハチミツ農家がクラフトジンを手がけることになったのか? バーヒル・ジン〜なぜハチミツ農家がクラフトジンを手がけることにな…
  3. 今世界的にブームのカクテル「ネグローニ」特徴、レシピ、魅力をご紹介 今世界的にブームのカクテル「ネグローニ」特徴、レシピ、魅力をご紹…
  4. ジャパニーズクラフトジン・AKAYANE 焼酎の名門が造るジャパニーズクラフトジン「AKAYANE」の魅力…
  5. ジン・自宅で楽しむ 日常をオシャレに!「自宅でジンを楽しむ」という選択肢
  6. 私がジンを好む理由 私がジンにハマり、ジンをおすすめする理由
  7. ジン-ポジウム・ジャパン2017 今ブームのお酒、ジンの大型イベント「ジン-ポジウム」が12/3に…
  8. クラフトジン「槙-コズエ-」 国産クラフトジン「槙-KOZUE-」が新発売!気になる特徴とは

おすすめ記事

バー初心者向け!これだけは覚えておきたいクラシックカクテル10選 バー初心者向け!これだけは覚えておきたいクラシックカクテル10選

バーは本来、レストランなどと同じように知識を持たずとも楽しめる場所であり、カウンター越しに立つバーテ…

世界で最も値段が高いバーボンは?高額バーボンランキング TOP5 世界で最も値段が高いバーボンは?高額バーボンランキング TOP5

あらゆるお酒の中でも高級酒が多く存在することで知られるウイスキー。時折、目を疑うような価格で取引され…

“タガメ”を用いたジンが登場!誕生背景とジンの素材としての昆虫の可能性に迫る “タガメ”を用いたジンが登場!誕生背景とジンの素材としての昆虫の可能性に迫る

昆虫食のスペシャリストチームとして知られるANTCICADA(アントシカダ)と、アルケミエ ジンなど…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP