国産クラフトジンの造り手インタビュー記事まとめ

国産クラフトジンの造り手インタビュー記事まとめ

LiquorPageではこれまでに、いくつかの国産クラフトジンの生産場所を訪ね、造り手にインタビューを実施。それぞれブランドの誕生ストーリーや裏話、特徴、魅力など余すことなく語っていただきました。

そこで今回は、これまでに公開しているインタビュー記事の情報をひと記事にまとめてご紹介!
気になるクラフトジンは、是非インタビュー記事を読んでみてください。

1. ROKU (サントリースピリッツ大阪工場)

ジャパニーズクラフトジン「ROKU」 〜 開発者に聞く誕生までのストーリーと込められた思い

サントリースピリッツ社の様々な洋酒が造られる大阪工場を訪問し、クラフトジン「ROKU」の開発を主導した鳥井和之さんをインタビュー。
実は同社は、およそ40年前にプレミアムジンを手掛けていたものの、あまりに時期尚早でやむなく終売。それ以降、いつかまた国産のプレミアムジンを造りたいと思いを募らせ、2017年に念願叶ってリリースしたのがROKUです。
“ジャパニーズクラフト”を、日本の伝統的な「和食のようなもの」と例え、素材別に仕込むなどの工夫をし、桜や柚子、山椒など日本の食文化を支えてきた6つの和素材も使用。
しかしながら鳥井さんは「柚子や桜の香りが強いジンではなく、日本のニュアンスを感じてもらえるようなジンが目標だった」と語っています。

2. 季の美 (京都蒸溜所 / 京都)

世界一のジン「季の美」独占取材!いかにして京都から世界最高のジンが生まれたのか?

今や世界的なクラフトジンブランドとなった「季の美」が造られる京都蒸溜所を訪問し、代表のデービッド・クロールさんと蒸溜担当の佐久間正志(マーシー)さんをインタビュー。
2015年に日本初のジン特化型蒸溜所として誕生した京都蒸溜所。「土が良く川も多いことにより、採れる素材の質が高く、伝統の食文化を持つ町。その中にはジンの素材として、可能性を秘めたものがたくさんあった」として拠点に京都を選んだのだと言います。
「まず最高のジンを造ってみよう、コストはその後でいい」という考えのもと、世界的に見れば珍しい米が原料のスピリッツをベースに、玉露や柚子、生姜など京都の素材をふんだんに使用。京都らしい奥ゆかしさを表現したのだそう。
そんな季の美について、代表は「京都であることがしっかり表現され、味も香りも海外のジンとは全然違う」と語っています。

3. ORI-GiN 1848 (瑞穂酒造 / 沖縄)

沖縄発トロピカルなジン「ORI-GiN 1848」の開発者に聞く、誕生ストーリーとジンに込めたこだわり

那覇に拠点を置く泡盛の老舗酒造・瑞穂酒造を訪問し、クラフトジン「ORI-GiN 1848」の開発者である仲里彬さんをインタビュー。
商品コンセプトを「一口で沖縄の魅力が伝わる」に、そして味のテーマを「トロピカル&リッチ」として開発。開発中に識者から「これはジンじゃない」と一刀両断されるも、そこから徹底的な科学分析により改良を重ね、沖縄らしさとジンらしさを両立させたORI-GiNを2018年にリリースさせました。
そんなORI-GiNの特徴は、さくら酵母仕込みの泡盛をベースに、桃の香りがするとされる希少価値の高いパイナップル“ピーチパイン”を軸に、トロピカルなボタニカルを使用していること。
また、開発者の仲里さんは「ジンは出会いのお酒」と語り、様々な出会いによってORI-GiNは完成したのだと言います。

4. SAKURAO GIN (SAKURAO DISTILLERY / 広島)

広島から世界に羽ばたくジン「SAKURAO」の開発者に聞く、誕生ストーリーと広島へのこだわり

中国醸造の洋酒蒸溜所・SAKURAO DISTILLERYを訪問し、「SAKURAO GIN」の開発を主導した山本泰平さんをインタビュー。
同社創業100周年に向けた新しいスタートととして洋酒造りへの本格参入を決意し、最高峰の蒸溜器を配備したSAKURAO DISTILLERYを新設。2018年に誕生したのがSAKURAO GINです。
「広島のものを使わないと弊社で造る意味がない」として、地元の農家を訪ねながら素材を探した末に、広島ならではの柑橘やヒノキ、緑茶などをボタニカルに選定。また、「広島でジュニパーが採れますよ」という一本の電話から、ジンではおそらく初となる日本のジュニパーベリーを使用することになりました。
観光拠点として蒸溜所を一般公開するなど、ジンを通して広島を盛り上げようしており、その地域で造る意味を明確にしているクラフトジンです。

小針 真悟
著者:小針 真悟

[LiquorPage運営責任者] お酒の現場を7年経験したのちに独立。お酒の魅力を多くの人に知ってもらうべく、2016年11月に「LiquorPage」の運営を開始。 洋酒から和酒まで幅広い知見をベースに、ジン専門書籍やテキーラメディアなど外部酒類メディアの執筆協力の他、イベントの企画運営にも携わる。(ただの酒好き)

関連記事

  1. 「クラフトジン」キーマンの三浦武明氏に聞く 「クラフトジン」キーマンに聞く、魅力、楽しみ方、今後の展望 &#…
  2. 私がジンを好む理由 私がジンにハマり、ジンをおすすめする理由
  3. ヘルシンキ発・クラフトジン 北欧フィンランドが生むクラフトジン「ヘルシンキ・ドライジン」の魅…
  4. 南国・沖縄で初開催!「沖縄ウイスキー&スピリッツフェスティバル 2019」レポート 南国・沖縄で初開催!「沖縄ウイスキー&スピリッツフェス…
  5. あの高名なシャンパーニュとコラボ!「季の美 エディション G 京都ドライジン シャンパーニュ樽貯蔵」を発売! あの高名なシャンパーニュとコラボ!「季の美 エディション G 京…
  6. ローンウルフのジントニック缶が発売!その中身が本格的すぎる! ローンウルフのジントニック缶が発売!その中身が本格的すぎる!
  7. 来場者3500人の大盛況!写真で振り返る「GINfest.TOKYO 2018」 来場者3500人の大盛況!写真で振り返る「GINfest.TOK…
  8. クラフトジンに最適なトニックウォーター クラフトジンと相性抜群!トニックウォーター「フィーバーツリー」の…

おすすめ記事

【九州・沖縄版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 37ブランドの特徴を紹介 【九州・沖縄版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 37ブランドの特徴を紹介

今や日本各地で造られるようになったクラフトジンですが、その中でも九州・沖縄地方が一大産地となっている…

「YASO GIN」の造り手に聞く - なぜ健康食品メーカーがジンを手がけることになったのか? 「YASO GIN」の造り手に聞く – なぜ健康食品メーカーがジンを手がけることになったのか?

今や100前後のブランドが流通する国産クラフトジンの市場において、発売から1年足らずで品切れが続出す…

【大阪・京都・近畿版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 15ブランドの特徴を紹介 【大阪・京都・近畿版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 15ブランドの特徴を紹介

世界に羽ばたくクラフトジンへと成長した「季の美」と「ROKU」は、どちらも近畿地方の府県を産地とする…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP